• REALIZING 2030

    経済の未来

    REALIZING 2030

    経済の未来

    • 摩擦のない経済は到来するか?

      テクノロジーは人類の進歩を促進します。マシンとの結びつきがますます強固で密接なものになったことで、世界中の組織に新たなオポチュニティが訪れています。

      5年以内に人とマシンがチームとして連携し、業務を行うようになると予想しているビジネス リーダーの割合は、いまや82%にも上ります1。IFTF(Institute for the Future:未来研究所)では、最先端テクノロジーが2030年までに経済に与える影響について調査しています。

      調査では、人とマシンの協調関係と最先端テクノロジーによって経済に変革が起こると考えています。長年の摩擦はなくなり、新たなビジネスによって、これまでにない価値が生まれると見ています。

    • 自動化。予測技術。一体性。

      2030年の経済への転換

      テクノロジーは商業と生産の基盤の多くに変革をもたらすだけでなく、経済活動に参加する際の障壁を取り除く効果もあります。調査によれば、世界規模での進歩を促進する変化の鍵は3つあると言います。

       

    • 自立型の取引

      利用する側としてのマシン

      ネットワークと繋がっていないツールが、利用する側へと立場を変える。このようなマシンの変化には、深い意味があります。スマートな分散型台帳技術とAIの進歩によって、人間の行う作業をマシンが肩代わりできる時代がやってくるのです。インテリジェント オブジェクトが人間と同じように、品質やコストに基づいて製品を比較し、購入を決定します。洗濯機が他のアプライアンスと通信して、温水使用の優先度を判断し、メンテナンス上の問題の有無を調べ、必要に応じて問題解決を地域の業者に依頼するといったことまで、可能になるでしょう。

      70%

      のビジネス リーダーが、従業員とマシン/ロボットの協調関係によって、人間による作業の限界を超えた成果が得られるだろうと歓迎しています2

       

       

      Otto Motors社でのロボットの導入事例を見る
      Otto Motors社でのロボットの導入事例を見る

    • 予想に基づく生産

      臨機応変にニーズに対応する

      これからは、オン デマンド生産が一般的になるでしょう。お客様からのフィードバックや予測可能性に基づいて、リアルタイムで欠点を改善点に変えることを可能にするのが、テクノロジーの力です。イノベーションが当たり前になることで、製品の生産や商品化の障壁は取り払われます。限られたリソースで生産を行い、世界中の人々に向けてマーケティングを行う。私たちはいま、「メタ制作」の誕生を目撃しようとしているのです。

      77%

      のビジネス リーダーが、お客様の需要予測に最先端テクノロジーを使用する予定だと答えています3

       

       

      Draperの画期的なエンジニアリング手法によるイノベーションを見る
      Draperの画期的なエンジニアリング手法によるイノベーションを見る

    • 次元を超える経済

      一体性を尊重する社会への転換

      最先端テクノロジーは老朽化したインフラストラクチャに新たな使い道と市場を示し、成熟度の低い経済が遅れを取り戻すのに役立てることができます。例えば分散型台帳の仕組みは、恵まれない人々の身分を証明する記録となり、公式経済に参加する機会を生み出します。一体性を尊重する新しい世界秩序をもたらすこと。最先端テクノロジーにはその可能性が秘められています。

      54%

      の新興市場では、ブロックチェーンによる取引が行われています(先進国市場の41%よりも高い割合)3

       

      テクノロジーがインドの医療に変化をもたらす事例を見る
      テクノロジーがインドの医療に変化をもたらす事例を見る
    • 未来の経済を形作る5つのテクノロジー

    •  

      5Gと6G

      5G/6G回線によって超高速のワイヤレス接続が可能になれば、ネットワークの遅延は実質的になくなります。

    •  

      IoT

      IoTを活用した精密なデータ インサイトにより、お客様の需要予測の精度が向上します。

    •  

      AI

      AIはあらゆるものの様相を一変させます。ターゲット製品の製造から高速認証、意思決定の質の向上まで、その効用は多岐にわたります。

    •  

      ブロックチェーン

      ブロックチェーンを採用することで、透過的な不変のデータ ストレージ メカニズムを実現できます。

    •  

      仮想通貨

      仮想通貨は不正利用がしづらく、即時決済が可能という特長があり、グローバル決済の新たな手段となるでしょう。

    • 摩擦のない経済への移行に向けて

      あらゆるオポチュニティには、乗り越えるべき課題が付きものです。調査は、以下のものを課題として挙げています。


      • デジタルの未来を実現

        調査によると、テクノロジーが今の経済のあり方を2030年までに一変させ、より良い姿へと変える可能性を秘めていることが明らかです。しかし、それが摩擦のない経済になるとは保証できません。より良い未来の理想像を現実にしていくには、さまざまな組織がそれぞれのデジタルの未来に向けて、今から土台を築いていく必要があります。

        今こそデジタルの未来を考えましょう