•  

    エンジニアやクリエイターの働き方改革に、モバイルWSが注目される理由

    • 特定の職種に限定されてしまっている働き方改革。その訳は

      政府の強力な後押しのもと、多くの日本企業で進められている働き方改革。少子高齢化に伴う労働力人口減少への対応はもちろんのこと、海外の競合に打ち勝つための生産性向上、さらには従業員一人ひとりの”働きがい”を高める上でも、この取り組みは避けて通れないといえるだろう。

      しかし、その働き方改革が特定の職種に限定されてしまっているケースは少なくない。実際、外回りの多い営業職や、そのサポートスタッフ、マーケティング部門、事務職などでしか取り組みが進んでいない企業は多いはずだ。

      働き方改革推進のカギの1つは、どこででも働けるワークスタイルの実現にある。そのために利用されているのが、軽量なモバイルPCやタブレット端末だ。しかしエンジニアやクリエイターといった専門性の高いビジネスパーソンの多くは、現在でもデスクトップのワークステーションを利用している。高いCPU処理能力や大容量メモリー、高度なグラフィック処理を必要とするため、一般的なノートPCでは業務が行えないと考えられているからだ。

      実際、IDCの調査(※)によれば、日本国内におけるモバイルワークステーションの比率は、ワークステーション全体の10~15%にすぎない。つまり専門性の高いビジネスパーソンの多くは、まだ“どこでもワークスタイル”を実現していないわけだ。しかし、この状況は近いうちに大きく変化していくことになるだろう。

      既に海外では、この10年の間にモバイルワークステーションの比率が急増しており、全世界では37%に達している。その中でも特に比率が高いのが、米国の50%と西ヨーロッパの43%。「モバイルファースト」の流れは、専門領域でもかなりの勢いで進んでいる。日本はこの流れに後れをとっているのだ。

      これに加えて、ワークステーションのモバイル化に拍車をかけるような動きも起きている。それが「高性能」と「コンパクトさ」を両立したワークステーションの登場だ。

      ※IDC Workstation Tracker Final Historical Pivot 2018Q4

    • 「高性能」と「コンパクトさ」を両立したワークステーションの現在地

      デル株式会社
      クライアント・ソリューションズ統括本部 クライアント製品マーケティング本部 フィールドマーケティングマネージャー
      湊 真吾氏

      最近では、品質やスペックにこだわりの強い日本のユーザーの要件を満たす、モバイルワークステーションが登場している。その代表例ともいえるのが「Dell Precision 5530 2-in-1」である。

      「この製品は、15インチ画面の確保にこだわりつつ、薄型化・軽量化を実現した2-in-1モバイルワークステーションです」と語るのは、デルの湊 真吾氏。目指したのは「高性能」と「コンパクトさ」の両立だという。「これだけの大画面でありながら、最も厚い部分で16mmを実現、重量もジャスト2kgとなっています」(湊氏)。

      表示領域は4Kテレビと同じ800万ピクセル。Infinity Edgeディスプレイを採用しているために視野角が広く、どこから見ても画質が劣化しない。ベゼル部分は極限まで細く、全体としてコンパクトな印象だけに、リアリティの高い3次元モデルや、高精細なCAD画面が表示されると違和感を覚えるほどだ。

    • デルの2-in-1モバイルワークステーション「Dell Precision 5530 2-in-1」

      ディスプレイのベゼルは極限まで細くなっており、これで15インチの画面サイズを確保している。最も厚い部分で16mm、重量はジャスト2kgだ
    • もちろん注目すべきなのは画面だけではない。ワークステーションの名の通り、プロフェッショナルワークに求められる十分な処理能力も確保している。CPUは第8世代インテル® Core ™プロセッサーを採用、グラフィックスはAMD Radeon™ Pro WX Vega M GL Graphicsと専用高帯域幅メモリー4GBを搭載。また、メインメモリーは16GBまで対応し、ストレージは128GBから最大2TBのPCIe NVMeを選択可能だ。

      「デルはこのほかにも、クラムシェル型のDell Precision 5530や、17インチディスプレイを搭載したDell Precision 7730などもラインアップしています。しかし、専門領域におけるモバイルワークスタイルを実現するという観点からいえば、このDell Precision 5530 2-in-1がフラッグシップモデルになります。これまでデスクトップワークステーションで行っていたコンテンツ制作などの業務であれば、これで十分に対応できるはずです」(湊氏)

