• 詳細な分析と戦略的ガイダンス:このサポートは、ストレージ システムの個人コーチのようなものです。

       

      Optimize for Storageは、継続的な分析とパーソナライズされたガイダンスにより、Dell EMC UnityとSCシリーズ システムを1年を通じて最大限のパフォーマンスを発揮できるように維持して設定します。ストレージの正常性をプロアクティブにモニターし、改善が必要な領域を特定する専任のDell EMCストレージ エキスパートから、高度に熟練した専門知識が得られます。サポートはお任せいただき、お客様はビジネスにご専念ください。


    • 主なメリット

       

      • ストレージ性能と運用効率を最大化 
      • データ消失、ダウンタイム発生、ビジネス遅延のリスクを軽減 
      • ストレージ環境の管理に費やす時間とリソースを節約 
      • ストレージ投資対効果の増大を提供
    •  

      性能を強化し 正常に保つ。

      成績優秀者ですら求めるデータ ストレージ最適化のガイダンス

      継続的なパーソナライズされたガイダンスと実行できる次の手順を提供するDell EMC専任ストレージ エキスパートが、コーチや信頼できるアドバイザーのように、データ消失、ダウンタイム発生、またはビジネス遅延のリスクの大幅な削減を導きます。この、次のレベルの 専門技術により、ストレージ システムのパフォーマンスを最大限に維持できます。

    • Dell EMCの最適化サービスがストレージの動静を事細かにモニタリングしているため、夜は安心して眠りにつけます。潜在的な問題は即座にアラートされ、発生する問題の解決に取り掛かります。また、繁忙期に内部がどうなっているか報告を絶やさないため、毎月のレビュー コールは大きなメリットをもたらします。

      Tom Torebka, ネットワーク マネージャー、Glens Falls National Bank and Trust Company
    • リソース

      役立つリソース、インサイト、情報


    •  

      Dell EMCストレージ ソリューションのサポート サービス

      Dell EMCが世界各地で評価を得ているサポートの専門性によってストレージ システムを最大限に活用する方法を学ぶことができます。

    •  

      ProSupport Enterprise Suite

      複雑なIT環境を包括的にサポート

    •  

      MyService360

      サービス アクティビティと実践につながるインサイトのほぼリアルタイムのデータ ビジュアル化で、オンライン サポート エクスペリエンスを簡潔にします。

    •  

      SupportAssist

      事前対応の予測サポート テクノロジーで、サポート エクスペリエンスを後押しします。

    •  

      Secure Remote Services

      Dell EMCの安全なデータ主導テクノロジーによって問題をすばやく回避して解決する方法をご覧ください。

    •  

      Future-Proof Storage Loyalty Program

      より一層の安心感を提供し、将来の満足度と投資保護を保証します。 

    •            
       

      ProSupport Enterprise Suite

      テクノロジーに頼る頻度が高くなるほど、適切なサポートがより必要になります。

    •            
       

      Dell EMC Unity

      ハイブリッド クラウドを使用した柔軟なユニファイド ストレージにより、究極のシンプルさと価値を実現します。

    •            
       

      Dell EMC SCシリーズ ストレージ

      インテリジェントなオール フラッシュおよびハイブリッド ストレージ ソリューションは、革新的なパフォーマンスを提供します。

    •            
       

      CloudIQ

      ストレージ環境のモニター、分析、およびトラブルシューティングが、どこからでも容易にできます。 

      1. ストレージ対システムに対する最適化を適用したシステムのデータ使用不可とデータ消失ケースのSCシリーズにおけるパーセンテージ比較(2017年8月~2018年5月)に関する、テクニカル サポートのインシデントについての内部分析に基づきます。実際の結果は状況によって異なります。
      2. Optimize for Storageを使用しているシステムと使用していないシステムで重大度1のケースの割合を比較した、2009年7月から2018年10月までのSCシリーズのサービス タグの内部分析に基づきます。実際の結果は状況によって異なります。