• 装飾

    なぜ残業が減らないのか? フィールドワーカーの働き方改革が進まない理由

    • 働き方改革から取り残されるフィールドワーカー

      「働き方改革」への取り組みが、ここ数年多くの日本企業で進められている。しかし、このような改革から取り残されている職種もある。それがフィールドワーカーだ。

       フィールドワーカーとは、営業担当者をはじめ、医療・建設現場、設備点検・保守担当、工場、店舗、飲食サービスなど、オフィス外の環境で働く職種を指す。現場業務の主体となるフィールドワーカーの働き方変革は、今後の企業の生産性向上に結び付くといえるだろう。

       例えば、日本が得意とするモノづくりの現場である製造業では、IoTによって機械などのIT化が進められようとしている。しかし、それを扱う人がそれらのデータを事務所に戻って共用PCで見なければならない状態では、効率化の効果は限定されてしまう。効率を極限まで高めるには、製造ラインの現場でスマートフォンやタブレットなどを使い、その場で分析できるようにすれば生産性は大きく上がる。PCでは持ち運びにくく、起動が遅くて使えないような現場では、モバイルデバイスを活用すればいい。

       しかし、ここで大きな課題に直面することになる。それは、フィールドワーカーの業務現場は、PCやモバイルデバイスにとって「過酷な環境」であることが少なくないということだ。

       例えば工事現場では、埃まみれになりやすく、寒暖の差も激しい。屋内の現場でも、作業用の机を確保することが難しく、立って作業しなければならないことも多い。また、作業のために手袋をしなければならず、キーボード入力やタッチ操作が行えないケースもある。ついうっかり落としてしまい、端末を壊してしまうリスクも高い。

       もちろん、このような環境での利用を想定した「専用PC」も存在する。しかし一般的なPCに比べてかなり価格が高く、大量導入に二の足を踏んでしまうケースが多い。その結果、一部のユーザーにしか端末が行き渡らず、働き方改革を阻害する要因になっているわけだ。

       だが最近では、この問題を解決することも可能になっている。その具体的な解を、次ページから紹介していこう。

    • 軽くて持ちやすい2-in-1 PC、堅牢性も多様なテストで検証

      フィールドワーカーの働き方改革を推進する方法として、有力な解になるのが、持ち運びがしやすく堅牢な端末を選択することである。注目されている端末のその1つが、2019年4月にデルがリリースした「Latitude 7200 2-in-1」だ。

    • 軽いため持ち運びしやすい上、堅牢性も高い。価格帯も一般的な2-in-1 PCと同程度なので、導入も容易だ
    • これはキーボード(オプション)が脱着でき、タブレットとしても利用できるモバイルPC。12.3インチの画面サイズを確保しながらも、本体重量はわずか851g(2セルバッテリー搭載時)しかない。心臓部となるCPUには、第 8 世代 Intel® Whiskey Lake (クアッドコア)プロセッサーを採用。メモリも最大16GB搭載でき、高いパフォーマンスを発揮する。デルは2年連続で「日経コンピュータ満足度調査 ノートPC部門」で第1位となっているが、そのデルがユーザーニーズのフィードバックを重ねて作りだした製品なのだという。

    • デル株式会社
      クライアント・ソリューションズ統括本部
      クライアント製品マーケティング本部
      フィールド・マーケティング・マネージャー
      飯塚 祐一氏

      「Latitude 7200 2-in-1にはいくつかの特徴がありますが、その中でも特に重要なのが、業界最先端の信頼テストを行っていることです」と語るのは、デルの飯塚 祐一氏だ。一般的には商品開発段階でのテストを外注することが多い。しかし、デルではすべて自社で行っている。例えば信頼性試験。机から落とす、キーボードにドリンクをこぼすなど。ユーザーがどのように使うかを想定して、社内のラボで徹底的にテストをするという。その結果、Latitude 7200 2-in-1は、タブレットでありながら、MIL-STDの13項目のテストにパスし、高い堅牢性を確保している。

      本体に加え、取り外し可能なキーボードも、素材にアルミニウムを採用することで高い剛性を実現。液体をこぼしても大丈夫なように、表面のコーティングも行われている。キーピッチは標準的なサイズとなっており、キーストロークも1.3mmあるため、入力操作も快適だ。また本体右側には、スタイラスペン用のマグネットも搭載。タブレットとして使用する場合でも、ペンをなくしにくい。

