• PowerMax 8000とVMAX All Flashのアップデートに加えてPowerMaxのストレージ クラス メモリー オプションの発表

      • 永続ストレージ向けのストレージ クラス メモリー出荷時搭載の業界初のストレージ アレイ
      • メインフレームおよび非メインフレームの混合システム向けに、構成の柔軟性を向上
      • zDPの機能拡張により柔軟性が向上し、データ保護が強化(「オン デマンド」のスナップセット4倍増など)
      • 一部のGDDR環境で動的ボリューム拡張機能を搭載し、ボリュームの拡張がより柔軟に
    • Disk Library for mainframe(DLm)リリース5.1の発表

      DLmは、メインフレームにて同期テープとクラウドを実現し、組織が次のことを行えるようにしています。

      • データの統合
      • コストのかかるストレージ サイロの排除
      • ストレージ インフラストラクチャを最新鋭化し、デジタル トランスフォーメーションをサポート
    • Dell EMCのメインフレーム サービスおよびソリューション

      Dell EMCでは、メインフレーム ソリューションとサービスの包括的なスイートを提供し、お客様のビジネスにおける接続性、ストレージ、データ保護、自動化を、約30年間培ってきた専門知識に基づいて提供します。

    • DASD搭載のメインフレーム ストレージ

      Disk Library mainframe(DLm)

       

      Dell EMC DLm 8500 R5.1は、非常に高い拡張性を発揮し、クラウド統合を強化させ、エンタープライズクラスのデータ保護とセキュリティを実現しており、広範囲のメインフレーム ワークロードをサポートしています。

      • PowerMax 8000で、同レベルのオールフラッシュ仮想テープとユニバーサルなデータの整合性を実現 
      • ECSを使用して物理テープを排除し、クラウドを長期保存用にシンプル化 
      • HSM、バッチ、バックアップ、トランザクション処理のための第5世代仮想テープ
      • 市場をリードする容量とレプリケーションに加え、データ重複排除
      • 分散システムを使用したマルチクライアント サポートとストレージ共有
    • Direct Access Storage Device - メインフレーム向けストレージ

      メインフレーム向けPowerMax DASD

       

      • デュアルポートのインテル® Optane™テクノロジーを採用したPowerMax SCMを使用すると、SASフラッシュ(NAND)と比較して、レスポンス タイムを最大50%向上させることができます。また、750GBと1.5TBのドライブ容量で利用できます。
      • メインフレーム以外のワークロードとメインフレームのワークロードで使用するシステム向けに、新しい単一SRPとスタート容量20%減の機能が登場
      • 最大1,500万のIOPSに加え、レスポンス タイムが最大50%短縮1 、ラック密度が2倍に向上2 、さらには電力消費量が最大40%低減3
      • Flashboostを使用することで、要求が厳しく読み取り量の多いワークロードのパフォーマンスを大幅に向上
    • メインフレーム ストレージとDirect Access Storage Device

      メインフレーム向けConnectrix FICONダイレクター

       

      組み込み型の高可用性、最大限の拡張性、および優れた信頼性を実現

      • オール フラッシュ ストレージ環境に対応する高パフォーマンスを提供
      • 32~768のミッション クリティカルなポート
      • CUP(制御ユニット ポート)をサポート
      • FICONカスケード
    • メインフレームのデータ ストレージ向けDirect Access Storage Device

      GDDR(Geographically Dispersed Disaster Restart)

       

      GDDR:緊急時のビジネス継続性確保ボタン。

      • 自動のディザスター リカバリー保護
      • 計画的なディザスター リカバリーの事態に加え、予期しないディザスター リカバリーの事態をモニタリングして対応し、アクションを自動化
      • z/OSシステムおよび分散システムが混在するシステムをサポート
      • 最小設定とカスタマイズ
      • DASDとテープDRの両方を自動化
    • メインフレームにDell EMCを選ぶ理由

      Dell EMC PowerMax 8000は、一切の妥協を排除したパワフルでシンプルな信頼できるストレージです。 この製品は、現在と将来のミッションクリティカルなメインフレーム アプリケーションに対応できるよう構築されており、エンドツーエンドのNVMe、次世代のストレージ メディア(SCM)に加え、同一アレイ内の非メインフレーム データ向けには、インラインの重複排除および圧縮機能を搭載しています。さらに、PowerMaxは、メインフレーム向けに主要機能とIBM対応のデータ サービスを提供します。 Dell EMCでは、同一レベルのテープ、クラウドのシンプル化に加え、メインフレームへの投資において最も重要なコンポーネントであるデータの保護を強化するため、さまざまなイノベーションを行ってきました。DLmリリース5.1は、これらのイノベーションのもとに存在しています。Dell EMCでは、データ重複排除とストレージ共有を導入することで、仮想テープをより手頃な価格で提供できるようになりました。


    • 重要リソース

      メインフレーム ソリューション向けのリソース

    DLmのドキュメント

    •  

      データ保護と長期保存向けのDell EMC DLmクラウド ストレージ

      物理テープをクラウド ストレージとリプレースするために利用可能なオプションの概要をご覧ください。

    •  

      メインフレーム テープを変革するDLm

      既存のテープをDell EMC DLmとリプレースすることで得られるビジネス バリューと技術上のメリットをご覧ください。

    •  

      Dell EMC DLmの製品概要

      このホワイト ペーパーでは、拡張性とパフォーマンスの観点から、メインフレーム テープの理想的な代替ソリューションといえるDisk Library for mainframe(DLm)を使用するメリットを説明しています。

    •  

      DLmデータ シート

      メインフレーム テープのすべてのユース ケースにおける、この仮想ライブラリーの機能をご覧ください 

    •  

      DLmスペック シート

      Dell EMC Disk Library for mainframeの仕様詳細をご覧ください。

    •  

      Disk Library for Mainframe 5.1概要ビデオ

      このビデオを視聴して、DLm 8500 R5.1の詳細をご覧ください

    PowerMaxのドキュメント

    •  

      PowerMaxデータシート

      Dell EMC PowerMaxファミリーについて読む:モダン ストレージの新定義

    •  

      PowerMaxのスペック シート

      PowerMax 2000と8000の各アレイのスペック シートをご覧ください。

    •  

      ホワイト ペーパー:Dell EMCのメインフレーム テクノロジー

      メインフレーム ストレージに適用されるDell EMC独自のテクノロジーの製品別の概要です。

    •  

      ホワイト ペーパー:メインフレーム向けVMAX All Flashの機能

      メインフレーム環境向けの機能のレビューと比較です。

    •  

      Data Protector for Z Systems(ZDP)の重要事項

      このホワイト ペーパーでは、メインフレーム向けのVMAX 950Fに搭載されているData protection z Systems(zDP)の特徴と機能を説明しています。

    •  

      ホワイト ペーパー:Dell EMCの先進的なメインフレーム向けコピー サービス

      このホワイト ペーパーでは、Dell EMCのメインフレームのコピー サービスである、メインフレーム向けのCompatible PeerとCompatible Native Flashについての紹介に加え、GDPSの使用に関するガイドラインについて説明しています。


    • 関連サービス