• 装飾

    迅速な環境整備で在宅勤務を実現

    「急なテレワーク導入」でも悩まない、セキュアなVDIを手軽に構築する方法

    感染症対策をきっかけに、テレワークの導入が企業の課題として急浮上している。セキュリティ面を考慮しVDI(仮想デスクトップ基盤)の構築を検討するものの、予算や人員不足で導入が現実的ではない企業はどうすればよいのか。

    • テレワーク環境をシンプルかつ迅速に確立するには

       働き方改革、事業継続計画(BCP)、感染症対策としてさまざまな企業がVDIを採用している。VDIはデスクトップ環境をサーバで稼働させ、エンドユーザーが利用する端末にサーバから転送された画面データを表示する。端末にはデータを残さないため、端末の盗難・紛失による情報漏えいの可能性を最小限に抑えることができる。

      アセンテックの植田 誠氏

       セキュアなテレワーク環境を実現するための手段として、VDIは大企業を中心に導入が進んでいる。一方で、中堅・中小企業にとってVDIは決して身近な仕組みとは言えない。「実際に導入まで踏み出す企業はまだまだ少ないのが実情です」。これまで多くの企業にVDIソリューションを提供してきたアセンテックの植田 誠氏(第一技術本部第三システムサービス部 シニアシステムエンジニア)はそう語る。

       「VDIの構築には、スペックの高いハードウェアと高機能なソフトウェアを導入する必要があり、少なくないコストがかかるのがネックです。導入後も、高機能なソフトウェアを使いこなしてシステムを安定的に運用するには高度なスキルが必要になります」(植田氏)

       潤沢なIT予算や高度なスキルを持つIT人材を確保できず、VDI導入にハードルを感じる企業のために、アセンテックは解決策を提供している。それが、同社が独自に開発するVDI製品「リモートPCアレイ」と、デルが提供するシンクライアント端末「Dell Wyseシンクライアント」シリーズを組み合わせた提案だ。

      デルの宮田正樹氏

       デルの宮田正樹氏(クライアント・ソリューションズ統括本部ビジネスディベロップメント事業部 セールスエンジニア)によると、リモートPCアレイとDell Wyseシンクライアントを組み合わせることで、「これまでにない価値」をユーザー企業に提供できるという。

       シンクライアントは端末にデータを残さないため、セキュアなテレワーク環境を構築するのに適している。「ただしサーバ用のVDIソフトウェアを導入するコストや運用スキルを確保できない企業にとって、VDI導入のハードルは極めて高いのが実情でした。その点、リモートPCアレイはそうした課題をクリアし、シンクライアントの価値を手軽に引き出すことができる製品だと言えます」(同氏)

    • テレワークにぴったりの「モバイルかつセキュア」なシンクライアント端末

       デルはテレワークに適したシンクライアント端末として「Dell Wyse 5470モバイル シン クライアント」(以下、Wyse 5470MTC)を推奨している。同社はWyseブランドでノート型、デスクトップ型、ディスプレイ一体型などさまざまな形態のシンクライアント端末を提供している。ラインアップの一つであるWyse 5470MTCは、フルHD14型ディスプレイを備えたノート型シンクライアント端末だ(写真)。

       

      写真 Dell Wyse 5470モバイル シン クライアント(出典:デル)
    •  Wyse 5470MTCが他社製品と大きく異なる点として、宮田氏は「独自開発の『Wyse ThinOS』を搭載できること」を挙げる。Dell WyseシンクライアントはOSとして「Linux」ベースの「Wyse ThinLinux」、「Windows 10」ベースの「Windows 10 IoT Enterprise」も選択可能だが、一番の推奨はDellがフルスクラッチで開発するWyse ThinOSであるという。「Wyse ThinOSは他2つのOSと比べて圧倒的にファームウェアのファイルサイズが小さいため、起動が速くネットワークを介した更新時にもトラフィックに負荷を掛けません」と同氏は説明する。

       セキュリティ面でもWyse ThinOSは20年の長きにわたる安定した実績を持つ。「LinuxやWindowsをベースに開発されたOSとは異なり、シンクライアント用途に特化して開発したOSなのでAPIを公開していません。そのためセキュリティ強度が高く、これまでセキュリティ侵害の報告もありません」(宮田氏)

       端末を社外に持ち出す際に課題となるのが端末管理だが、Dell Wyseシンクライアントは、SaaS型専用管理ツール「Wyse Management Suite」(WMS)で効率的に管理可能だ。これも非常に特異な点だが、インターネット経由で各端末に直接接続して管理タスクを実行できるため、社内LAN外に端末を持ち出すテレワークと非常に親和性が高い。ファームウェアの軽量さも相まって、インターネットを介したOSの配布、設定、更新といったタスクをストレスなく実行できる点も、テレワークの運用に適している。なおWMSから配信される通信内容は全てHTTPSで暗号化される。WMSはオンプレミス版も提供されているため、ポリシー的にSaaSの導入が困難な場合でも利用可能だ。

