•  

      アプリケーションをモダナイズして、DevOpsのベスト プラクティスを適用しましょう。

      市場のニーズは進化するのが常であり、その中でIT企業は競争力を維持するための適切なテクノロジーと業務手法を求めています。そのようなお客様のニーズに応えるのがDell Technologiesのコンサルティング サービスです。

      Dell Technologiesはコンサルティング サービスを通じてお客様がクラウド ネイティブ ソフトウェアの強みを引き出し、開発チームと運用チームの連携を強化するのを支援します。Pivotal Cloud Foundry向けアプリケーションのプラットフォームを再構築し、DevOpsのベスト プラクティスに従うことで、IT組織の俊敏性、生産性、競争力を高めることができます。

    • DevOpsによるモダン アプリケーション開発への移行


    •            
       

      DevOpsサービス

      ITのパフォーマンスと俊敏性を向上させる

      弊社のDevOpsサービスを利用することでソフトウェア開発プロセスを強化できます。チームのパフォーマンスと応答性の向上を図ることで、絶えず変化する市場でもお客様の競争力を維持することができます。

      これらのサービスによってソフトウェア開発ライフサイクル(SDLC)での迅速かつ継続的なデリバリが促進されると同時に、自動化とコラボレーションによってITの俊敏性とパフォーマンスが向上します。

      弊社では導入に際してテクノロジーやプロセス、手法のテストを行い、段階的なアプローチで進めていきます。検証が終わると、組織内の他のグループにソフトウェア アプリケーションを提供するためのパイプラインを確実に拡張できます。 

      • リリース管理を合理化する
      • SDLCのアジリティを高めることで競争力を上げる
      • コードとしてのインフラストラクチャを使用して環境を既知の状態にする
    •            
       

      コードとしてのインフラストラクチャ サービス

      アジャイル開発方法論への近道

      コードとしてのインフラストラクチャ サービスを利用することで、インフラストラクチャの管理とモダナイズに必要なツール チェーンの作成とデリバリ パイプラインの構築が可能になります。ソフトウェア開発とリリース管理の分野におけるベスト プラクティスを活用して、お客様のビジネス目標を可能な限り効率的に達成します。

      • コストの削減
      • 顧客のニーズに対する応答をより速く
      • システムの定義と構成をコードで設計
    •            
       

      PaaS/CaaS向けクラウド アプリケーションのモダナイゼーション サービス

      プロジェクト完了までの期間を短縮し、成果の向上とスキルを実現

      PaaS/CaaS向けクラウド アプリケーションのモダナイゼーション サービスでは、弊社のエキスパートとお客様のアプリケーション開発チームが手を組むことで成功への近道を開きます。評価、計画、設定、テスト、導入、移行といった既存のポートフォリオをPivotal Cloud Foundryで実行するための作業を、弊社とともに進めましょう。お客様のIT環境で使用している関数型コード、構成、アーキテクチャの変更についてもお任せください。

      • 弊社のエキスパートとの共同作業
      • アプリケーションをPivotal Cloud Foundryに効率的に移動
      • 組織の目標に合わせて調整
    •            
       

      ソリューション アーキテクト アドバイザリー サービス

      クラウド ネイティブ プラットフォームへの移行から成功を収めるまでの時間を短縮

      Pivotal Cloud Foundry向けソリューション アーキテクト アドバイザリー サービスでは、弊社のエキスパートをお客様のデリバリ チームに配し、連携して作業を行います。お客様のニーズに応じてプラットフォームの計画、実装、カスタマイズ、使用、拡張の各種作業をお手伝いします。

      • Pivotal Cloud Foundryで成功を促進
      • オン デマンドで利用可能なエキスパートのリソース
      • スタッフへのスキルの伝達
    •            
       

      アプリケーションとワークロードの移行サービス

      適切なクラウド プラットフォームに迅速に移行

      アプリケーションとワークロードの移行サービスは、組織が適切なクラウドを導入してコストとリスクを最小限に抑えられるよう支援する設計となっています。

      • スタッフを解放してビジネスクリティカルなタスクに注力できるようアプリケーションとワークロードを迅速かつ確実に移行
      • サービスの停止を最小限に抑え、パフォーマンスを最適化
      • アプリケーションとワークロードを適切なサイズに調整してコストを最小化
      • クラウド ネイティブ アプリケーションとDevOpsの資料

        ソフトウェアがあらゆるビジネスを再定義します。ここでご紹介する資料を活用して、クラウド ネイティブへの移行を合理化してください。


      •  

        DevOps:最新のトレンドと有用な情報

        DevOpsの実装、コードとしてのインフラストラクチャ、クラウド ネイティブ ソフトウェアの開発など、デジタル変革の分野におけるイノベーションの最新の動向を把握しましょう。 

      •  

        技術的負債を削減してビジネスを変革する

        IT部門の経営陣からは弊社のDevOpsサービスを採用したことで生産性、品質、可視性、連携、応答性が向上したというご評価をいただいています。その割合は全体の80%を超えます。この成果にご興味のある方は、以下の資料をご覧ください。

         

      •  

        DevOpsの原則によるITデリバリの最適化:ワークショップ

        DevOpsの原則と実践によってクラウドからアプリケーション開発、その他ITのデリバリに関するすべてを改善する手法をお確かめください。

      •  

        DevOps環境におけるチームのInfrastructure as Code導入の準備状況を評価

      •  

        従来型の縦割り/横割り組織モデルからの移行

        既存の企業組織の先を行く革新的なスタートアップ企業のアプローチが話題になっています。自社に革新的な製品チーム モデルを導入し、組織を一体化させて競争に打ち勝つ方法をご覧ください。


    • クラウド ネイティブ、DevOps、コードとしてのインフラストラクチャ、継続的デリバリ、マイクロサービス。

      IT組織をクラウド ネイティブに対応させ、規模に応じた一貫性と信頼性のあるソフトウェア デリバリを可能にすることを目標にしています。クラウド ネイティブであるべき理由、方法、目的を決定づけるのは、DevOps、継続的なデリバリ、マイクロサービスです。

      クラウド ネイティブ戦略の実装にあたって必要となる変更に、いかに対処するか。その答えがDevOpsという手法です。継続的なデリバリを実現するために、ソフトウェアはクラウド ネイティブへと変わりつつあります。その継続的デリバリを、進行が遅くリスクの高い導入戦略を避けつつも可能にしているのが、マイクロサービスのソフトウェア アーキテクチャです。コードとしてのインフラストラクチャの存在によって、組織はアプリケーション ワークロードの配置を最大化するエンド ツー エンドのフレームワークを作成できます。