• 装飾

    残念な「在宅勤務」の生産性向上策

    なぜ自宅だと業務効率が上がらないのか?オフィスと同等の環境はこう作る

    • 「意外と生産性が上がらない」「むしろ生産性が低下している」と感じるのはなぜか

      新型コロナウイルスの感染拡大防止策の一環として、急速な広がりを見せている在宅テレワーク。必ずしもすべての業種で在宅勤務が可能だというわけではないが、テレワーク可能と判断した企業の中には今回のコロナ禍が収束した後も、テレワークを継続したいという意向を持つところが少なくない。パンデミックが働き方そのものを大きく変革する起爆剤となったわけだ。

      在宅勤務はメリットも大きい。従業員はラッシュアワーに揉まれることなく仕事を始めることができ、ウイルスへの感染を防止できるのはもちろんのこと、通勤に費やされてきた無駄な時間を削減できる。また企業側もオフィスコストなどを削減でき、生産性向上にも期待がかかる。

      しかし、実際に在宅勤務へとシフトした人の中には、「意外と生産性が上がらない」「むしろ生産性が低下している」と感じているケースも少なくないようだ。その背景としては各家庭が抱える個別の事情もあるが、共通している要因も存在する。それは在宅勤務で使っている端末環境が、それまでオフィスで使っていたものに比べ、大きく見劣りしているという点である。

      在宅勤務で使用されている端末の多くはノートPCだ。その中には会社から支給されたものもあれば、自宅で使っているものをそのまま流用するケースもあるだろう。ここで問題になるのはこれらのノートPCの画面が、オフィスに導入されているデスクトップPCに比べ、かなり小さいということだ。画面が小さければ表示できる情報も限られてくる。Web会議をしながら資料を閲覧し、さらに検索も行うといったことは、決して簡単ではないはずだ。

      またデスクトップPCに比べて拡張性に乏しいことも、ノートPCの大きな弱点だといえる。USBマウスやポータブルSSDを接続したら、それ以上周辺機器が接続できないという製品も多い。

      在宅勤務をこれからも継続していくには、このような「生産性低下の要因」を今のうちに解消しておくべきだ。それでは具体的に、どのようなアプローチが合理的なのだろうか。

    • わずか数万円の投資で平均21%の生産性を上げる方法とは

      いかに在宅勤務の生産性を向上させるか。その有効なアプローチの1つが「ドッキングステーション」の活用だ。ドッキングステーションとはノートPCのUSBポートなどに接続し、複数の外部ディスプレイやUSBポートなどを利用可能にする、拡張性を高めるための周辺機器。これなら2~3万程度の投資で大きく生産性を向上させることができるという。

      「特に開発やクリエイティブワークを行っている人にとって、マルチディスプレイ化によるデスクトップの拡大は、生産性向上に大きく寄与します。これは複数の資料やExcelシートを参照する必要がある管理職も同様だと思います」と語るのは、 デルでジャパン カントリー プロダクトラインマネージャーを務め、自身も在宅勤務中だという染羽 英夫氏だ。

      デル株式会社
      クライアント・ソリューションズ統括本部
      APJクライアント周辺機器CoC
      ジャパン カントリー プロダクトラインマネージャー
      染羽 英夫 氏

      デルも20年以上前からドッキングステーションを提供しているが、海外諸国では主要都市のロックダウンが本格化した2020年4月から、その販売数が急増しているという。「会社が購入して支給するケースもありますが、ノートPCの不自由さに満足できず、従業員が自腹を切って購入するケースも少なくありません。日本国内でも最近では、需要が増えています」(染羽氏)。

      こうした製品群の1つが、「Dell Universal Dock D6000」(以下、D6000)だ。これはノートPCとUSBケーブルで接続することで、最大3台の4Kディスプレイまたは1台の5Kディスプレイと接続でき、USB 3.0ポート×4とUSB-Cポート×1、オーディオ/ヘッドセットコンボジャック、ギガビット・イーサネットポートを追加できる。ディスプレイ接続には「DisplayLink」圧縮技術を採用。PCとの接続はUSB-CとUSB 3.0(USB-A)の両方に対応しているため、幅広い世代のPCに対応できるという特長がある。なおUSB-Cで接続した場合には、ノートPCに最大65Wの給電が可能だ。

    • 「Dell Universal Dock D6000」

      [画像のクリックで拡大表示]
      ノートPCとUSBケーブル1本で接続することで、最大3台の4Kディスプレイと接続できるようになる。PCとの接続ポートとしてはUSB-CとUSB 3.0(USB-A)の両方に対応しているため、幅広い世代のPCと接続可能だ

       

      「デュアルディスプレイにすることで、生産性が平均21%向上するという調査結果もあります。またWi-Fiではなく有線LANで自宅のルーターと接続すれば、より高速かつ安定的な通信も実現できます」と染羽氏は説明する。

    • ドッキングステーションの可能性をさらに拡大したWD19シリーズ

      D6000はデルのドッキングステーションの定番として知られており、既にロングセラーとなっている。前述のように幅広い世代のPCに対応できるため、最初に導入するには手堅い選択肢だといえるだろう。その一方で現在では、その次世代製品となるモデルもリリースされている。それが「Dell Dock WD19シリーズ」(以下、WD19シリーズ)だ。