    • PC運用のノウハウだけで簡単に導入、運用できるVDI

       アセンテックが提供するリモートPCアレイは、従来のVDIとは異なる発想に基づいて開発された製品だ。一般的なVDIは、専用の仮想化ソフトウェアを用い、単一の物理サーバのリソースを論理的に複数のデスクトップ環境に分割する。一方リモートPCアレイは、PCのハードウェアリソースを小型の「物理PCカートリッジ」に全て収め、サーバ筐体の中に複数搭載した形で提供する(図)。つまりソフトウェアによって論理的にデスクトップ環境を作り出すのではなく、物理的に独立したPCを小型化した上で、複数束ねるという構造だ。エンドユーザーはシンクライアント端末を通じて、自身に割り振られた物理PCカートリッジのデスクトップ環境にリモートアクセスする。

       

      図 リモートPCアレイの概要
    •  リモートPCアレイには、1U(ユニット)の筐体に20台の物理PCカートリッジを搭載できる「リモートPCアレイ100」、30台を搭載できる「リモートPCアレイ200」、ロボティックプロセスオートメーション(RPA)の動作環境として5台のカートリッジをデスクトップ型筐体に搭載できる「リモートPCアレイ50」のラインアップがある。

       こうしたアーキテクチャがもたらすメリットを植田氏は次のように説明する。「VDIソフトウェアを利用せずハードウェアを小型化して並べているシンプルな構造なので、高度な運用スキルがなくても、基本的なPC運用のノウハウさえあれば十分利用できます。高額なVDIソフトウェアが不要なため、導入コストも抑えられます」

       故障率を抑えられることもリモートPCアレイの大きなポイントだ。物理PCカートリッジ7700台分の環境を導入、運用しているセコムグループの事例では、3年半の利用における平均月間故障率は0.05%以下だったという。

       「万が一故障やトラブルに見舞われた場合も、一般的なVDIと比べて対処が容易です。VDIソフトウェアが介在せず、個々のデスクトップ環境が物理的に完全に独立しているため、問題の原因を簡単に切り分けられます」と植田氏は述べる。物理PCカートリッジに故障が生じても、他の物理PCカートリッジを動かし続けたまま、該当カートリッジのみを交換すればよい。VDIより「シンプルかつ安定的に運用」可能な点がリモートPCアレイ最大の特徴だ。

    • デルとアセンテックの密接なパートナーシップを通じた万全のサポート

       Dell Wyseシンクライアントは、かつてWyse Technologyが開発、提供していた製品だ。Dellが2012年にWyse Technologyを買収後、Dellブランドの製品として提供している。アセンテックはDellによる買収前からWyseシンクライアントを取り扱っており、国内屈指のノウハウを有する。そんなアセンテックが、Dell Wyseシンクライアントの提供元であるデルとパートナーシップを結んでリモートPCアレイと組み合わせて提案することは、「ユーザー企業にとって非常に価値が高い」(植田氏)という。「弊社が有しているDell Wyseシンクライアントのノウハウをデルの製品サポートの方々と共有するなどの密接な連携を通じ、お客さまのサポートに当たっています」と植田氏は説明する。

       「Dell Wyseシンクライアントと組み合わせてテレワーク環境を迅速に立ち上げるための基盤製品として、リモートPCアレイは従来のVDIより幅広いユーザー企業に受け入れられ、スモールスタートしやすい製品です」。宮田氏はそう語り、アセンテックに信頼を寄せる。

       宮田氏によれば、従来のVDIや、近年勢いを見せるクラウド型の仮想デスクトップサービス「DaaS」(Desktop as a Service)は、「小さな規模から始めるスモールスタートには向いていない面もある」という。だがリモートPCアレイなら、20~30台の物理PCカートリッジを搭載したサーバを少しずつ増設することで小規模からのスケールアップが可能だ。「リモートPCアレイとDell Wyseシンクライアントの組み合わせは、感染症対策などで急いでテレワーク環境を整備しなければならない中堅・中小企業にとって、リーズナブルに高い価値を提供できると自負しています」(同氏)

    • この記事は TechTarget Japan (http://techtarget.itmedia.co.jp)に2020年4月に掲載されたコンテンツを転載したものです。https://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/2004/13/news02.html

  • ご不明な点は
    お気軽にお問合せください
    専門的なアドバイスの提供から複雑な問題の解決まで、お客様を確実にサポートします。