•  

    セキュリティ トランスフォーメーション

    セキュリティは制限を作るのではなく、制限を取り除くもの。

    • 従来、セキュリティはイノベーションを「阻害する」と思われ、また、リスクは人々を躊躇させる、恐れるべき存在と思われてきました。しかしこれからは、セキュリティを組織の推進力としてとらえることができます。私たちは、ビジネスを減速させないセキュリティを提供することを信条としています。セキュリティはビジネスを加速します。

       

      • リスクを受容

        リスクをオポチュニティに変える

        私たちは、リスクをビジネスの阻害要因ではなく、オポチュニティに変えるための支援ができます。エンドポイントの高度な脅威検知などの機能や、戦略リスク、運用リスク、財務リスク、デジタル リスクを含む、いたる所にあるリスクを管理する機能により、新たなレベルの安心感が得られます。その結果、これまで考慮しなかったような、価値あるイニシアティブを追求できる自由が生まれるのです。

      • 87%

        バックドアおよび/またはC2マルウェアのインストールと使用が原因で発生したサイバースパイ インシデントの割合、そのうちの78%がフィッシングによるもの1


      • セキュリティをシンプル化

        組織全体の複雑さを軽減

        セキュリティの変革によって、組織の多くの分野でITがシンプルになります。非常に高度なセキュリティ機能を獲得できると同時に、ビジネスを減速させる可能性のある複雑さも排除できるようになります。このシンプルさにより、新たな戦略を立て、オポチュニティを獲得する自由が生まれます。

      • 66%

        従来のセキュリティ ソリューションがまったく機能していない、もしくは限定的に機能していると回答した割合2


      • 社員とお客様を支援

        セキュリティが思考の変革を起こす

        セキュリティの変革により、リスク管理およびリスク回避に関する人々の考え方が変わります。コンプライアンスやリカバリーなど、エンドツーエンドで、全面的に自動化されたセキュリティなどの機能により、スタッフは最先端のテクノロジーを安心して使用し、ビジネス構築のためのイニシアティブを追求できるようになります。

      • 82%

        サーバーでセキュリティ侵害が発生したことがある組織の割合3

    • セキュリティ トランスフォーメーションを実現できる企業は一つ

      •  

        リスクを受容

        計画、インサイト、および可視性に関するDell Technologiesのエンドツーエンドの機能で、リスクをオポチュニティに変えましょう。

      • Secureworks

        エンドポイントにおける管理されたホスト型の高度な脅威検知。

      • Virtustreamセキュリティ

        セキュリティ ログ、モニタリング、識別、認証、コンプライアンス。

      • RSA統合リスク管理

        すべてのドメインで戦略、運用、財務、デジタルのリスクを管理。

      •  

        セキュリティをシンプル化

        Dell Technologiesが提供する、広範な各分野の専門知識と固有のセキュリティ機能により、運用全体の複雑さを軽減しましょう。

      • Dell Data Security

        デバイスレベルから企業全体までのエンドポイント セキュリティ、データ保護、および脅威管理。

      • VMware NSX

        企業がネットワークおよびアプリケーションのセキュリティに対するアプローチを劇的にシンプルにして、強化することを実現。

      • SecureWorksのインシデント対応

        サイバー脅威インテリジェンスと、目的に特化した防御および対応テクノロジー

      •  

        社員とお客様を支援

        Dell Technologiesとの連携により、スタッフとお客様に、最先端のテクノロジーを使用してイノベーションを起こす力と安心感を与えましょう。

      • Dell EMC Cyber Recovery

        重要なデータに対するエンドツーエンドで自動化された保護およびリカバリー。

      • VMwareのデジタル ワークスペース

        ゼロ トラストのセキュリティによって、デジタル ワークスペースのユーザー、アプリケーション、およびエンドポイントを保護。

      • カーボン ブラック

        エンドポイントのセキュリティに必要なものを提供する、クラウドネイティブ エンドポイント保護プラットフォーム(EPP)。