•  

    Dell Technologies ライブラリ

    ITインフラ、働き方改革に関する最新のテクノロジーやソリューション、お客様事例をご案内しています。

    • ライブラリ一覧

    •  

      デジタルトランスフォーメーション

      DX特別サイト_Innovators ~「2025年の崖」を乗り越えろ~ DX時代に注目を集めるHCI 今さら聞けないそのメリットと最新動向

      長年にわたって3層アーキテクチャで構成されてきた仮想化基盤。メリットも多いが、最近では問題も目立つようになってきた。複数製品を組み合わせる必要があるため導入や運用に手間がかかり、拡張性にも制約があるため、デジタルトランスフォーメーション(DX)への迅速な対応が難しくなっているからだ。この問題を解決できるものとして近年注目が高まっているのがハイパー コンバージド インフラストラクチャ(HCI)である。ここではHCIの特徴を確認した上で、その最新動向を紹介したい。

    •  

      デジタルトランスフォーメーション

      デジタル変革に役立つ講演を披露――製造業のDXはどう実現すべきか

      IoTやAIのテクノロジー最新動向や、最新IoT関連ソリューションを紹介する「Dell Technologies 製造業デジタル変革セミナー ~5G・IoT・AIにより加速するデジタル変革と適用業務の探求~」が2019年7月と8月に開催。デジタル変革を加速させる取り組みの講演が披露され、DXで悩みを抱える製造業各社が熱心に耳を傾けた。

    •  

      デジタルトランスフォーメーション

      DXを加速するマルチクラウド戦略のカギ~新技術を取り込む開発手法、人、組織の在り方とは~

      デジタル技術を駆使してビジネスを変革する「デジタルトランスフォーメーション(DX)」は、重要な経営課題である。ただし、その道のりは簡単なことではない。そのためには旧来の企業システムや開発スキームを大きく変革するとともに、新しい技術を使いこなす人、組織、文化までも変えていく必要があるからだ。世界屈指のITソリューション企業であるDell Technologiesは、この取り組みをトータルにサポートしてくという。同社はどのような価値を提供し、DXを成功に導くのか。Dell Technologiesの黒田 晴彦氏と、Dell Technologiesグループの1社でエンタープライズ企業のDXをけん引しているPivotalジャパンの正井 拓己氏に話を聞いた(本文中敬称略)。

    •  

      デジタルトランスフォーメーション

      2025年の崖を乗り越えて  Beyond 2025 Vol.1 DXを支えるプラットフォーム戦略とは

      複雑化・ブラックボックス化した企業のITシステムが足かせとなり、2025年から毎年12兆円の経済損失をもたらす──。
      いわゆる「2025年の崖」は日本企業に突き付けられた深刻な課題である。デジタルトランスフォーメーション(DX)に取り組むことが、今求められている。これを支援するため、Dell EMCとVMwareは、DXを支えるプラットフォームの強化・拡充を進めている。それはどのような価値をもたらすのか。Dell Technologiesの黒田 晴彦氏とヴイエムウェアの服部 寿明氏に話を聞いた。

    •  

      デジタルトランスフォーメーション

      「技術的難易度」と「人材不足」AI活用を阻む「二大関門」を突破する方法とは

      AIの活用は、デジタルトランスフォーメーションの実現に向けた重要な戦略事項である。しかし、実際にAIを活用し成果を上げている企業は少ない。技術的難易度や人材不足など様々な課題が障壁となっているからだ。この課題解決に向け、Dell EMCとインテージテクノスフィアは新しいソリューションの提供を開始した。両社の“タッグ”により、AIの導入・活用から業務実装による価値創出までトータルにサポートすることが可能になるという。

    •  

      データプロテクション

      今求められるデータ保護の在り方とは、専門家が過去・現在・未来を見据えて解説

      データの増大やデータ保護におけるクラウド活用、データ管理の効率化といった課題が企業を悩ませる。専門家が、過去から現在、未来を通じてデータ保護のニーズを俯瞰し、これからのデータ保護の在り方を明らかにした。

    •  

      データプロテクション

      “伝統的”な環境でデータを守れるか Kubernetesデータ保護の新たな選択肢とは

      コンテナ化されたアプリケーションを管理し、スケーリングを“指揮”するテクノロジーとして脚光を浴びるKubernetes。今、世界規模で利用が進んでいるが、本番環境で本格的に利用するには1つ心配な点がある。

    •  

      インフラストラクチャー−コンバージドインフラストラクチャ

      大手金融や検索サイトがAzure Stack HCIを利用する理由 Windows環境が劇的に進化する、Azure Stack HCIの衝撃

      クラウドサービスの活用は、もはやIT戦略の常識と言っても過言ではない。業務アプリケーションにSaaSを活用したり、開発やバックアップ基盤にPaaSやIaaSを活用したりするケースが増えている。

