• 装飾

    テレワークやフリーアドレスのオフィスで大活躍! デルの「ドッキングステーション」「変換アダプター」をお勧めする理由

    ノートPCでデスクワークをする際にキーボードやマウス、ディスプレイなどを一気につなぐのは意外と骨が折れる。外出先で画面を映し出すために、複数の変換アダプターを持ち歩くと、カバンの肥やしになってしまう。
    デル・テクノロジーズのドッキングステーションや変換アダプターなら、これらの問題を解決できる。特にお勧めする製品を紹介していこう。

    • ひと言で「デスクワーク」と言っても、在宅勤務や、サテライトオフィスの利用、フリーアドレスの広がりなど、そのあり方は多様化している。柔軟な働き方により、移動コストの低減や、コミュニケーションの活性化が進む一方で、PCを使って行う作業の効率を高めるために、装備の工夫も欠かせない。

      以前なら会社や事務所の“定位置”に快適な作業場所が整っていただろう。しかし、さまざまな場所が仕事場となりうる新しい働き方では、従来のデスクワークと同じ装備では思うようなパフォーマンスは発揮できない可能性もある。

      特にノートPCを使って仕事をする場合、さまざまなケーブルをまとめて一発で接続したり、出先で使うために持ち歩くいろいろな変換コネクターを1つにまとめたりすることができれば、仕事の効率アップにつながるはずだ。それを実現する上で注目したい周辺機器が「ドッキングステーション」である。

      デル・テクノロジーズは、1997年に初の機械式ドッキングソリューション「Cシリーズ」を開発して以来、さまざまなニーズに応えるドッキングステーションを多数世に送り出してきた。2016年には、業界に先駆けて「Thunderbolt 3」や「USB Type-C」に対応するドッキングステーションも発売している。現在も、非常に幅広いドッキングステーションや変換アダプターを展開中だ。

      今回は、デル・テクノロジーズが展開する最新のラインアップから、法人はもちろん個人でも使いやすい3台をピックアップして紹介する。

       

      今回取り上げるデル・テクノロジーズのドッキングステーションと変換アダプター。左からユニバーサルドック「D6000」、モバイルアダプタースピーカーフォン「MH3021P」、USB-Cモバイルアダプター「DA300」
    • 幅広いPCに対応するユニバーサルドック「D6000」

      ノートPCをオフィスや自宅のデスクで使う場合、より快適な作業をするためにマウスやキーボード、ディスプレイケーブル、有線LANケーブル、電源ケーブルなどの周辺機器をつなぐことが多いと思う。しかし、これらのケーブルを1つずつ付けたり外したりするのは意外と面倒な作業である。

      こんな不便を解消してくれるドッキングステーションが「D6000」だ。昨今のUSBドッキングステーションは、USB Type-C端子につなぐものが多い。もちろんD6000もUSB Type-C接続に対応しているが、加えてUSB Type-A接続にも対応する。USB Type-C端子を備えない、少し古めのPCでも活用できることが魅力だ。

       

      デル・テクノロジーズのユニバーサルドック「D6000」。正面にはイヤフォン/マイクコンボジャック、USB 3.0 Type-A端子×2、USB Type-C端子を備える

       

      背面には電源入力端子、HDMI出力端子、DisplayPort出力端子×2、有線LAN(1000BASE-T)端子、USB 3.0 Type-A端子×2と音声出力を備える

       

      USB Type-C端子を備えるPCと接続する場合は、ケーブルに備え付けられた変換コネクターを取り外して接続する。接続先のPCがUSB Power Delivery(USB PD)による電源入力に対応している場合は、D6000に付属のACアダプターをつないでおけば電源の供給も可能だ(最大65W)。

       

      USB Type-A端子に接続する場合は、ケーブルに備え付けられた変換コネクターにUSB Type-Cコネクターを差し込んでから、PCに差し込む(写真=左)。USB Type-C端子に接続する場合は、変換コネクターからUSB Type-Cコネクターを外してPCに差し込む(写真=右)