    • 「持ち運びしやすく堅牢性も高いので、フィールドワークでも使いやすいはずです。また、価格も一般的な2-in-1 PCと変わらないので、導入も容易でしょう。さらに専用ケースも用意されており、これを組み合わせることでさらに堅牢性を高めることができます」(飯塚氏)

    • SIMカードも利用可能、リモートからの集中管理も容易

      Latitude 7200 2-in-1で注目すべきポイントは、軽くて堅牢なことだけではない。ほかにもフィールドワーカーの業務効率を高められる、いくつかの特徴がある。まず着目したいのが、SIMカードスロットがオプションで用意されていることだ。

       「フィールドワーカーの作業現場では、Wi-Fiが整備されていないケースも少なくありませんが、SIMカードをセットアップすればどこからでもキャリア網経由で通信が行えます。また、最大1Gビット/秒をサポートする『Cat-16』に対応している上、Wi-Fiも、超高速かつ省電力な次世代無線規格『802.11ax(Wi-Fi 6)』をオプションでサポート。いずれを使用した場合でも、ストレスのない高速通信が可能です」と飯塚氏は語る。

       ログインもストレスフリーに行える。Windows Helloの顔認証、指紋認証リーダーに加えて、スマートカードリーダーによるログインが行えるからだ。現場でパスワードを入力する必要がないため、必要なときにすぐ作業を始められる。

       現場から戻ったときには充電を行う必要があるが、これもスピーディーだ。Latitude Express Chargeによって、わずか1時間で80%の充電が行えるようになっている。

       また、デル独自のvPro拡張機能によって、デバイスの電源が入っているか否かにかかわらず、リモートからデバイス管理や診断を行うことも可能。管理者にとっても利便性が高い。

       万一ハードウエアのトラブルが発生した場合には、デルのオンサイトサポートが利用できる。Latitude 7200 2-in-1は「バックパネル・アクセスフリー」を採用しており、その場でバックパネルを開けて修理することも可能だ。フィールドワークでは故障発生のリスクも高くなるので、このような配慮がなされているのも、大きなポイントといえるだろう。

    • 専用カバーをはじめ、周辺機器が充実していることも大きな特徴

      そして最後に触れておきたいのが、周辺機器も充実しているということだ。その1つが、先ほどの飯塚氏のコメントにもあった専用ケース「Latitude 7200 2-in-1用Dellビジネス グレード ケース」だ。

       「このケースはTPUバンパーとポリカーボネートケースの二重構造になっており、衝突や衝撃から本体を保護します。ケースを取り付けた状態でキーボードを取り付けることができ、ケースを外すことなくノートPCとして利用することが可能です。また、ハンドストラップも装備しており、ここに片手を通すことで落下を防止しやすくなります。さらに脱着可能なストラップも用意されているので、これで肩にかければ両手が自由な状態で持ち運べます」(嘉山氏)

    • Latitude 7200 2-in-1の専用ケース「Latitude 7200 2-in-1用Dellビジネス グレード ケース」。これを使うことで堅牢性がさらに高まり、持ち運びも容易になる
    • このほかにも、1本のケーブルで外部ディスプレーなどの周辺機器接続や充電が行える「Dell Thunderbolt Dock(WD19TB)」や、Microsoft Skype for Businessを認定済みの鮮明な音声を実現した「Dell Proステレオ ヘッドセット(UC350)」、最大65Whの電力供給が可能な拡張バッテリー「Dell Notebook Power Bank Plus USB-C」などもラインアップ。充電対応キャリーバックなども用意されている。

      「Dell Thunderbolt Dock(WD19TB)」
      「Dell Proステレオ ヘッドセット(UC350)」
      「Dell Notebook Power Bank Plus - USB-C、- PW7018LC 」

    • デル株式会社
      クライアント・ソリューションズ統括本部
      クライアント製品マーケティング本部
      フィールド・マーケティング・マネージャー
      嘉山 よし子 氏

      「堅牢さや使いやすさはもちろんですが、スタイリッシュであることにもこだわっています。デザイン性が、若い世代の従業員のモチベーションを高める効果があることは調査からも分かっているからです」と嘉山氏は語る。

      以上見てきたように、Latitude 7200 2-in-1には現場作業に適した様々な特徴があることが分かる。このような端末を活用することで、フィールドワーカーの働き方改革も推進しやすくなるはずだ。

    • 日経BP社の許可により、2019年9月13日~ 2019年12月5日掲載 の 日経 xTECH Active Special を再構成したものです。