      左:Dell Precision 7730 右:Dell Precision 5530 2-in-1
    • 一般的なノートPCをワークステーションへと移行するケースも

      Dell Precision 5530 2-in-1のようなモバイルワークステーションを活用すれば、専門性の高いビジネスパーソンの働き方改革も、ほかの職種の従業員と同じように推進しやすくなるだろう。既に海外では、モバイルワークステーションを持ち歩くプロフェッショナルワーカーは珍しい存在ではない。客先や製造現場、建設現場、デザインレビューを行う会議室などに持ち込み、その場で関係者とチェック作業を即座に行うことで、高い生産性を実現しているのである。また、優秀な担当者は複数のプロジェクトに参画することも少なくないが、このような働き方も、モビリティが確保できれば行いやすい。プロジェクトごとに場所を移動することも苦にならないからだ。

      「このような事例は日本にも複数存在します」と湊氏。例えばある自動車関連企業はCAD用ワークステーションとして採用し、生産性向上を実現。メーカー、建設、医療機器メーカーでも、同様の取り組みを行っているケースがあるという。また、建設業界ではゼネコンから地方の建設事務所まで幅広い導入事例が存在。「医薬品メーカーではMR(医薬情報担当者)がモバイルワークステーションを持ち歩くケースもあります」。

      その一方で、一般的なノートPCからモバイルワークステーションへと移行するケースも、最近では目立っているという。

      「Windows 7からWindows 10へと移行することでより高い処理能力が必要となり、さらにOffice 365を導入することで、グラフィック性能も必要になっているからです。もちろんハイエンドのノートPCを導入するという選択肢もありますが、その場合にはモバイルワークステーションとの価格差がほとんどないため、パワーユーザーにはワークステーションを配布するほうが合理的と判断されるケースが増えています。これによって、従業員からの『遅くて使えない』といったクレームを、未然に防ぐことができます。日本は海外に比べてWindows 10へのマイグレーションが遅れていますが、今後マイグレーションが進むことで、このような理由での採用も増えていくと考えられます」(湊氏)

    • 自動チューニングツールで処理性能の最適化が可能

      ここまで読んで、疑念を持つユーザーも少なからずいるだろう。それは「ノート型で本当に十分な処理性能が確保できるのか」という疑念だ。

      しかしデルのワークステーションでは、この点をカバーできる機能を搭載している。使用するソフトウエアごとに、ハードウエアの性能を最大限に引き出すためのチューニングを自動的に行うツール「Dell Precision Optimizer」の提供はその1つだ。

      「Dell Precision Optimizerは以前から提供していましたが、2018年5月にリリースしたバージョン5.0では、その能力をさらに強化しました。もちろんチューニングの効果はソフトウエアによって異なりますが、最大で488%(※)高速になったケースもあります。これだけのチューニングを手作業で行うのはかなりの時間がかかりますが、この自動ツールは無償で提供しています」(湊氏)

      ※ Based on Dell internal testing, May 2018, using SPECapc PTC Creo3.0 benchmark test comparing a Dell Precision 7730 with Dell Precision Optimizer vs. same system with factory standard settings. Actual performance will vary based on configuration, usage and manufacture variability.

    • Dell Precision Optimizerの画面例

      使用するソフトウエアごとに自動チューニングを行うことで、最大の処理能力を引き出している。有償版では人工知能を搭載しており、ユーザーの使い方を学習してチューニングを行うことも可能だ
    • さらに有償版では、チューニングのための推論エンジンに人工知能も実装。ユーザーの実際の使い方を学習し、それに合わせた最適化を実行できるようになっている。複数のソフトウエアを使っている場合でも、そのユーザーに最適な設定を自動的に行ってくれるという。

      このようなツールを活用することで、ハードウエアスペックの性能を大きく超える処理能力を手に入れることができるはずだ。もちろんこのツールは、Dell Precision 5530 2-in-1でも利用可能。これも、モバイルワークステーションとしてデル製品を選択すべき理由の1つだ。

      最後に気になる価格だが、Dell Precision 5530 2-in-1のベーシックモデルであれば約30万円。一般的なハイエンドのノートPCと比較しても、それほど遜色ない価格設定となっている。

      働き方改革は、一部の職種ではなく、エンジニアやクリエイターにも当てはまる。モバイルワークステーションを賢く利用することで、働き方改革も次のステージへと進められるだろう。

    • 日経BP社の許可により、2019年3月13日~ 2019年5月21日掲載 の 日経 xTECH Active Special を再構成したものです。