• デジタル トランスフォーメーション

    現実の世界でIoTを実現

    IoT(モノのインターネット)を取り巻くハイプに惑わされることなく、実際に機能し、測定可能な価値をより迅速に提供するソリューションを導入できるように支援します。受賞歴のあるパートナー プログラムに加えて、広範なポートフォリオ、オープン アーキテクチャ、各分野の専門知識とサービスなど、お客様向けのIoTを機能させるために必要な要素を取り揃えています。最小限のリスクで現在および将来のお客様の要求に対応します。

    IoTエッジを決定する

    IoTエッジとは、モノが最初に接続する場所です。ゲートウェイ、組み込み型PC、専用サーバなどのソリューションを使用することで、データが重要な意味を持つタイミングと場所でデータを安全に処理し、活用できます。さらに、管理ソフトウェアを使用することで、IoTエッジを管理すると共に、相互運用性をシンプルにできます。

    強力なコアによるIoTエッジの強化

    IoTでは単なるコンピューティング以上の要素がエッジとクラウドに求められます。結局のところ、帯域幅、ネットワークの信頼性、レイテンシのために、クラウドへのデータ送信は実用的ではない場合があります。このためDell Technologiesでは、分散型コアと呼ばれるレイヤー(データソースの近くで機能するデータセンター レベルのコンピューティング、ストレージ、ネットワーキングのレイヤー)を提供し、迅速で洗練された意思決定と強力な機械学習を可能にしています。

    戦略的インサイトのためのクラウドの活用

    エッジおよび分散型コアでは、速度が最も重要になります。一方クラウドでは、長期にわたり価値を創出するインサイト、つまりエンタープライズの変革を可能にする戦略的インサイトの発見が最も重要になります。この場合、統合された膨大なデータセットにわたってディープ ラーニングを実行する強力な処理能力、大規模なストレージ、高性能ネットワークに加えて、クラウド ネイティブなアプリケーションを開発する能力が必要になります。