    •  

      インフラストラクチャー−サーバー

      良かれと思った部分最適が全体の効率を下げる 脱「タスク効率化だけの自動化」

      現在の企業の中で「自動化」はビジネスの発展に影響する重要な要素だ。自動化をうまく進めれば属人化や人材不足に対して策が打てる上、サービス開発のスピードも向上できる。しかし、なかなか自動化が進まない現状がある。なぜなのか。

    •  

      インフラストラクチャー−ストレージ

      ほぼ初心者の“ひとり情シス”はストレージのリプレースをどう乗り越えたのか

      サボハニの“ひとり情シス”に、サーバとストレージのリプレースという大仕事が降ってきた。既存のさまざまな問題も解決しなければいけない中、インフラの“初心者”がいかにしてこのピンチを乗り越えたのかを本人が語る。

    •  

      インフラストラクチャー−サーバー

      機械学習専用サーバは何が違う? “データ”を価値に変えるインフラの選び方

      多くの企業が、AI導入やデータ活用に苦戦している。データを有効活用するには、優れた分析基盤が必要だ。そこで注目したいのが、AIの学習/推論スピードを加速させる「機械学習専用サーバ」の存在。AIで成功する“必勝のサーバ選び”のポイントは――。

    •  

      インフラストラクチャーデータプロテクション

      データを守るだけでは生き残れない――データを価値に変えるストレージの新機軸

      「新たな石油」と称されるデータをどう活用するのかという課題が企業を悩ませる。データは膨張しクラウドを含めあらゆる場所に散在する。これらを正しく保護・管理し、価値を引き出すための画期的な方法が生み出された。

    •  

      インフラストラクチャー−ストレージ

      「NVMeストレージ」をフル活用したければファイルシステムを再考すべし

      「NVMe」(Non-Volatile Memory Express)準拠のストレージは、使い方や他のインフラコンポーネントとの組み合わせ方を間違えると、パフォーマンスをうまく引き出せない場合がある。その要因となり得るのがファイルシステムだ。

    •  

      インフラストラクチャー−サーバー

      AMDの新サーバCPU「第2世代EPYC」の凄さとは、企業はどこまで生かせるか

      AMDの新サーバCPU、「第2世代EPYC(エピック)」が、ユーザーからの熱い注目を集めている。CPU性能、コア密度、I/O性能、価格性能比など、分かりやすいメリットをもたらすからだ。だが、新CPUの恩恵をどこまで享受できるかどうかは、「何に載せるか」に大きく依存するという。具体的にはどういうことなのだろうか。日本AMDの中村正澄氏とDell Technologiesの岡野家和氏に話を聞いた。

       

    •  

      インフラストラクチャー−ITトランスフォーメーション

      どうするSAPのモダナイゼーション--2020年代のビジネスを飛躍させるモダンITプラットフォーム

      数多くの企業で稼働するSAP ERPを支えるインフラストラクチャを提供するDell Technologies 小野誠氏、山崎良浩氏、菅谷篤志氏に2020年代を勝ち抜く基幹系システムを支えるインフラストラクチャのあり方をZDNet Japan副編集長の田中好伸が聞いた。

    •  

      インフラストラクチャー−コンバージドインフラストラクチャ

      HCIの普及にともない表面化してきた課題――それを解決へと導く最新のストレージソリューション

      ソフトウェアデファインドストレージ(SDS)技術を活用して、サーバーとストレージを一体的に管理することを可能にしたハイパーコンバージドインフラ(HCI)は、煩雑なITインフラの運用をシンプル化できるソリューションとして多くの企業で導入が進められている。

    •  

      インフラストラクチャー−クラウド

      クラウドファーストの落とし穴とその回避策

      企業のクラウド戦略は、今、大きな曲がり角に差しかかっている。コストや運用管理の“壁”に直面し、期待通りの成果が上がらないケースが多いからだ。欧米を含む一部の企業にはオンプレミスへ回帰する動きも出てきている。ただし、企業に必要なのは、「オンプレ or クラウド」という二元論ではない。「オンプレ and クラウド」という観点から、企業インフラの“あるべき姿”を再定義することである。デジタル時代、企業がリスクを減らしつつ、最大限のメリットを得るために、どのような次世代インフラを考えるべきなのか。そのあるべき姿について、有力ITベンダーのキーパーソンに話を聞いた。

