検索
    • 社員のテレワークをサポートします。

      柔軟なデジタル ワークスペース向けのソリューションとヒントについて詳細をご覧ください。

    • Dell Financial Services

      柔軟に、予測可能で、スマート。

      必要なテクノロジーを入手、保護しながらも、厳しい予算要件に対応できる支払いソリューション(金利0%の融資など)です。ぜひご確認ください。**

    •  

      信頼できるデバイス

      デバイスのコアにある信頼。

      セキュリティが組み込まれた最も安全なPC1で、BIOSからOSまで、デジタル攻撃および物理的な攻撃から保護されているという安心感を得ることができます。

    • 信頼できるインフラストラクチャ

      信頼できるインフラストラクチャ

      データ センターのコアとなるセキュリティと保護。

      Dell Technologiesの信頼できるインフラストラクチャ ソリューションは、セキュリティ機能を組み込んで基礎から設計されており、社員が目標を達成するために必要なセキュリティとパフォーマンスを提供します。2Uラック サーバー、容量に柔軟に対応できるストレージ、ターンキーHCI、データ保護など、中堅企業向けに設計されたITソリューションによって、現在でも未来でもデータが確実に保護されます。

    • 信頼できるインフラストラクチャ

      信頼できるデータ

      データは保護されたまま、人は動き続ける。

      統合データ保護と組み込み型セキュリティによって、保存データ、使用中データ、あるいはデバイスとデータ センターにわたって共有されているデータを、たとえクラウド内であっても確実に保護することができます。

  • データ保護

    • あらゆるレベルでデータを保護

      専用の安全なインフラストラクチャを使用することで、顧客データの安全性を常に確保し、社員の効率性を最大限に高めることができるため、安心感が得られます。

    デバイスのセキュリティ

    • 安全なポートフォリオは中堅企業に特化してカスタマイズされており、 包括的なセキュリティを実現し、進化し続けるテクノロジーのニーズに対応します。

    • SafeID

      SafeID

      SafeIDを備えたデル製PCでは、ユーザー資格情報を安全に保存して処理する内蔵の専用セキュリティ チップを使用して、許可されたユーザーのみが企業のデバイスにアクセスできます。

    • SafeBIOS

      SafeBIOS

      BIOS改ざん警告(オフホストBIOS検証)機能を持つSafeBIOSを備えたデル製PCでは、悪意のあるコード インジェクションと改ざんからBIOSを保護するために、PCのコアに組み込まれたセキュリティを提供します。

    • SafeGuard and Response

      SafeGuard and Response

      VMware Carbon BlackとSecureworksを活用したSafeGuard and Responseを備えたデル製PCでは、AIを利用したNGAV、EDR/MDRなどを提供することによって、システムとデータの保護を強化するための多層型のセキュリティを実現します。

    • SafeData

      SafeData

      SafeDataを備えたデル製PCでは、エンタープライズクラスのデータ暗号化をすぐに使える形で提供、ユーザーが共同作業や情報共有するときは常に、たとえクラウド上でも、データを確実に保護できるようにします。

    • エンドツーエンドのセキュリティ ソリューションの実装を成功させるためにDell Technologiesがサポートします。

  • Dell Technologiesのスペシャリストによるサポートはこちら

    中堅企業向けソリューションのスペシャリストにご連絡ください。

    • 1 2019年1月に実施されたデルの社内分析に基づきます。

      2 13インチ、14インチ、15.6インチのメインストリーム ビジネスクラス ノートPC(インテルvProをサポート)の総表面積をそれぞれ公開データを用いて比較した、デルの社内分析に基づきます(2019年2月)。

