• Dell Optimizer。組み込み型AIがユーザーの作業スタイルを学習し最適化するテクノロジー。

    Dell Optimizer を使用してリモートの作業経験を変革します。これは、お客様の作業を学習して対応する、唯一の組み込み型AIベースの最適化ソフトウェアです。1

    ビジネスニーズに応えるインテル® vPro® プラットフォーム‎
    • ExpressConnect

      最も信号強度の強いインターネット接続を利用できます。ExpressConnectは、その場で最も適切なネットワークに接続するため2、業務時間中を通して中断がほとんど発生しません。

    • Bandwidth Management

      帯域幅の管理

      在宅勤務中は会議アプリケーションを優先します。

    • Automatic Network Switching

      ネットワークの自動切り替え

      可能な場合、より強力なネットワークへの切り替えを提示します。

    • Intelligent Audio

      Intelligent Audioは、ユーザーの声を検出してシステムの音量を安定させることで、会議エクスペリエンスを向上させます。

    • Proximity Microphone

      近接マイクロフォン

      この機能は、発話のトーンに明るさや透明感を加えるため、会議やポッドキャストに最適です。

    • Intelligent Noise Elimination

      インテリジェントなノイズ除去

      バックグラウンド ノイズを自動的にぼかし、会議中は自分の声だけが同僚に届くようにします。

    • Distortion Reduction

      歪みの低減

      オーディオ コンテンツをリアルタイムで分析し、ハウリングを起こさず、大音量の出力レベルを実現します。

    • 電話会議用の環境を事前に選択し、ブロードキャスト品質の音声を体験することができます。

    • ExpressResponse

      スマート システムの新しい時代が始まりました。ExpressResponseは、内蔵型AIおよびインテル® Adaptix™ テクノロジーを使用して、お気に入りのアプリケーションの速度とパフォーマンスを管理します3。そのため、すべての操作がしっくりと馴染むように感じられます。

    • アプリケーション アイコン

      ユーザーのアプリケーションを把握

      最もよく使用するアプリケーションをDell Optimizerインターフェイスに入力するだけで、機械学習により最適化が行われます。各プログラムによるリソースの消費を評価して、最適化できるエリアを特定します。

    • アプリケーション アイコン

      パフォーマンスの向上

      選択したアプリケーションを学習した後、ExpressResponseはその起動時間を高速化し4、パフォーマンスを向上させ、シームレスな切り替えを可能にします。インターフェイスのパフォーマンス フィードで、操作性の向上を自分の目で確認できます。

    • ExpressCharge™5

      このソリューションは、ユーザーの電力使用傾向を分析して、PCのバッテリー使用率を向上させます。稼働時間が長くなり、すぐに充電が必要な場合は高速充電が可能です。

    • アプリケーション アイコン

      バッテリー残量不足に対する保護機能

      ExpressCharge™は、画面の輝度、CPUのパフォーマンス、Bluetoothなどを調整し、バッテリーを最大限に活用します。

    • アプリケーション アイコン

      バッテリー切れによるストレスを解消

      1時間で最大80%まで充電できるため6、ぎりぎりで充電切れとなるストレスから解放されます。ExpressCharge Boostを使用すると、わずか20分でバッテリー容量の35%まで充電できます7

    • その他の特長

      生産性をスムーズに維持

    • ExpressSign-in8

      インテル® Context Sensingテクノロジーによって実現した初のPC近接センサー9でユーザーの存在を検出し、システムをスリープ状態から復帰させ、Windows Helloでログインを行います。さらに、セキュリティ強化のため、PCから離れるとPCをロックします。

