•  

      デル・テクノロジーズのグローバル ソーシャル メディア ポリシー

       


    • 目的と対象範囲

      オンラインでつながる世界が広がりつつあるなかで、デル・テクノロジーズのチーム メンバーにとってお客様や社員同士、また世界中のあらゆる人とやり取りする機会はますます増えています。ソーシャル メディアは、デル・テクノロジーズのブランドを推進する機会や個人的な表現の機会を生み出しますが、それにはリスクと責任が伴います。ソーシャル メディア上で行うことはすべて、使用するアカウント(ビジネス用または個人用)に関係なく、同僚、上司、パートナー、サプライヤー、競合他社、投資家、お客様、あるいは見込み客の目に触れる可能性があることを想定する必要があります。ソーシャル メディア上での活動はデル・テクノロジーズに対する評価につながり、職場環境に影響を及ぼす可能性があります。また、適用法の対象となり、個人用アカウントの使用時に発生したという理由や、デル・テクノロジーズのチーム メンバーであるという理由だけでこのポリシーの適用が免除されることはありません。

      関連ポリシーおよび違反によって生じる結果

      デル・テクノロジーズのチーム メンバーとして、皆さんはソーシャル メディアに関するこのポリシーを遵守することが求められます。対象となるソーシャル メディアには、Twitter、LinkedIn、Instagram、Facebook、WeChat、YouTube、Flickr、Twitch、ブログ、さまざまなwiki、またはインターネットでのコミュニケーションを促進するその他のツールまたはサービスが含まれますが、これらに限定されません。

      このポリシーは、デル・テクノロジーズの行動規範、多様性と雇用平等に関するポリシーといった、デル・テクノロジーズのその他のポリシーと標準を補完するものです。別のフォーラムで行った投稿がデル・テクノロジーズのポリシーに違反している場合、ソーシャル メディアに関するポリシーにも違反することになります。ソーシャル メディア ポリシーまたはその他のデル・テクノロジーズのポリシーに違反したチーム メンバーは、勤務している国の現地法に従って、最高で解雇を含む懲戒処分の対象となる可能性があります。

      ソーシャル メディアに関するデル・テクノロジーズの5原則

      デル・テクノロジーズのチーム メンバーとして、皆さんはソーシャル メディア上で行うすべての活動において、次の5原則に従う必要があります。これらの原則は、SMACUのSMAC 101コースにも説明されている通りです。職務の一環としてソーシャル メディアを利用する場合、あるいはソーシャル メディアでデル・テクノロジーズの製品、業界、または競合他社について言及する場合は、このコースおよび他のSMACUコースを受講する必要があります。チーム メンバー全員がこのトレーニングを受講して、ソーシャル メディアのベスト プラクティスについて詳しく学習することを推奨します。これらの原則、本ポリシー、SMACU、またはソーシャル メディア全般について不明な点がある場合は、Social@dell.comまでお問い合わせください。

      • 「良い人」であること、楽しむこと、つながること 

      デル・テクノロジーズの行動規範に沿って行動してください。デル・テクノロジーズの委託を受けてビジネスを行う場合、デル・テクノロジーズの社員であると見なされる場合やその可能性がある場合は、デル・テクノロジーズのチーム メンバーは必ず他者に礼儀正しく接する必要があります。個人用アカウントを使用している場合であっても、ソーシャル メディアでの皆さんの行動がお客様または見込み客の目に触れている可能性があるため、ソーシャル メディアでのやり取りは常に、見込み客に対応する場合と同じように扱う必要があることを忘れないでください。デル・テクノロジーズは全社的に社員のプライバシーと多様な視点を尊重していますが、人種差別、偏見、女性蔑視、ハラスメントまたは身体的危害の明示的または黙示的な脅迫、ヘイト スピーチについてはいかなる違反も許容しません。「ヘイト スピーチ」には、保護対象の分類に基づく人々のグループに対する名誉を棄損するようなあらゆるスピーチが含まれます。さらに、そのスピーチを是認または宣伝するスピーチも対象になります。これには、人種、民族、国籍、宗教、セクシュアリティ、カースト、ジェンダー、身体的または精神的な障害が含まれます。例えば、保護対象の人々を非人間的に扱ったり愚弄したりするスピーチ、またはそういった人々に対する暴力を容認または助長するスピーチはヘイト スピーチです。

      発言の内容と同じくらい大切なのはその表現方法です。ソーシャル メディア内外の誰に対しても、いじめや嫌がらせを行ったり、暴力で脅したりしてはなりません。ソーシャル メディアで意見の相違が発生した場合は、礼儀正しい論調で対応するか、その場を離れるようにしてください。

      • 情報を保護すること

      お客様またはチーム メンバーの個人を特定できる情報を外部のソーシャル メディア サイトで共有することも禁止されています。皆さんは毎年、お客様とチーム メンバーの情報を保護する方法についてのコースを受講されています。このコースと同じ基準がソーシャル メディアにも適用されます。例えば、苦情または発注の問題についてお客様とソーシャル メディアで連絡を取り合う場合、その人物や注文に関するいかなる識別情報(注文番号など)も投稿に含めてはなりません。原則として、他の誰かの個人情報を許可なくソーシャル メディアで投稿してはなりません。個人情報の投稿は、当該人物、皆さんの評価と人間関係、さらにはデル・テクノロジーズに損害を与えるだけでなく、結果的に訴訟に発展する可能性もあります。