      3 Dellの社内分析に基づきます(2017年8月)。

      4 各ソリューションでは、製品の購入時、構成時、初期セットアップ時にオプションのテクノロジーと利用可能なソフトウェアの選択が必要になる場合があります。

      5 Dell EMCの社内分析は、RubrikおよびCohesity(2018年5月)の一般入手可能な競争価格を使用しています。「最小限の保護コスト」は、論理GBあたりのコストに基づきます。実際のコストは状況によって変化します。

      ** Dell Financial Services L.L.C.またはその関連会社もしくは承認者(「DFS」)が、一定条件を満たしたお客様に支払いソリューションの提供を実施します。一部の国においては、サービスを利用できない場合や内容が異なる場合があります。利用可能な地域の場合、サービスは予告なく変更される場合があり、製品の在庫状況、適用法、クレジット承認、DFSの提供ドキュメント、DFSの承認により変わることがあります。さらに最小取引規模に応じて異なる場合があります。このサービスは個人、家族、または家庭での使用には適用されません。Dell TechnologiesおよびDell Technologiesのロゴは、Dell Inc.の商標です。政府または公共機関との取引には、制限やその他の要件が適用される場合があります。ファイナンス リース:初回ファイナンス リース期間の終了時に賃借者は、1)1ドルで機器を購入するか、2)機器をDFSに返却することができます。Fair Market Value(FMV)Lease:初回FMVリース期間の終了時に賃借者は、1)従来のFMVで機器を購入するか、2)リースを更新するか、3)機器をDFSに返却することができます。フレキシブル コンサンプション:最初の期間の終了時に、お客様は、1)オリジナル期間を延長するか、2)機器をDFSに返却するかを選べます。PCaaS:最初の期間の終了時に、お客様は、1)オリジナル期間を延長するか、2)機器をDFSに返却するかを選べます。
      短期FMVリース:6か月、9か月、または12か月のFMVリースに適用されます。借り手が支払う定期リース料には、税金、手数料、出荷手数料、その他の手数料は含まれません。Dell Latitudes、OptiPlex、Precisionのワークステーションが対象となります。最小取引額1,500ドル、最大取引額50万ドルが要件となります。
      0%ファイナンス リース:24か月または36か月のDFSファイナンス リースに適用されます。このオプションのリース料率には、定期リース料以外の料金(税金、書類作成費用、出荷手数料、その他の手数料など)は含まれません。PowerEdgeサーバーとDell/EMCストレージ(データ保護、コンバージド インフラストラクチャ、HCI、ネットワーキング)に加えて、すべての関連サービスが対象となります。対象となるお客様は、オプションで最大180日間の支払い猶予を利用できます。最小取引額1,500ドル、最大取引額50万ドルが要件となります。
      3.99%ファイナンス リース(オプションで90日間の猶予):36か月または39か月(最初の3か月間は0ドルで、その後の36か月に適用)のDFSファイナンス リースに適用されます。このオプションのリース料率には、定期リース料以外の料金(税金、書類作成費用、出荷手数料)が含まれる場合があります。3年以上のDell ProSupportまたはData Securityを付けたDell OptiPlex、Latitude、Precisions、PowerEdgeサーバー、Dellストレージ(PowerVaultとCompellent)、Dell EMCストレージ、Dell EMCネットワーキング(スイッチ)が対象となります。対象となるお客様は、オプションで90日間の支払い猶予を利用できます。最小取引額1,500ドル、最大取引額50万ドルが要件となります。
      Dell.comに掲載されるものを含め、提供内容が異なる場合があります。他の割引との併用により、利用が制限される場合があります。提供内容は、米国内の対象となるビジネス エンド ユーザーに対して2020年7月31日まで有効です。Dell Business Credit:FDIC加盟機関であるWebBankから法人のお客様に提供されます。WebBankが認定資格および与信の条件を決定します。税金、発送料、およびその他の料金が追加されます。金額は状況により異なります。毎月の最小支払い額は、15ドルまたは毎月の請求書に記載されている新しい残高の3%のうち、金額の大きい方になります。DellおよびDellロゴはDell Inc.の商標です。プロモーションは期間限定で提供され、条件を満たすお客様のみが対象になります。