• Realizing 2030

    コネクテッド リビングの未来

    • 人とマシンの協調関係が強まるにつれて、新しいテクノロジーが私たちの生活に与える影響も大きくなっています。

      私たちの生活は、今までにないほど変化しています。今後10年間で、私たちを取り巻くすべてのものがよりインテリジェントになり、新しい方法でつながり、通信するようになります。

      Institute for the Futureは、新しいテクノロジーと人とマシンの協調関係により、2030年にコネクテッド リビングの未来がどのように変わっていくのかについて調査しています。

    • ネットワーク化する現実。意識を持つ都市。ソーシャル ロボット。

      私たちの生活を変革する出来事:2030年

      自動運転、コネクテッド ホーム、デジタル都市などの新しいテクノロジーにより、世界中の人とコミュニティーの生活はより快適で豊かなものになってきています。マシンとともに生活するだけでなく、これまでよりも密接な協力関係を築くようになります。当社の研究員は、2030年までに起こりうる5つの重要な変化について言及しています。

    •  

      ネットワーク化する現実が仮想世界と現実世界を融合させます。

      未接続のツールから消費者の立場へとマシンが移り変わる様子は意味深いものとなるでしょう。スマートな分散型台帳技術とAIの進歩によって、人間の行う作業をマシンが肩代わりできる時代がやってくるのです。インテリジェント オブジェクトが人間と同じように、品質やコストに基づいて製品を比較し、購入を決定します。洗濯機が他の電化製品と通信して、温水使用の優先度を判断し、メンテナンス上の問題の有無を調べ、必要に応じて問題解決を地域の業者に依頼するといったことまで可能になるでしょう。

      70%

      のビジネス リーダーが、社員とマシン/ロボットの協調関係によって、人間による作業の限界を超えた成果が得られるだろうと歓迎しています1

       

       

      Trailblazerポッドキャスト

      VRがどのようにして教育を変え、共感の大切さ教え、命を救うことができるのかについてお聞きください(英語)

    •  

      コネクテッド モビリティーが交通/運輸を再構築します。

      自動運転によって煩わしい運転から解放され、車を動くリビング ルームに変えます。未来の車はInternet of Thingsのノマド センサーとしても機能し、道路のメンテナンスの必要性を特定したり、大気汚染や環境条件を測定したり、安全運転に必要な道路画像を取得したりします。

      50%

      のビジネス リーダーが、2030年までに自動運転で移動するようになると考えています1

       

       

       

      Luminariesポッドキャスト

      AIとIoTがどのようにして交通混雑と交通量の増加を緩和できるのかをご確認ください(英語)

    • デジタル都市から意識を持つ都市へ

      将来の都市は、コミュニティーのインクルージョンとサポートを促進するために、スマート オブジェクト、自己レポート システム、AIを活用した分析による独自のネットワーク インフラストラクチャを構築する必要があります。

      5G回線、ワイヤレス ネットワーク、Internet of Things(モノのインターネット)、機械学習の統合により、インテリジェントなデータ主導型の住民サービスが構築されます。最も効率的にリソースが活用されるだけでなく、その人たちが利用するインフラストラクチャの耐障害性が強化されます。

      68%

      の地球上の人々が、30年後に都市圏に生活するようになります2

       

      都市計画者による将来への準備に対してDell Technologiesが可能にすることの詳細(英語)

    •  

      エージェントとアルゴリズムがニーズを予測します。

      2030年までに、高度にパーソナライズされた「生活用オペレーティング システム」が私たちを個々にサポートするようになります。システムはコンテキストを認識し、プロアクティブに私たちのニーズを予測するようになります。

      人々は、個々のニーズを理解するインテリジェントなマシン ベースのエージェントを持つようになります。夕食の予約から自宅の改修まで、エージェントがWebサービス、ボット、ネットワーク接続された機器と通信します。これにより生活が便利で豊かになり、真のコネクテッド リビングが実現されます。

      76%

      のビジネス リーダーが、より多くのタスクを自動化することで、時間の使い方が大きく変わると考えています1

       

       

       

      展望記事

      自身のデータによって高度にパーソナライズされた生活が可能になる方法を見る(英語)

    •  

      ソーシャル ロボット

      研究室から工場まで、ロボットは私たちの社会におけるさまざまな側面でコラボレーターとして機能し、特定のスキルを強化し、私たちの社会的能力を向上させるために開発されています。

      将来のロボットは私たちと社会的にかかわり、相互に連携するようになります。ロボットはあるタスクを学習すると、その学習結果をロボットのソーシャル ネットワーク全体にアップロードし、情報とイノベーションをクラウドソーシングして、進歩を加速させます。

      70%

      のビジネス リーダーが、社員とマシン/ロボットの協調関係によって、人間による作業の限界を超えた成果が得られるだろうと歓迎しています1

       

       

       

      Trailblazerポッドキャスト

      ホーム ロボットがパーソナリティ、アウェアネス、モビリティーにどのように対応しているかをご確認ください(英語)

    • 2030年に私たちの生活を形成するテクノロジー。

    •  

      さまざまな場所に置かれたセンサーとIoT(Internet of Things)

      コンピューティングと新たなエネルギー源の発達により、より小さなデバイスとセンサーの分散配置が可能になり、家や都市、身体、生活にかかわる情報を取得できるようになります。

    •  

      モバイル エッジ コンピューティング

      低レイテンシーで高帯域幅のワイヤレス ネットワークにより、さらにエッジに近い場所でのコンピューティングが可能になり、処理時間を向上させ、AIは無数の接続デバイスを利用できるようになります。

    •  

      5G回線とその未来

      5G回線によって超高速のワイヤレス接続が可能になれば、ネットワークの遅延は実質的になくなります。これにより、都市と町はこれまで以上に接続されます。

    •  

      AI(人工知能)

      人工知能はさまざまなアプリケーション領域に急速に拡大し、チャットボット、自動運転車などのあらゆるものに機械学習を実装できるようになります。

    •  

      XR(クロス リアリティー)と没入型メディア

      フレキシブル スクリーンや革新的なホログラムなどの新しいディスプレイ技術をジェスチャーと触覚インターフェイスと組み合わせ、すべての感覚を刺激する今までにないメディア体験が生まれます。 

    • デジタルの未来を実現

      テクノロジーが進化し、人とマシンとの協調関係が急速に発展することで、生産性の向上とワーク ライフ バランスの改善につながります。同時に、都市はより効率的で持続可能な、住みやすい場所になります。

      この未来を実現するには、その流れを慎重に導き、データ プライバシー、データ サイロ、アルゴリズムの不統一などの主な障壁を克服する必要があります。

      コネクテッド リビングの未来には、非常に大きな成功が約束されています。データと、処理能力およびソフトウェアの飛躍的な発展がすべて集約され、テクノロジーがリードする人類の進歩の幕開けが始まろうとしています。

       

    • 関連コンテンツ

    •  

      Realizing 2030

      経済の未来

      人とマシンの協調関係と新しいテクノロジーは、2030年までの未来の経済にどのような影響を与えるでしょうか。その詳細をご覧ください。

    •  

      Realizing 2030

      未来の働き方

      2030年までに、テクノロジーおよび人とマシンの新しい協調関係が、未来の社会、変化に備える方法、働き方にどのような影響を与えるかを確認してください。


    • 1. 出典:世界40か国以上の12の産業に属す4,600人のビジネス リーダーと250を超える従業員を対象とした調査の結果(Vanson BourneとDell Technologiesが2018年に共同で実施したもの)

      2. 国際連合『世界都市人口予測 2018年改訂版』2018年12月