• Z世代の社会進出に向けて、準備はできていますか?

    1990年代半ば以降に生まれたZ世代は、テクノロジーに精通した根っからのデジタル ネイティブで、今次々と社会に出てきています。彼らは新しいスキル、高い期待と改革をしたいという意欲を持っています。

    Z世代の社会進出に向けて、準備はできていますか?

    1990年代半ば以降に生まれたZ世代は、テクノロジーに精通した根っからのデジタル ネイティブで、今次々と社会に出てきています。彼らは新しいスキル、高い期待と改革をしたいという意欲を持っています。


    • 調査研究:Z世代の影響

      Dell Technologiesでは、Z世代世代の12,000人の学生にアンケート調査をしました。その結果から、Z世代は自分のテクノロジーのスキルに自信を持っていますが、仕事に就く準備ができているかどうかわからないと思っていることが明らかになりました。一方、上級専門職を持っている人々は、Z世代に追い越されることを心配しています。

      2020年までに、Z世代は多世代労働力の20%を占めるでしょう。人とマシンのパートナーシップの時代を成功させるために、ビジネス リーダーは、デジタルにおける差別化を乗り越えて、多様で将来に備えた労働力の力を引き出す必要があります。

    • 参加者について


    • 12,086人
      • Z世代を調査
        年齢16~23歳

        全世界17か国から選出:米国、カナダ、ブラジル、イギリス、ドイツ、フランス、トルコ、オーストラリア、ニュージーランド、中国、日本、インドネシア、シンガポール、マレーシア、タイ、ベトナム、フィリピン


    • Z世代はデジタルトランスフォーメーションを深く理解しています

      今日の学生は、テクノロジーが私たちの仕事や生活をどのように変えられるのか深く理解しています。





    • 雇用主および教育者に対する影響:

      •  
      • テクノロジー優先のアプローチ

        テクノロジーは、採用から新人研修、日々の業務まで、Z世代にアピールするように強調されなければなりません。

         

        STEMキャリア

        特にITや研究開発において、より多くの女性が技術的な仕事を追求するよう奨励する必要があります。

         

        学校教育での高度なテクノロジー

        AI、機械学習は早い段階で学習プロセスに取り入れられるべきです。

        テクノロジー優先のアプローチ

        テクノロジーは、採用からオンボード、日常の職場体験まで、ジェネレーションZに訴えるために強調されなければなりません。

         

        STEMキャリア

        特にITや研究開発において、より多くの女性が技術的な仕事を追求するよう奨励する必要があります。

         

        学校教育での高度なテクノロジー

        AI、機械学習は早い段階で学習プロセスに取り入れられるべきです。

        テクノロジー優先のアプローチ

        テクノロジーは、採用からオンボード、日常の職場体験まで、ジェネレーションZに訴えるために強調されなければなりません。

         

        STEMキャリア

        特にITや研究開発において、より多くの女性が技術的な仕事を追求するよう奨励する必要があります。

         

        学校教育での高度なテクノロジー

        AI、機械学習は早い段階で学習プロセスに取り入れられるべきです。

        テクノロジー優先のアプローチ

        テクノロジーは、採用からオンボード、日常の職場体験まで、ジェネレーションZに訴えるために強調されなければなりません。

         

        STEMキャリア

        特にITや研究開発において、より多くの女性が技術的な仕事を追求するよう奨励する必要があります。

         

        学校教育での高度なテクノロジー

        AI、機械学習は早い段階で学習プロセスに取り入れられるべきです。

        テクノロジー優先のアプローチ

        テクノロジーは、採用からオンボード、日常の職場体験まで、ジェネレーションZに訴えるために強調されなければなりません。

         

        STEMキャリア

        特にITや研究開発において、より多くの女性が技術的な仕事を追求するよう奨励する必要があります。

         

        学校教育での高度なテクノロジー

        AI、機械学習は早い段階で学習プロセスに取り入れられるべきです。

        テクノロジー優先のアプローチ

        テクノロジーは、採用からオンボード、日常の職場体験まで、ジェネレーションZに訴えるために強調されなければなりません。

         

        STEMキャリア

        特にITや研究開発において、より多くの女性が技術的な仕事を追求するよう奨励する必要があります。

         

        学校教育での高度なテクノロジー

        AI、機械学習は早い段階で学習プロセスに取り入れられるべきです。

        テクノロジー優先のアプローチ

        テクノロジーは、採用からオンボード、日常の職場体験まで、ジェネレーションZに訴えるために強調されなければなりません。

         

        STEMキャリア

        特にITや研究開発において、より多くの女性が技術的な仕事を追求するよう奨励する必要があります。

         

        学校教育での高度なテクノロジー

        A.I.そして機械学習は早い段階で学習プロセスに統合されるべきです。



    • Z世代はテクノロジー を使いこなす自信はありますが、テクノロジー以外のスキルは不安に感じています。

      Z世代はテクノロジーを使いこなす自信はありますが、適切なソフトスキルと労働力としての経験を持っているかどうかを心配しています。





    • 雇用主および教育者に対する影響:

      •  
      • テクノロジー メンターシップ

        ITリーダーは、労働者間のテクノロジー スキルの格差に対処するためのプログラムを検討する必要があります。

         

        テクノロジー以外のスキル

        企業は、インターンシップ、ジョブ ローテーション、その他のプログラムを通じて、Z世代がソフト スキルと自信をつけるのを支援することができます。

         

        成功に向けた教育

        学校は生徒に何を学ぶのかだけではなく、どのように学ぶべきかを教える必要があります。批判的思考、論理、判断力、そして創造力は、雇用主が切望するスキルです。



    • Z世代は人とのつながりを求めています

      対面コミュニケーションは、職場でのコミュニケーション方法としてZ世代が好んでいるやり方です。





    • 雇用主および教育者に対する影響:

    •  

      対面および仮想ワークスペース

      AR、VR、柔軟な職場環境の提供が、チームの一体化とコラボレーションに役立ちます。

       

      多世代のチーム編成

      機能横断的で補完的なチームは、知識交換とスキル開発を促進することができます。

       

      学生主導の学習

      自主学習とも呼ばれ、この小中等時代の習慣は職場でも簡単に応用できます。



      • Z世代の声


    • 関連コンテンツ

      •  

        Realizing 2030

        大いなる可能性の幕開けが近づいています。Dell Technologiesでは、世界中の3,800人のビジネスリーダーに今後10年間の予測を調査しました。調査の結果、未来に対するビジョンの違い以外にと共通点が明らかになりました。

        詳細情報
      •  

        次世代の労働力のメンタリング

        13人の高校生が、6週間にわたりDell社員の指導の下、現実世界と仮想世界の間のギャップを埋めるために必要なテクノロジーが学びました。その過程で、彼らは新しいスキルを得て、自分の能力に対する新しい自信を得ました。

        ビデオを視聴する