• 装飾

    HCIの普及にともない表面化してきた課題――それを解決へと導く最新のストレージソリューション

    • ソフトウェアデファインドストレージ(SDS)技術を活用して、サーバーとストレージを一体的に管理することを可能にしたハイパーコンバージドインフラ(HCI)は、煩雑なITインフラの運用をシンプル化できるソリューションとして多くの企業で導入が進められている。

      サーバー・ストレージの二階層をSANスイッチでつなぐ従来のインフラに比べて、先に述べた運用負荷の軽減をはじめ、スモールスタートが可能で必要に応じたスケールアウトも容易な拡張性の高さ、導入期間の短縮や導入初期費用の削減など、さまざまなメリットを持つ。

      とはいえ、導入企業の増加にともない、HCI運用における課題も表面化してきている。まずは、SDSでストレージを管理することにより、物理ストレージと比べI/O性能が劣ること。さらに、選択したHCI製品によってSDSやハイパーバイザー(仮想化ソフトウェア)が限られてしまうことだ。また、HCIのメリットの裏返しともいえるが、サーバー・ストレージの二階層構成がとれないことも課題の1つに挙げられる。これは、従来型のインフラとHCIを混在させた場合に個別の管理が必要となり、担当者が異なるなどインフラ全体の管理が複雑化してしまうケースがあることが要因だ。

    • HCIのメリットはそのままに、従来型のサーバー・ストレージ構成の利点も活かす

      本稿からダウンロードできる資料では、Dell EMCのHCIポートフォリオに加わった最新HCIソリューション「Dell EMC VxFlexファミリー」について解説している。「VxFlex OS」(ScaleIOから名称変更)を採用し、ローカルストレージのプール化と大規模並列処理で高いI/O性能を実現。マルチハイパーバイザーやサーバー・ストレージの二階層構成にも対応し、HCI型構成との混在も可能と、前述したHCIの課題を解決できる製品となっている。HCIの運用・管理に悩みを抱える企業の担当者は、ぜひ本資料で詳細をご確認いただきたい。

    • ダウンロード資料のご案内

      HCIの価値をそのままに、エンタープライズストレージの 利点を活かす『Dell EMC VxFlexファミリー』

      ・採用が広がったことで見えてきた、 HCIの3つの課題
      ・ScaleIOがVxFlex OSへ、 新たに誕生したVxFlexファミリー
      ・HCIがもたらす「5つの価値」を維持
      ・エンタープライズストレージの「6つの利点」を維持できる

    • 2019年7月26日にマイナビニュース「IT Search+」に掲載された記事を転載しています。