       

      USB PDに対応するノートPCに接続する場合は、付属のACアダプターをつなげば電源の接続もまとめられる

       

      企業や家庭を問わず、昨今では外部モニターを接続したマルチディスプレイ環境の構築が普及している。特に、12~15型程度の画面サイズではビジネスシーンの作業には不十分なこともある。ドッキングステーションを介して複数のディスプレイに映像を出力して、画面を拡張できるのは心強い。

      D6000では、最大3台の4Kディスプレイ、または1台の5Kディスプレイに映像を出力できる(※1)。「DisplayPortに対応するUSB Type-C端子やThunderbolt 3端子を備えないノートPCでないと、映像出力できないのでは?」と思う人もいるかもしれないが、D6000では「DisplayLink」テクノロジーを採用することでUSB 3.0以上のUSB端子を備えていれば映像出力できる。事前にディスプレイドライバーをインストールしておく必要はあるが、USB端子さえ備えていれば簡単にディスプレイを拡張できる

      (※1)4Kディスプレイ(3840×2160ピクセル)を3台つなぐ場合は、3画面目のリフレッシュレートは30Hzに制限されます。また、USB 3.0端子につないだ場合は、つなげる4Kディスプレイが2台までとなります

       

      D6000を使えばさまざまな接続をひとまとめにできる。写真の34型ウルトラワイド曲面ディスプレイ「P3421W」(デル・テクノロジーズ)のような大画面ディスプレイにも、スッキリとつなげられる

       

      企業や団体で運用する観点に立つと、有線LAN端子が「MACアドレスパススルー」をサポートすることもポイントだ。

      一部の企業や団体のネットワークでは、接続の可否を有線LANチップ固有の「MACアドレス」で判断している場合がある。一般的な有線LANポート付きのUSBドッキングステーションでは、PC本体とは異なるMACアドレスを備えるため、ドッキングステーション側にLANケーブルをつないでも接続できない。

      しかし、本体側のMACアドレスを使って通信できるD6000なら、このような問題は起こらない。ただし、MACアドレスパススルーは、PC本体側でも対応が必要なので、導入する前に利用できるかどうか確認するようにしたい。

      BYODを取り入れて社員の個人ノートPCを使うことを認めている企業や団体でも、D6000なら幅広い環境に対応できて導入しやすいはずだ。

       

      右側面にはセキュリティロックホールを備えているため、フリーアドレスのデスクに据え置く用途にも向いている
    • Web会議にもピッタリなスピーカーフォン「MH3021P」

      続いて、仕事中の“サウンド”に注目してみよう。

      自宅やオフィスからWeb会議を行う際に、音にまつわる課題は意外と多い。挙げたらキリがない、という人もいるだろう。

      特にノートPCだけを使ってWeb会議をする場合は、円滑なコミュニケーションに支障をきたすトラブルの発生確率は高い。例えば、内蔵スピーカーは位置や設計次第で音がこもって聞き取りづらいことがある。内蔵マイクに関しても、キーを打ち込む音が大きく入ることがよくある。複数人で同じ場所からWeb会議をする場合にも、位置関係次第で一部の人の声が伝わりづらくなったりしがちだ。

      「ヘッドセットを使えばいい」と思うかもしれないが、会議の頻度が多かったり、1つの会議の時間が長かったりすると、耳に疲労がたまってしまう。「テレワークの普及で外耳道炎や外耳道真菌症が増えた」という話は、どこかで聞いたこともあるだろう。

      自宅からWeb会議に参加する場合には、宅配便や郵便物の受け取りなど、急な来客も珍しくない。素早くミュートに切り替えたくても、Web会議アプリのUIではスムーズに操作できなかった、ということもありがちだ。

      こうした課題をまとめて解決できるのが、デル・テクノロジーズのモバイルアダプタースピーカーフォン「MH3021P」だ。この製品はWeb会議で便利なスピーカーマイクとUSB Type-C変換アダプターを一体化した“アイデア商品”である。

