検索
  •  
    • 人とマシンの協調関係が強固になるにつれて、最先端テクノロジーが働き方に与える影響も大きくなっています。

      最先端テクノロジーは、仕事に対する備え、発見、関与ができるよう、これまでには無い方法で手助けしてくれます。IFTF (Institute for the Future:未来研究所)は、こうしたテクノロジーがどのようにして発展途上にある社会的・経済的な要因と交わり、2030年における未来の働き方を定義していくのかについて、調査しています。

    • 働くAI:ロボットの同僚

      AIは本当に私たちの仕事のすべてに影響を与えるのでしょうか。それを知るために、私たちはAIのエキスパートに話を聞き、職場でのマシンの役割を明確に定義してもらいました。

    • インクルージョン(包含的)。エンパワーメント(自立性促進)。フルエンシー(活用力)。

      2030年までに未来の働き方を変革する

      テクノロジーは商業と生産の基盤の多くに変革をもたらすだけでなく、経済活動に参加する際の障壁を取り除く効果もあります。リサーチによれば、世界規模での進歩を促進する変化の鍵は3つあると言います。


    •  

      インクルーシブ(包含的)な人材

      人とマシンの協調関係によって、性別、年齢といった要素ではなく、能力に応じた評価が行われ、職場の公平性が高まります。

      例えばAIの力を借りることで、採用プロセスにおいて人間による偏見や先入観が入り込む余地が少なくなり、職場でのチームを最適な形で編成できます。さらには、生産性、士気、リテンションの向上につながるインセンティブを設定するのにも役立ちます。

      67%

      のビジネス リーダーが、新しいテクノロジーによって意思決定における人間の偏見や先入観が取り除かれ、平等なオポチュニティを創出できると考えています1

       

       

       

      Luminariesポッドキャスト

       

       

    •  

      社員の自律性促進

      これからの10年で、社員はこれまでとはまったく異なるテクノロジーとのコラボレーション、例えばXR(拡張現実)などの没入型テクノロジーを体験し、その効果を実感することになるでしょう。

      リアルタイムのコラボレーションは、これまでにもゲーム、コーディング、分散型コミュニティーなどに組み込まれていましたが、今後はより繋がりが強い働き方を可能にするために使われるはずです。チーム全体が見て、触れて、操作することで、共同作業を行えるようになるのです。

      86%

      のビジネス リーダーが、最先端テクノロジーを活用して社員の生産性を向上させる予定でいます1

       

       

      展望記事

       

       

    •  

      AIフルエンシー(AIの活用力)

      AIは人間の能力を補い、強化するものであって、決して取って代わるものではありません。AIに習熟した社員は、AIの能力を生かしてワークフローの管理やタスクの実行ができるだけなく、収集したデータを簡単に理解して活用するようになるでしょう。

      2030年までにはAI、人間、マシンのシステムに対する理解が深まり、人間の可能性を解き放ち、社員を際立たせられるでしょう。

      70%

      のビジネス リーダーが、社員とマシン/ロボットの協調関係によって、人間による作業の限界を超えた成果が得られるだろうと歓迎しています1

       

       

      展望記事

       

       

    • 未来の働き方を追いかけ、推進するテクノロジー。

    •  

      コラボレーション可能なAI

      コラボレーションを実現するために、AIが設計される時代が来るでしょう。人間に対する理解を深めるために、マシンは継続的に作られて改善され、それによってコラボレーションの能力が高まり、生産性が向上していくはずです。

    •  

      マルチモーダル インターフェイス

      インターフェイスとなるシステムで、3Dの触感、ジェスチャの認識、匂いまでもが使用され、より幅広く使いやすい形でデータやアプリケーションを操作できるようになります。

    •  

      拡張現実(XR)

      XRには拡張現実、仮想現実、複合現実などの種類があり、現実と仮想環境を組み合わせることで、抽象的な情報を豊かでインタラクティブな体験に変え、ユーザーに提供できます。

    •  

      安全な分散型台帳

      ブロックチェーンなどの安全な分散型台帳によって、透過的かつ不変のデータ ストレージ メカニズムを実現し、作業タスクの完了時のリアルタイム決済のような作業プロセスを自動化できます。

    • 人とマシンの協調関係が支える未来の働き方 - 人間による適切なリードが大切

      あらゆるオポチュニティには、乗り越えるべき課題が付きものです。リサーチは、以下のものを課題として挙げています。


    • デジタルの未来を実現

      人とマシンの新たな協調関係によって、これまでの限界を超え、2030年までには職場から非効率的で不公正な古い制度を一掃することが可能になるでしょう。インフラストラクチャをモダナイズする、社員を奮起させる、ソフトウェアを配布するなど、今すぐなすべきことはさまざまあります。これらすべてに共通するのは、デジタルの未来に向け、そしてテクノロジーが中心となる人類の進歩に備えて、土台を築くことです。

    • 関連コンテンツ

      •  

        Dell Technologiesの取り組み

        今こそデジタルの未来を考えましょう

        今日あらゆる組織に求められるのは、デジタル組織に対応することです。Dell Technologiesは頼れるパートナーとして、お客様の未来を実現するためのお手伝いをします。

      •  

        REALIZING 2030

        経済の未来

        人とマシンの協調関係と最先端テクノロジーは、2030年までの未来の経済にどのような影響を与えるでしょうか。その詳細をご覧ください。

    • 1. 出典:世界40か国以上の12の産業に属す4,600人のビジネス リーダーと250を超える従業員を対象とした調査の結果(Vanson BourneとDell Technologiesが2018年に共同で実施したもの)