• Realizing 2030

    コネクテッド リビングの未来

    • 人とマシンの協調関係が強まるにつれて、新しいテクノロジーが私たちの生活に与える影響も大きくなっています。

      私たちの生活は、今までにないほど変化しています。今後10年間で、私たちを取り巻くすべてのものがよりインテリジェントになり、新しい方法でつながり、通信するようになります。

      Institute for the Futureは、新しいテクノロジーと人とマシンの協調関係により、2030年にコネクテッド リビングの未来がどのように変わっていくのかについて調査しています。

    • ネットワーク化する現実。意識を持つ都市。ソーシャル ロボット。

      私たちの生活を変革する出来事:2030年

      自動運転、コネクテッド ホーム、デジタル都市などの新しいテクノロジーにより、世界中の人とコミュニティーの生活はより快適で豊かなものになってきています。マシンとともに生活するだけでなく、これまでよりも密接な協力関係を築くようになります。当社の研究員は、2030年までに起こりうる5つの重要な変化について言及しています。

    • 2030年に私たちの生活を形成するテクノロジー。

    •  

      さまざまな場所に置かれたセンサーとIoT(Internet of Things)

      コンピューティングと新たなエネルギー源の発達により、より小さなデバイスとセンサーの分散配置が可能になり、家や都市、身体、生活にかかわる情報を取得できるようになります。

    •  

      モバイル エッジ コンピューティング

      低レイテンシーで高帯域幅のワイヤレス ネットワークにより、さらにエッジに近い場所でのコンピューティングが可能になり、処理時間を向上させ、AIは無数の接続デバイスを利用できるようになります。

    •  

      5G回線とその未来

      5G回線によって超高速のワイヤレス接続が可能になれば、ネットワークの遅延は実質的になくなります。これにより、都市と町はこれまで以上に接続されます。

    •  

      AI(人工知能)

      人工知能はさまざまなアプリケーション領域に急速に拡大し、チャットボット、自動運転車などのあらゆるものに機械学習を実装できるようになります。

    •  

      XR(クロス リアリティー)と没入型メディア

      フレキシブル スクリーンや革新的なホログラムなどの新しいディスプレイ技術をジェスチャーと触覚インターフェイスと組み合わせ、すべての感覚を刺激する今までにないメディア体験が生まれます。 

    • デジタルの未来を実現

      テクノロジーが進化し、人とマシンとの協調関係が急速に発展することで、生産性の向上とワーク ライフ バランスの改善につながります。同時に、都市はより効率的で持続可能な、住みやすい場所になります。

      この未来を実現するには、その流れを慎重に導き、データ プライバシー、データ サイロ、アルゴリズムの不統一などの主な障壁を克服する必要があります。

      コネクテッド リビングの未来には、非常に大きな成功が約束されています。データと、処理能力およびソフトウェアの飛躍的な発展がすべて集約され、テクノロジーがリードする人類の進歩の幕開けが始まろうとしています。

       

    • 関連コンテンツ

    •  

      Realizing 2030

      経済の未来

      人とマシンの協調関係と新しいテクノロジーは、2030年までの未来の経済にどのような影響を与えるでしょうか。その詳細をご覧ください。

    •  

      Realizing 2030

      未来の働き方

      2030年までに、テクノロジーおよび人とマシンの新しい協調関係が、未来の社会、変化に備える方法、働き方にどのような影響を与えるかを確認してください。


    • 1. 出典:世界40か国以上の12の産業に属す4,600人のビジネス リーダーと250を超える従業員を対象とした調査の結果(Vanson BourneとDell Technologiesが2018年に共同で実施したもの)

      2. 国際連合『世界都市人口予測 2018年改訂版』2018年12月