       

      モバイルアダプタースピーカーフォン「MH3021P」

       

      まず、MH3021PはPCに接続して使う「スピーカーフォン」である。PCとの接続は、USB Type-Cケーブルを使って行う。

      MH3021Pのスピーカーは上面にあるため、位置による聞き取りづらさを解消できる。加えて、マイクは全指向性のものを備えているため、会議室に複数人が集まって行う会議にも便利に使える。

      さらに、Web会議アプリで利用できる各種操作ボタンも備えている。マイクミュートのオン/オフをワンタッチで切り替えたり、音量の上げ下げをしたりすることはもちろん、「Zoom」「Skype for Business」なら着信と終話もボタン操作で行える。スピーカーの音量を見やすいLEDで分かりやすく表示してくれるのも、うれしいポイントだ。

      とりわけ、Zoomアプリでは公式認証を取得していることから、安心して使えるだろう。

       

      スピーカーや各種操作ボタンは本体の上面に設置されている。ボタンはタッチセンサー式だ

       

      本体上部にはLEDが仕込まれており、スピーカーのボリュームなどを確認できる

       

      PCとの接続に使うUSB Type-Cケーブルは本体に直付けされている

       

      使わないときは、ケーブルを底面にしまうことができる。この底面はラバー素材で、机上に置いた際の安定感はバッチリだ

       

      そしてMH3021PはUSB Type-C変換アダプターとしても利用できる。ポート類はUSB 3.1 Type-A端子×2、USB 3.1 Type-C端子とHDMI出力を備えている。

      USB 3.1 Type-C端子はUSB PDによる電源入力にも対応しており、USB PD対応ノートPCへのパススルー給電も可能だ(※2)。さらに、USB 3.1 Type-C端子はDisplayPort Alternate Modeのパススルーにも対応している。

      インタフェース類が少ないノートPCで運用する場合も、便利に使えることは魅力といえる。

      (※2)USB PD電源を接続した場合、MH3021P自身で15Wを消費します。PC側が必要とする電力量より15W多い電源を用意してください

       

      側面にはUSB 3.1 Type-A端子×2が並ぶ

       

      HDMI出力端子とUSB 3.1 Type-C端子(USB PD/DisplayPort Alternate Mode対応)を備える。両端子の横にあるスリットは、全指向性マイクのものだ

       

      MH3021Pのサイズは119(直径)×32(厚さ)mm、重量は約216gと、持ち運びやすい。持ち運び用のポーチも付属している。

      Web会議用に複数の会議室で共用したり、自宅でより高品質なWeb会議をするために持ち帰ったり……という使い方もできる。

       

      このようにMH3021Pをデスクに据え置いて使うのもいいが……

       

      ポーチに入れて職場内、職場と自宅の往復で持ち運ぶのも“アリ”だ
    • カバンに入れて持ち運びやすい! コンパクトな「DA300」

      最近は、USB Type-C端子やThunderbolt 3端子しか備えないノートPCも増えている。しかし、ビジネスシーンでは訪問先の企業での急なプレゼンテーションや、サテライトオフィス、出張先のホテルなど、USB Type-C以外の外部機器との接続が求められることはどうしてもある。

      こうした事態に備え、最低限の拡張性を確保しておくためには、コンパクトで持ち運びやすいモバイル変換アダプターがあると便利だ。デル・テクノロジーズでは、このジャンルでもUSB-Cモバイルアダプタ「DA300」を用意している。

       

      USB-Cモバイルアダプタ「DA300」

       

      映像出力は、HDMI端子に加えてDisplayPort端子や、D-Sub(アナログRGB)端子も備えている。HDMI出力端子とDisplayPort出力端子は4K(3840×2160ピクセル)出力も多い。