    •  

      インフラストラクチャー−アーティフィシャル・インテリジェンス

      機械学習専用サーバは何が違う? ”データ”を価値に変えるインフラの選び方

      多くの企業が、AI導入やデータ活用に苦戦している。データを有効活用するには、優れた分析基盤が必要だ。そこで注目したいのが、AIの学習/推論スピードを加速させる「機械学習用サーバ」の存在。AIで成功する“必勝のサーバ選び”のポイントは−−。

    •  

      インフラストラクチャー−ストレージ

      「大は小を兼ねる」で安易にストレージを選んではいけないワケ:データ管理をもっとシンプル、スマートに

      「当社もそろそろハイエンドストレージに」と安易にストレージを選ぶのは危険だ。性能を最大限に生かすには、相応の運用体制と工数がかかる。専任管理者不在の環境でも、シンプルに運用できるストレージはあるのだろうか。

    •  

      インフラストラクチャー−データプロテクション

      サイバー攻撃は「破壊」「恐喝」へ──調査で分かった「サイバー復旧」の現状

      現在のサイバー攻撃は データ捕縛による身代金要求など巧妙化する一方だ。欧米企業では被害後を考えたデータ保護対策の導入が急速に進む一方で、日本企業を対象にした調査では「復旧」に対する温度差が見えてきた。

    •  

      インフラストラクチャー−クラウド

      そこは違うよ、クラウドベースのバックアップ デメリットを解説

      クラウドバックアップにはメリットが多いものの、オンプレミスのバックアップが信頼できるケースはまだまだある。本コンテンツでは、クラウドバックアップのメリットとデメリットを解説する。

    •  

      インフラストラクチャ ストレージ

      データ管理者の悩みのタネ「ストレージ容量と拡張性」を一気に解決する方法

      ファイルサーバやNASによるデータ管理には運用性や拡張性の面で課題が多い上、データの活用もしにくい。運用管理に手間が掛からず、かつ容量効率と性能、拡張性を解決する手段はないものか。

    •  

      インフラストラクチャ データプロテクション

      スペシャリストが明かした、本当に必要なデータ保護の在り方とその道しるべ

      データ資産とその活用が今後のビジネスを左右するといわれる今、データをどのように保護し、管理するかが喫緊の課題だ。業界のスペシャリストが、企業が抱えるデータ保護の実態とあるべき姿に近づくヒントを解説した。

    •  

      インフラストラクチャ データプロテクション

      カビの生えたデータ管理手法で企業は成長できない――脱却するための2つの方法

      クラウドを含めたあらゆる場所にデータが散在する、データの種類や量も膨大、データ保護の対策も必要だ――課題を乗り越え、データから価値を生むための環境を整える方法が誕生した。データ経営時代に、他社と差をつけるための鍵とは。

    •  

      インフラストラクチャ データプロテクション

      高度化したサイバー攻撃への対策、重要となるのは適切なインシデント対応と迅速な復旧体制の構築

      ITのビジネス活用が当然のものとなった現代では、企業を狙ったサイバー攻撃が激化している。多様化・高度化を続ける攻撃に対し、これまでのセキュリティ対策だけでは不十分だ。

    •  

      インフラストラクチャ データプロテクション

      クラウドファースト時代にネックになる通信経路、SD-WANが課題解決

      専用線とデータセンターを前提とした企業のWANが姿を変えようとしている。きっかけはクラウドサービス(SaaS)の浸透と、モバイル端末などを利用したインターネットアクセスだ。ネットワーク構成を幾度となく素早く変更しなければならない場面が多発している。このような課題に役立つのがSD-WANだ。Dell EMCが主催し、2019年4月19日に開催したセミナーでは、Dell EMCの他、SD-WANソリューションに定評があるVMwareやVersa Networks、トレンドマイクロが登壇し、SD-WANの最新動向や各社のソリューションについて語った。

    •  

      ワークフォーストランスフォーメーション

      働き方改革を考えるなら、まずはPCから?! ――会社支給PCに、現場が抱く不満とは?

