• 自律型運用

    徹底的にシンプルになったデジタル トランスフォーメーションへの道のりを大胆に思い描く

      • データをインサイトからアクションにつなげることで、デジタルの未来の可能性を最大限に引き出します。

        デジタル トランスフォーメーションは、もはや憧れの目標ではなく、現代のビジネスにとって必要不可欠な存在になっています。

        ITスタッフを見つけることに苦戦している多くの組織は、おそらくアウトソーシングが唯一の選択肢であると言います。しかし、私たちはそうは思いません。

        進むべき道は明確です。インテリジェント インフラストラクチャと自動化された運用のメリットを活用して自律的に運用することで、生産性を向上させ、より戦略的な価値を得られるようにする必要があります。

    • 運用方法の自動化:人工知能を活用したIT

      Mark Hamill氏と未来学者のMichio Kaku博士が司会を務めた、自律型運用のシンク タンクをご視聴ください。インテリジェントでデータ主導型のITオートメーションに関する示唆に富むディスカッションをご覧いただけます。ITオートメーションの現在と将来の可能性、ITの未来を促進する自動化された革新的なITソリューションの複雑なランドスケープを理解する方法、打ち破ることができる潜在的な障壁について知ることができます。

    • デジタルの未来の新たな形をつくる

    • 成功につながるフレームワーク

      ITスキルの強化が必要な場所を知ることは、強化するタイミングを知るのと同じくらい重要です。デル・テクノロジーズでは、複雑で幅広いさまざまな既存のテクノロジーと先端テクノロジーを理解できるように、ITオートメーションに関する連続したフレームワークを作成しました。ただし、これは単なるアイデアではなく、人工知能を活用した運用によって実現される方法論であり、アズ ア サービス提供モデルによるエッジからコア、クラウドまでのインテリジェント インフラストラクチャを利用して、このフレームワークに基づいて行動を起こせるようになる能力です。これにより、効果的な開発と導入が可能になります。

    • レベル0:オートメーションなし

      レベル0:オートメーションなし

      手動操作のみによる運用です。

    • レベル1:オペレーターの介入

      レベル1:オペレーターの介入

      スクリプト化され操作と手動操作の併用です。すべての操作に対して人による入力作業が必要です。

    • レベル2:部分的なオートメーション

      レベル2:部分的なオートメーション

      ルールに基づく意思決定で明確な成果を実現します。システムは、すべての入力と介入を人間に依存しています。

    • レベル3:条件付きオートメーション

      レベル3:条件付きオートメーション

      推論による意思決定で、インサイト、推奨事項、アクションを含む一般化された成果を達成します。一部例外はありますが、システムはほとんどの操作を処理できます。

    • レベル4:監視下での自律型運用

      レベル4:監視下での自律型運用

      サービス レベル目標を達成するためのアクションを自動的に実行します。成果に合わせた自動調整が行われます。ごくわずかの例外を除き、システムはすべての操作を処理できます。

    • レベル5:完全な自律型運用

      レベル5:完全な自律型運用

      組織の優先事項に合わせてアクションを自動的に実行します。人間による入力の有無に関係なく、組織の優先事項に合わせた調整が行われます。システムは例外なくすべての操作を処理できます。

    • ITの役割は絶えず変化してきました。今こそあなたが変化するときです。

      自律型運用によって、社員はより多くのことを行えるようになり、ビジネスにとって戦略的に価値ある存在になれると私たちは確信しています。この約束を果たすことができるフレームワークと、幅広い革新的なインフラストラクチャ オートメーションを提供できるのはデル・テクノロジーズだけです。

  • ご不明な点は
    お気軽にお問合せください
    専門的なアドバイスの提供から複雑な問題の解決まで、お客様を確実にサポートします。
    • 1 デル・テクノロジーズの社内テストに基づきます(2020年7月)。実際の結果は状況によって異なります。 AD# G21000081

      2 デル・テクノロジーズの委託によるIDCレポート『The Business Value of Dell EMC VxRail and VMware Cloud Foundation on Dell EMC VxRail』(2020年12月)に基づきます。実際の結果は異なる場合があります。

      3 VxRailは99.9999%の稼働率を達成しました。デル・テクノロジーズのフィールド パフォーマンスに基づきます(2020年7月)。AD# G2000025

      4 デル・テクノロジーズが2021年5~6月に実施した、CloudIQユーザーのアンケートに基づきます。実際の結果は異なる場合があります。AD# CLM-000884