       

      「Dell Dock WD19シリーズ」のラインアップ

      [画像のクリックで拡大表示]
      D6000と同様に外部ディスプレイ接続やポート拡張が可能な上、「Dell ExpressCharge」による高速充電にも対応している
    • 「WD19シリーズには大きく3種類の製品ラインアップがあります」と説明するのは、デルでフィールドマーケティングマネージャーを務める嘉山 よし子氏。まず基本となるのは、シリーズ名そのままの「WD19」だという。

      デル株式会社
      クライアント・ソリューションズ統括本部
      クライアント製品マーケティング本部
      フィールドマーケティングマネージャー
      嘉山 よし子 氏

      これはUSB-C1本でノートPCと接続することで、4Kディスプレイであれば1台、FHDディスプレイ(1920×1080画素)であれば2台と接続可能。FHD×1台とHD(1280×720画素)×2台という組み合わせにも対応している。なおこれはDisplayPort1.2の場合だが、DisplayPort1.4の場合にはQHD(2560×1440画素)×2台、FHD×3台の接続も可能だ。またUSB-Cポート×1とUSB-Aポート×3、ギガビット・イーサネットポート×1も装備。接続PCへの充電にも対応しており、「Dell ExpressCharge」に対応したPCであれば、最大130Wの給電を行えるという。

      「在宅勤務でずっと自分のデスクの前にいると、気分転換が難しいという問題があるかと思います。そのため単純作業を行うときには、リビングやダイニング、ベランダなどにノートPCを持ち出して使いたいと思うことも多いのではないでしょうか。その場合に気になるのがバッテリーの残量ですが、Dell ExpressChargeなら残り少なくなっても1時間で80%まで充電されます。WD19との接続や切り離しも簡単なので、作業スタイルの自由度が高まるのです」(嘉山氏)

    • 持ち運びたいのであれば「モバイルアダプター」という選択も

      WD19にはこのほかに「WD19TB」と「WD19DC」という2つのラインアップがある。

      WD19TBはPCとの接続方法として、Thunderbolt 3にも対応した製品。より高速なデータ転送が可能になっており、4Kであれば2台、QHDやFHDであれば3台と接続できる。この製品で特に注目したいのは、WD19に拡張モジュラーをドッキングさせることで、WD19TBになるということだ。つまり既にWD19を導入していた場合には、拡張モジュラーだけを追加購入することで、WD19TBにアップグレード変更できるのである。

      WD19DCはPCとの接続に、USB-C×2本が利用できるモデル。特定のBIOSグラフィックス専用モード、対応しているDell Precision 7000 シリーズのワークステーションなどの組み合わせによって、4Kであれば最大3台、QHDあるいはFHDであれば最大4台との接続が可能だ。3次元CADでの設計や映像制作などのため、モバイルワークステーションを使用しているユーザーに適したモデルだといえる。ドックに接続する2本のUSBケーブルはマグネットでつながっており、簡単に切り離すことが可能。機能的にはWD19と同等になるが、シングル USB-CノートPCとの接続も可能だ。なお、このモデルもWD19を既に導入していた場合、拡張モジュラーだけを追加購入することで、WD19DCにアップグレード変更できる形になっている。これによって電源も拡張され、最大210Wの給電が可能だ。

      「このようなドッキングステーションを導入することで、現在お使いのノートPCをそのまま使用しながら生産性を高めることができる上、Thunderbolt 3などに対応したノートPCに買い替えた場合でも拡張性に備える事ができます」と染羽氏は話す。今後は日本でも、ドッキングステーションを中心に在宅勤務環境を整備するのが当たり前になっていくと予想する。

      さらに「外出自粛が緩和されれば、このような拡張機能を持ち歩きたいというニーズも増えていくはずです」と嘉山氏は指摘する。こうしたニーズに対応する製品として、デルは「Dell USB-C モバイルアダプター DA300」(以下、DA300)を用意しているという。

    • 「Dell USB-CモバイルアダプターDA300」

      [画像のクリックで拡大表示]
      6つの拡張機能をコンパクトにまとめたモバイルアダプター。固定的な利用ではドッキングステーション、持ち歩くのはDA300と使い分けることで、常に高い生産性を維持しやすくなる

       

      これは3種類のディスプレイへの出力と、USB-C、USB-A、イーサネットの6つの機能をコンパクトにまとめた変換アダプター。自宅で固定的に利用する場合にはドッキングステーション、外出先での拡張性確保にはDA300と使い分けることで、常に高い生産性を維持しやすくなると語る。

      ここまで述べてきたように、在宅勤務の生産性は意外と簡単に高めることができる。出費もPCを買い替えるのに比べれば、はるかに少額で済んでしまう。その能力をまずは体感してみてはいかがだろうか。

    • 日経BP社の許可により、2020年6月1日~ 2020年8月30日掲載 の 日経 xTECH Active Special を再構成したものです。

  • ご不明な点は
    お気軽にお問合せください
    専門的なアドバイスの提供から複雑な問題の解決まで、お客様を確実にサポートします。