検索

    • インフラストラクチャを最適化しましょう。

      Dell EMC OpenManage Enterprise Power Managerを使用して、データ センターのアップタイムを最大化し、エネルギー使用量を制御しましょう。Power Managerを使用すると、消費量やワークロードのニーズに基づいてサーバー電力のモニタリングおよび予算管理を行ったり、発熱の状態を監視したりできます。


    • OpenManage Enterprise Power Managerの主なメリット:

      • 電力消費量との関連でITインフラストラクチャのパフォーマンスを最適化
      • サーバーの電力量と発熱量をモニターして管理
      • 正確なチャージバックのために電力とCPUの消費量を記録

    • サーバーの電力消費量の制御を強化し、運用リスクを軽減

      Dell EMC PowerEdgeサーバーに組み込まれたIntegrated Dell Remote Access Controller(iDRAC)と統合されているOpenManage Enterprise Power Managerのコンソールを使用して、サーバーの電力消費量の可視性を高め、使用率を制御しましょう。ポリシー ベースの制御を設定し、リソースの使用率を最大化するとともに、パフォーマンス要求が低下したときに電力を抑制しましょう。事前に定義された電源ポリシーを使用することで、Power Managerは運用リスクを軽減し、サーバーとその主要なワークロードを継続的に運用できるようにします。


    •  

      電力使用量を測定:
      IT機器の電力とサーバーの温度を測定します。


      リスクを軽減:
      事前に対応策を定めておくことで、電力および冷却イベントのリスクを軽減します。


      容量を活用:
      既存のラックと電源インフラストラクチャの全能力を活用します。


      制御を設定:
      ポリシー ベースの制御を設定し、電力料金が変更されたときやパフォーマンスが必要になったときに電力をインテリジェントに調整します。


    • OpenManage Enterprise Power Managerでアップタイムを最大化してエネルギー使用量を制御

      Power Managerを使用すれば、世界中のほぼどこからでもレポートにアクセスし、インフラストラクチャのステータスに基づいてアクションを起こすことができます。優先事項の変更や不測の事態にも迅速かつ効率的に対応することが可能です。エネルギー使用量を確実にモニターして制御することで、コストを削減したり、可用性を維持したり、エネルギー リソースの節約をサポートしたりできます。

    • 重要リソース


    •  

      OpenManage Enterprise Power Managerソリューション概要

      新しいDell EMC OpenManage Enterprise Power Managerを使用すると、サーバーの電力消費量を表示、測定、制御し、インフラストラクチャのパフォーマンスを向上させることができます。

    •  

      ソフトウェア ライセンス ガイド

      組織のニーズに合ったOpenManage Enterpriseのライセンス オプションの概要について説明します。