• 世界最速のデータ ストレージ アレイ1が、さらに高速化されました。

      エンド ツー エンドのNVMe、永続ストレージのためのストレージ クラス メモリー(SCM)、リアルタイムの機械学習機能、最大 350 GB/秒の性能を誇るPowerMaxなら、最も重要なワークロードも高速で処理できます。

    • PowerMax ストレージ シリーズ

    •  

      Dell EMC PowerMax 2000

      PowerMax 2000アレイは省スペースでありながら、エンド ツー エンドのNVMeとストレージ クラス メモリーを搭載し、ミッション クリティカルな可用性と実証済みのデータ サービスを実現します。

      • 最大80 GB/秒2
      • 100マイクロ秒未満の読み取りレイテンシー3
      • スケールアップとスケールアウト - 実効容量1 PB
    •  

      Dell EMC PowerMax 8000

      エンド ツー エンドのNVMeとストレージ クラス メモリーを搭載し、すべてのミッション クリティカルなワークロードの大規模な統合を可能にする、世界最速レベルのストレージ アレイです。

      • 最大350 GB/秒の帯域幅2
      • 100マイクロ秒未満の読み取りレイテンシー3
      • スケールアップとスケールアウト - 実効容量4 PB

    • 現在と将来のアプリケーションに対応する新世代のストレージ

    • PowerMaxは、データ ストレージの世界に変革をもたらします。マルチ コントローラー、アクティブ/アクティブ スケールアウト アーキテクチャ、業界標準のエンド ツー エンドのNVMeを採用して設計されています。インラインでグローバルな重複排除と圧縮機能により、規模の拡大に応じて、データ センターに非常に高い効率性をもたらします。

      PowerMaxにより、ブロック、ファイル、メインフレーム、IBM iワークロード、最新のリアルタイム分析アプリケーションを、1つのアレイに統合できます。リアルタイムの機械学習エンジンにより、パフォーマンスはオーバーヘッドなしで自動的に最適化されます。さらに、PowerMaxでは最高水準のレプリケーション、99.9999%の可用性、FIPS 140-2認定の静止データ暗号化 を実現します。

    •  

      パワフルなアーキテクチャ: 真のスケールアウト設計、エンド ツー エンドのNVMe、SCM永続ストレージ

    •  

      シンプルな操作性: すべてを単一のアレイに統合

    •  

      信頼できる革新的技術: 最高レベルの自動化、AI/ML、データ保護、99.9999%の可用性を各アレイで実現

    •  

      PowerMax SCM - デュアル ポート インテル® Optane™テクノロジー搭載

      新たな時代を切り開くストレージ クラス メモリー

      デルとインテルは 今後10年間にわたり、エンタープライズ ストレージ メディアを共同で開発します。その最初のストレージ アレイとなるPowerMaxは、永続ストレージとしてストレージ クラス メモリー(SCM)を搭載しています。SCMは、現在と将来における要求の厳しい高価値のワークロードに対応できる、ハイレベルなパフォーマンスと統合を実現します。

       

      アナリストの意見を聞いてみましょう。

    • Dell EMC PowerMaxのリソース

    お客様事例

    •  

      お客様事例:Boston Scientific

      PowerMaxは、Boston Scientificのストレージ環境で最も重要な部分です

      Boston Scientific は、PowerMaxを活用して、最も重要なアプリケーションにおいてデータの統合、効率性と俊敏性の向上を実現します。

    •  

      お客様事例:REYL Group

      PowerMaxによるサブミリ秒のレスポンス タイムで、クライアント サービスの向上を実現

      スイスに拠点を置く個人銀行のREYLは、PowerMaxアレイによってデータをより有効に活用し、革新的なクライアント ソリューションとサービスを提供しています。

    •  

      お客様事例:RACKSPACE

      Rackspaeは、PowerMaxを活用して、信頼性が高く、応答性に優れたマネージド クラウド サービスを提供

      Rackspaceは、エンドツーエンドのNVMeを備えたPowerMaxで、お客様の重要なワークロードのパフォーマンスを4倍に向上させました。

    製品の概要

    デモとビデオ

    •  

      PowerMaxの紹介

      PowerMaxは将来を見据えたストレージで、エンド ツー エンドのNVMeを搭載し、ミッション クリティカルなワークロードに対応できます。

    •  

      PowerMaxにおけるAI/MLの役割

      PowerMaxOSの組み込み型の機械学習エンジン、予測分析、パターン認識の機能をご覧ください。

    •  

      PowerMaxを選択する理由

      このライトボード ビデオでは、PowerMaxの驚異的な性能と機能をご覧いただけます。

    •  

      PowerMaxのビジネス バリューを体験する

      PowerMaxではどのようにして最新のストレージ テクノロジーを組み込み、お客様のビジネス バリューの最大化を支援するのでしょうか。ESG社の説明をご確認ください。

    •  

      シンプルに運用できるPowerMax

      シンプルな運用。管理、監視が簡単。組み込み型の機械学習。

    ソリューション

    テクニカル リソース

    •  

      PowerMaxファミリーの概要に関するホワイト ペーパー

      このホワイト ペーパーでは、Dell EMC PowerMaxファミリーを紹介します。

    •  

      PowerMaxとNVMeの技術概要に関するビデオ

      PowerMaxのエンド ツー エンドのNVMe機能に関する技術概要

    •  

      PowerMaxのデモンストレーション ビデオ

      このビデオでは、アレイ モニタリング、SAN接続性、パフォーマンス、オンライン デバイスの拡張、SnapVX、SRDF/Metro、NDM、VSI、DSAに関するPowerMaxのデモンストレーションを視聴できます。

    •  

      PowerMaxのテクニカル ドキュメント ライブラリ

      PowerMaxテクニカル ライブラリでは、ユーザー ドキュメント、テクニカル ノート、ホワイト ペーパー、アプリケーション環境のベスト プラクティスなどをご用意しています。

    • Dell Technologies on Demand

      ITインフラストラクチャの活用に、さらなる選択肢と柔軟性、そして安全性を

      Dell Technologies On Demandは、消費主導型のAs-a-Serviceに特化したビジネス モデルで、オンデマンド市場での、オンプレミスのインフラストラクチャや専門技術を使用する場合に最適です。

    • サービスとサポート

    •  

      ProSupport for Enterprise

      世界中に高度なトレーニングを受けた専門家を24時間体制で配備し、ITニーズの対応、トラブルの抑止、高水準な生産性の維持に努めています。

    •  

      ProDeploy for Enterprise

      エキスパート認定エンジニアによる徹底した計画と検証を通じて、既存の環境に新しいテクノロジーを確実に統合します。

    •  

      Dell Financial Services

      Dell Financial Servicesによるさまざまな柔軟な支払いソリューションで、お客様に最適な条件でテクノロジーをご購入いただけます。**

    • 関連サービス

  • Dell Technologiesのアドバイザーがサポートします。

      1. PowerMax 8000とメインストリームの競合アレイ製品の公開されている帯域幅を比較したDell EMCの社内分析(2019年7月)に基づきます。
      2. PowerMaxのランダム読み取りヒット(64k IO)と1秒あたりの最大GB(単一アレイ内)に関するDell EMCの社内分析(2019年7月)に基づきます。実際のパフォーマンスは異なる場合があります。 
      3. PowerMaxのランダム読み取りヒット(8k IO)に関するDell EMCの社内分析(2019年7月)に基づきます。実際のパフォーマンスは異なる場合があります。
      4. 1台のPowerMax 2000アレイまたはPowerMax 8000アレイに関するDell EMCの社内分析(2019年7月)に基づきます。