      • 身分をごまかさずに明らかにすること

      ソーシャル メディアでデル・テクノロジーズについて会話する際は、デル・テクノロジーズに勤務していることを明らかにします。皆さんの友達は皆さんの勤務先を知っていても、友達の友達や同僚はそのことを知らないことがあり、無意識のうちに誤解を招かないようにする必要があります。デル・テクノロジーズについて言及している投稿には、必ずハッシュタグとして#Iwork4Dellを使用してください。身分の開示は目立つ場所で行う必要があります。つまり、単に皆さんの略歴の中に含めたり、他の2つのハッシュタグの間に入れたりするだけでは不十分です。また、情報を確認するために閲覧者がクリックしたり、別の場所に移動したりする必要があるような場所も適切ではありません。プライバシー設定に関係なく#IWork4Dellハッシュタグを含める必要があります。また、お住まいの国の現地法で定められているその他の開示要件を遵守する必要があります。  

      • 法と行動規範に従うこと

      商標、著作権、または肖像権の侵害を回避するために、所有者やメディアに登場している人からの同意を得ていない場合は、その画像やその他のコンテンツを投稿しないでください。他者のコンテンツを引用する場合は、必ずその信用性を確認したうえで、適切である場合はリンクを追加してください。皆さんは、お使いのソーシャル メディア プラットフォームの条件を遵守する個人的な責任も負っています。こうした条件はプラットフォームによって異なり、コミュニティーの詳細な標準が含まれる可能性があります。使用する各プラットフォームの条件および標準を十分に理解しておく必要があります。

      • 責任を持つこと

      ソーシャル メディアで会話に参加する際には、適切な方法で行っていることを確認してください。 特にお客様とやり取りを行う場合、あるいはデル・テクノロジーズに関する情報を伝える場合やデル・テクノロジーズに代わって情報を伝える場合は、一般的に皆さんの専門分野を活かしてコミュニケーションを行う必要があります。 ソーシャル メディアでお客様から質問を受けたり、問題が発生したりした場合は、social@dell.comに問い合わせて確認し、サポートを受けてください。 

      チーム メンバー全員が、デル・テクノロジーズについて言及し、ニュースや情報を共有することを推奨されていますが、デル・テクノロジーズを代表して話をしたり、会社としての公式の対応を発表したりできるのは、トレーニングを受けた認定済みの広報担当者のみです。デル・テクノロジーズに関して起きてはならない情報共有をソーシャル メディア プラットフォームで発見した場合は、ただちにソーシャル ビジネス チーム(Social@dell.com)、マネージャー、倫理およびコンプライアンス部門、または他の適切な連絡先に報告してください。ソーシャル メディアに投稿した内容のすべては、急速に拡散されたりスクリーンショットが撮られたりすることがあり、再共有または再投稿される可能性があるということを常に覚えておいてください。これは、皆さんのプライバシー設定に関係なく、ソーシャル メディアで共有されている情報に対してプライバシー保護がほとんど存在しないからです。

      ソーシャル メディア プラットフォームに誤って投稿した情報を完全に削除することはほとんど不可能です。そのため、上司の受信トレイ、同僚のTwitterやInstagramのフィード、主要なニュース サイトの一面に表示されても問題ないコンテンツのみ投稿するようにしてください。投稿するコンテンツには、法的問題に発展する情報、他の企業が所有する知的財産、中傷的または扇動的な表現が含まれていないことを確認してください。オンラインで投稿されたあらゆるコンテンツはその投稿者までさかのぼって追跡できるため、投稿する前に適切であることを確認する必要があります。皆さんが投稿したコンテンツは、後で削除しても、他の人によって共有されたりアーカイブされたりすることがあります。皆さんが自身のプロフィールに、自身のみに関するコンテンツについて記述したとしても、オンライン上の誰かが皆さんの行動に不満を訴え、しかもデル・テクノロジーズの社員であると投稿する可能性があります。

      ソーシャル メディア アカウントの所有権

      デル・テクノロジーズでの業務の一環として、その目的のために作成されたアカウントを使用してソーシャル メディア活動に参加する場合、そのアカウントはデル・テクノロジーズの所有物と見なされます。また、皆さんが退職される場合も、引き続きデル・テクノロジーズが所有権を有します。つまり、皆さんはパスワードまたはアカウント名を変更したり、類似のアカウントを作成したり、そのアカウントまたはアカウントを通じて取得した連絡先や人脈の所有権を主張したりすることはできません。そのアカウントで作成または投稿された資料はすべて、引き続きデル・テクノロジーズの所有物です。 この規則は、業務時にアクセスする個人用アカウントには適用されませんが、デル・テクノロジーズおよび関係会社を示唆するすべてのアカウントに適用されます。操作するアカウントについて不明な点がある場合は、social@dell.comに連絡して、アカウントについて説明を受けてください。

      その他の質問またはサポートについては、social@dell.comにお問い合わせください。 

      ソーシャル メディアについてのグローバル ポリシーの発効日:2020年10月