    • 一元管理が可能

      企業のIT部門はアップデートの導入や複数のシステムの最適化を同時にリモートで実施できます。ワークフローの中断を最小限に抑えられます。

    •  

      Dell Optimizer for Precision

      Dell Optimizer for Precisionは、すべての新しいDell Precisionワークステーションに組み込まれています。Dell Optimizerの最適化機能すべてに加え、ストレージ負荷の高いアプリケーションのパフォーマンスを向上させるExpressResponseの追加プラグインも備えています。また、ワークロード/システムの分析および診断を通じてボトルネックを特定し解消することで、使用率を向上させることができます。この組み込み型AIにより、卓越したワークステーション パフォーマンスを実現するプロフェッショナルグレードのハードウェアとソフトウェアを提供します。

       

    • デバイス

      極めてインテリジェントなデバイス

    • Latitude 9420

      AIを内蔵した、インテリジェントかつ超高性能なビジネス向け14インチPCをご紹介します。3Dスピーカーフォン、Intelligent Audio、高度なカメラ テクノロジーを体験してください。

    • Precision 5750

      当社の最新モバイル ワークステーションは、パフォーマンスとデザインの点で非常に優れています。AIベースの最適化機能を備えた、世界最小、最軽量の17インチ モバイル ワークステーションです10。さらに、VR作成機能とパワフルなプロセッサーを搭載し、ユーザーのアイデアを無限大にサポートします。

    • OptiPlex 7071 Tower

      OptiPlex 7080マイクロ

      ビジネス プロフェッショナル向けの、超コンパクトで柔軟性に優れたデスクトップです。ExpressResponseによりアプリケーション パフォーマンスが最適化されます。新しいベゼルは、冷却システムを念頭に設計されています。

    • 1 Dellの分析(2020年10月)に基づきます。Dell Optimizerは2020年モデルのデバイスでご利用いただけます。OptiPlex 3000シリーズ、Latitude 3310 2-in-1、およびLatitude Chromebook Enterpriseではご利用いただけません。提供状況および機能はモデルによって異なります。

      2 信号強度、チャネル輻輳、ルーター タイプなどに基づいて最適なネットワークが選択されます。ユーザー認証情報に基づいてネットワークが提案されます。

      3 Dell Optimizer ExpressResponseは、Applications機能で有効にする必要があります。Dell Optimizerは、選択されたアプリケーションにおけるユーザーの使用スタイルを数時間で学習します。Sysmark 2018ベンチマークを使用して、生産性アプリケーションを実行するLatitudeシステムで行われたDellのテストと、パフォーマンス評価ベンチマークを使用して、ISVアプリケーションを実行するDell Precisionモバイル ワークステーションで行われたテストに基づいています(2020年3月)。製品の構成、使用方法、アプリケーションなどにより、向上の程度は異なります。

      4 アプリケーション起動時間の高速化はモバイル デバイスでのみご利用いただけます。

      5 モバイル デバイスでのみご利用いただけます。

      6 Dell Power ManagerソフトウェアでExpressCharge™を選択すると、60分以内にシステム バッテリーを0%から最大80%充電できます。80%まで充電されると、充電スピードは通常に戻ります。既定のDell製電源アダプターの使用を推奨します。小容量の電源アダプターは推奨しません。充電時間は、システムの許容範囲によって10%前後異なる場合があります。

      7 Dell Power Managerソフトウェアで、Adaptive Chargeのデフォルト モードかExpressCharge™を選択すると、システムの電源がオフでバッテリーの温度が16~45°Cの場合に、システム バッテリーを20分以内に0%から最大35%充電できます。ExpressCharge™モードが有効の場合、システム バッテリーは60分以内に最大80%まで充電されます。80%まで充電されると、充電スピードは通常に戻ります。既定のDell製電源アダプターの使用を推奨します。小容量の電源アダプターは推奨しません。充電時間は、システムの許容範囲によって10%前後異なる場合があります。

      8 Latitude 9000および一部の7000シリーズ、Dell Precisionモバイル ワークステーション7000および一部の5000シリーズで使用できます。使用可否については、製品の詳細を参照してください。

      9 社内分析(2018年11月)に基づきます。

      10 公開データを使用したDellの分析に基づきます(2020年1月)。最小とは、モバイル ワークステーションの合計表面積が最小という意味です。