• シンプルで強力なデータベース保護

      Dell EMCデータ保護ストレージとペアリングされたData Protection Suiteを使用して、高価値ワークロード向けのセルフサービス ソリューションを提供します。

    • SAPのミッションクリティカルなワークロードをサポート:

      • 高価値ワークロードのSLOsを満たす

      • 直接データパスを活用し、高価なプライマリストレージを活用

      • 高価なエンタープライズバックアップソフトウェア

      • データベースツールを介したDBAのセルフサービス

    • SAP HANAとSAPデータベースの保護ソリューション

      アプリケーション サーバーまたはプライマリ ストレージから Dell EMC Data Domainに直接バックアップすることにより、高価値ワークロードに求められる厳格な保護SLO(サービス レベル目標)を満たします。すべてのダイレクト データ パスでData Domain Boostエージェントを活用し、一意のデータ ブロックを送信するだけで、ストレージ使用率とネットワーク帯域幅を最大98%削減します。1 すべてのコピーがフル バックアップとして保存され、変更されたデータのみが戻されるため、リカバリは簡単です。さらに、DBAはData Domainに保存されたバックアップに瞬時にアクセスできるため、合理的で細分性の高いリカバリが可能になります。

    • 重要リソース

      Dell EMC Data Protection for SAPのリソース

    • 主な理由:お客様がSAP向けDell EMCデータ保護ソリューションを導入する理由

      主な理由:お客様がSAP向けDell EMCデータ保護ソリューションを導入する理由

      Dell Technologies PowerProtect DDシリーズ アプライアンスが、最高レベルの保護ストレージ アプライアンスである理由をご覧ください。

    •  

      Dell EMC Data DomainによるDell EMC SAP HANAアプライアンスのバックアップとリストアのパフォーマンス

      優れた重複排除テクノロジーを活用してダイレクト データ パスを確立することで、ミッション クリティカルな大規模ワークロードのSLO(サービス レベル目標)に対応します。

    •  

      ESG Solution Showcase:Dell EMC Data Protection Suite for Apps

      Dell EMC の Data Protection Suite for Applications が、お客様のネイティブツールからバックアップとリカバリを実行できるようにするハイパフォーマンスソリューションを提供する方法について説明します。

    •  

      Johnsonville と SAP HANA の事例

      JohnsonvilleがSAP HANA ERPハミングを維持し、バックアップ速度を 90% 以上向上させ、100%のリストア成功率を実現する方法をご覧ください。

    •  

      JohnsonvilleとSAP HANAの事例

      JohnsonvilleがSAP HANA ERPハミングを維持し、バックアップ速度を 90% 以上向上させ、100%のリストア成功率を実現する方法をご覧ください。

    •  

      Data Domainのビジネス バリュー

      Data Domainテクノロジーのリーダーシップと差別化要因が SAP DBA にとって重要である理由をご確認ください。 

    • Dell EMC Data Protection for SAP

      Dell EMC Data Protection for SAP

      Highlights of PowerProtect DD Series Appliances and Data Protection Suite choices for SAP Workloads.

  • お求めの条件に合うものをご確認くださいデータ保護ソリューション ご確認ください

    • 1Dell EMC の委託により1ESG Lab Reviewが2018年2月に競合ベンダーA社との比較を実施しました。

      2DD Boostプロトコルを使用し、DD9900(DDOS 7.0)とDD9800(Data Domain OS 6.2)を比較したDell EMCの社内テスト(2019年9月)に基づきます。実際の結果は状況によって異なります。

      3DDOS 7.0を使用して行ったDell EMCの社内テスト(2019年8月)に基づきます。実際の結果は状況によって異なります。