      D-Sub端子を備えるディスプレイやプロジェクターは徐々に減ってきた印象もあるが、企業や団体のオフィスにはまだまだ多い。一方で、4K対応の映像機器をそろえる会議室やホールも増加傾向にある。新旧どちらの環境にも1台で対応できるのはありがたい。

       

      コンパクトながら、映像出力はHDMI、D-Sub、DisplayPortと充実している

       

      その他にも、有線LAN端子、USB 3.1 Type-C端子やUSB 3.1 Type-A端子も備えている。対応するPCと接続すれば、有線LAN端子におけるMACアドレスパススルー、有線LAN経由でOSを起動する「PXEブート」やサーバからの指示でリモートで電源を投入する「Wake On LAN」も利用可能だ。

      DA300は、コンパクトながらも使い勝手がよい。ボディーは約6.98(直径)×2.45(高さ)cmとコンパクトなので、バッグに“常備”するアダプターとしてはもちろん、スペースに余裕のないデスクに“常置”するドッキングステーションのような活用方法も有用だ。いろいろなシーンで活躍するだろう。

       

      映像出力の反対側に、有線LAN端子、USB 3.1 Type-C端子とUSB Type-A端子を備える

       

      コンパクトさを生かして、スペースの限られた机に据え置いて使うのもアリだ
    • Thunderbolt 3対応PCなら「WDシリーズ」も

      Thunderbolt 3(またはThunderbolt 4)ポートは、USB Type-Cよりも高速に通信できる。これを生かして、複数枚のディスプレイに対する映像出力や、より多数のUSB端子を備える「Thunderbolt 3対応ドッキングステーション」も増えてきた。

      デル・テクノロジーズが提供する製品では、アップグレードできるドッキングステーション「WDシリーズ」がThunderbolt 3に対応する。

       

      Thunderbolt 3に対応する「WD19TB」

       

      WDシリーズには、USB 3.1 Type-C対応の「WD19 180W」(180W ACアダプター付属)、USB Type-Cケーブルを2つ連ねてUSB PDの給電上限を超える最大210Wの電源供給に対応する「WD19DC」(240W ACアダプター付属)など複数のモデルが用意されている。ケーブルを含むモジュールを取り換えることでアップグレードできることが特徴で、WD19 180WやWD19DCなら別売の「Thunderbolt Dockモジュール WD19TB」を購入して取り換えれば、Thunderbolt 3ドッキングステーションに“変身”する。

      もちろん、始めからThunderbolt 3に対応するモジュールが付属するドッキングステーション「WD19TB」も用意されている。使っているPC環境に合わせて、ドッキングステーション全体を買い換えずに機能を増強できることは大きな魅力だ。

       

      WDシリーズはモジュールを取り換えることで伝送規格のアップグレードを行えることが魅力
    • 用途で選べるデル・テクノロジーズのドッキングステーションと変換アダプター

      ひと言で「ドッキングステーション」「変換アダプター」とくくっても、用途に合わせてさまざまなものがある。

      この記事でも取り上げた通り、特に、デル・テクノロジーズが提供するドッキングステーションと変換アダプターは、ラインアップが幅広く、ニーズに応じて必要なものを選びやすいことが何よりの魅力だ。個人のドッキングステーション(アダプター)選びでは見落としがちなMACアドレスパススルーなど、ビジネス用途で重要となる機能をしっかり押さえていることも、法人向け製品に強い同社ならではである。

      基本的なドッキングステーションとして使いやすいD6000だけではなく、スピーカーフォン機能を備えるMH3021、持ち運びにも最適なDA300など、法人・個人を問わず、身近な課題を解消できる最適な製品を検討してほしい。

       

      直販サイトでの価格はD6000(左)が2万6800円(税抜、以下同)、MH3021P(中央)が2万1600円、DA300(右)が1万1400円となる
    • この記事は ITmedia PC USER (https://www.itmedia.co.jp/pcuser/)に2020年12月に掲載されたコンテンツを転載したものです。https://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/2012/10/news002.html