• デル・テクノロジーズとモビリティーの未来

      輸送における人とマシンの根本的な関係が進化している

    • IoV(Internet of Vehicles=自動車分野のIoT )に備える

      IoV(Internet of Vehicles)のエンドポイント数は2020年までに、58億台まで増加すると見込まれています1。エンジン、運転手のパフォーマンス、メンテナンスに関するデータ、さらには疲労などの人間が産み出すシグナルに関するデータが常に生成されています。人とマシンの根本的な融合が進むにつれ、未来の車は絶えず進化する知覚力を備えるでしょう。

    • モバイル接続の採用

      サプライヤーからモビリティー プロバイダーまで、さまざまな組織がエッジでインフラストラクチャを拡張し、車とインテリジェンスを近づけようとしています。また、データの急増に俊敏に対応するために、コアおよびクラウドでも拡張も進めています。


    • 当社は、インターネット対応車両から、データを活用したF1レース、モバイル産業ロボットまで、あらゆる分野で優れた専門技術を提供しています。

    • データ重視の戦略を実装する

      自律走行車に運転の仕方を教えるといった課題を解決するには、大量のデータと高い処理能力を必要とします。このような技術を実現するには、俊敏性に優れた統合型のソフトウェアデファインド インフラストラクチャが必要になります。こういったインフラストラクチャにより、エッジからコア、複数のクラウドまですべてカバーするだけでなく、データの大幅な増加を安全かつコスト パフォーマンスに優れた方法で管理できる必要もあります。


    • 「データの取得かかる時間が短ければ短いほど、レース結果に影響を及ぼすトラックサイドでの変更をより迅速に行えます。」

      McLaren Technology Group社、エンタープライズ アーキテクチャ 責任者、Paul Brimacombe氏

    • プラットフォーム中心の考え方を取り入れる

      データから価値を引き出すには、今日の差し迫ったニーズに対応できる、コスト パフォーマンスに優れたプラットフォーム中心の戦略が必要です。この戦略には、拡張性のあるインフラストラクチャや、新たな最先端テクノロジーおよびサービスを迅速に統合するための十分な柔軟性が必要になります。


    • 「データを生成および処理する方法に対してAIにより実際に変革がもたらされており、そのおかげで効率が大幅に向上しています。」

      Zenuity社、CEO、Dennis Nobelius氏

    • 将来のモバイル ワークフォースを獲得して維持する

      モビリティー市場の優れた人材を引き付け、採用することは、成功を収めるうえで非常に重要です。そのための方法の1つは、社員がどこにいても、優れたテクノロジー エクスペリエンス、ツール、デバイスを提供することです。組織は、人材のギャップを埋め、価値あるスキルを獲得するために、テクノロジー エキスパートとの提携も進めています。


    • 「開発者は、シミュレーションやパフォーマンス評価にディープ ラーニングを応用できることに魅力を感じています。」

      CMORE Automotive社、System Developmentグループ リーダー、Simon Tristan Papel氏

    • お客様の目標実現を支援します

      コネクテッド モビリティーの未来に備える

    • 装飾

      デル・テクノロジーズのコネクテッド モビリティーに関するエグゼクティブ ブリーフィング

      コネクテッド モビリティーに関するエグゼクティブ ブリーフィングをご利用ください。お客様のニーズに合わせて内容をカスタマイズいたします。

    • 装飾

      デル・テクノロジーズの自動車向けデータ ストレージ

      デル・テクノロジーズの自動車向けデータ ストレージ ソリューションの詳細をご覧ください。

    • 装飾

      Dell Technologies Cloudソリューション

      VMwareを活用したDell Technologies Cloudソリューションについてご紹介します。