      社内の働き方改革を推進するための手法と言えば、あなたは何を連想されますか? 休暇や残業に関する規定の見直し、在宅ワーク、業務プロセスの再構築、煩雑な業務を自動化するシステムなど、様々な手法がありますが、つい見過ごしがちになるのが「会社支給のPCの見直し」です。

    •  

      ワークフォーストランスフォーメーション

      急速に進化する産業向けVR/ARの最前線 VR/ARの制作・稼働環境に必要な3つの条件とは

      近年産業界で急速な勢いで取り組みが進んでいるVR/AR(仮想現実/拡張現実)の活用。今後は競争力強化のために欠かせないツールになっていくだろう。この領域をリードし、産業界向けソリューションを数多くラインアップしているのが、プレミアムアーツだ。産業向けVR/ARは現在どこまで進化し、どのようなニーズに対応できるようになっているのか。産業向けVR/ARの制作にはどのような仕組みが必要となるのか。同社の代表取締役の山路 和紀氏に話を聞いた。

    •  

      ワークフォーストランスフォーメーション

      リアルにできない「体験」が新しい価値を生む VRが拓くデジタル変革の新しい視座とは

      デジタルトランスフォーメーション(DX)を実現する技術の1つとして「VR(バーチャルリアリティ)」の期待が高まっている。バーチャル空間の体験は、リアルではできないことを可能にし、人の生産性を大幅に上げることができるからだ。現在VRはどう使われており、今後どのような発展を遂げていくのか。それにより、どのような社会価値やビジネス価値が生まれるのか。日本バーチャルリアリティ学会で会長を務める筑波大学教授の岩田 洋夫氏とDell Technologiesの日本 CTO(最高技術責任者)の黒田 晴彦氏が、VRの可能性と未来を語りあった。

    •  

      ワークフォーストランスフォーメーション

      目指す姿は課題提起型のデジタルカンパニー コニカミノルタが先端技術で挑むヘルスケアの未来とは

      企業を取り巻く環境はこれまでにないスピードで大きく変化し、業種・業態にかかわらず、どのような産業でもイノベーションが求められる。このような「激動の時代」をチャンスと捉え、自らが「課題提起型デジタルカンパニー」としてその変革をリードしようとしているのがコニカミノルタだ。近年では、医療のデジタル化に関連した機器やシステム、ITサービスをトータルに提供し、より迅速、確実な診断サービスの実現に貢献している。その狙いと具体的な取り組みについて、コニカミノルタの藤井清孝氏とそのITパートナーであるDel lTechnologiesの黒田晴彦氏が語り合った(本文内敬称略)。

    •  

      ワークフォーストランスフォーメーション

      山積する働き方改革の課題を解決するための処方箋とは

      働き方改革を支えるITは、従来のシステム導入と大きく異なる。全社横断的な取り組みになる上、人事規定や習慣、ファシリティなど非IT要件も大きく影響するため、KPIや成果を定義しづらいからだ。また、ガバナンスを利かせるために、制約の多い業務環境を構築してしまえばユーザーのイライラが募る一方、自由度を追求していけばセキュリティリスクと運用負荷が増大してしまう——。こうした相反する状況を打破するためには、IT部門はどうすべきか。多くの企業の働き方改革を支援する主力ベンダーのキーパーソン3人に話を聞いた(本文内敬称略)。

    •  

      ワークフォーストランスフォーメーション

      教育現場のICT化は Chromebook が本命に 教育現場向けのPCとして、Chromebook が注目される理由とその選び方

      教育現場におけるICT化に向けた動きが、本格化している。文部科学省は2017年12月に「教育のICT化に向けた環境整備5か年計画」を公表していたが、新たに具体的なガイドラインとして「新時代の学びを支える先端技術活用推進方策(最終まとめ)」が、2019年6月に発表されたのだ。

    •  

      ワークフォーストランスフォーメーション

      4K/8K時代に失敗しないデジタル動画制作 映像制作のプロ企業に学ぶ、動画制作環境に必須のポイントとは

      "新たな技術の進展により、あらゆる業種・業態でデジタル化が加速している。デザインや広告、動画などの制作に携わるクリエイティブ業務もその1つだ。  特にデジタル動画は、ここ数年ですっかり身近なものとなった。多くの企業が動画コンテンツを積極的に活用しており、テレビや映画、アニメ、ゲーム、Web、展示会など、様々なビジネスシーンで、情報発信力と表現力の強化に貢献している。"

    •  

      ワークフォース トランスフォーメーション

      欧米の常識は、日本の非常識 EDRが普及しない日本のセキュリティ事情

      テレワークなどを活用した働き方改革によって、PCを社外に持ち出して使うケースが増えている。これに伴い、従来の「境界で守る」というセキュリティも、十分な効果を発揮することが難しくなっている。さらにサイバー攻撃も高度化しており、境界型セキュリティをすり抜ける脅威も増大している。

    •  

      ワークフォース トランスフォーメーション

      IT管理者の負荷を軽減 働き方改革を支援するDell Technologies ユニファイド ワークスペース

      働き方改革が声高に叫ばれるなか、企業は生産性向上や業務効率化に向けた投資を加速させている。こうした変化に対して、デルはどのようなソリューションを提供しているのだろうか。同社クライアント・ソリューションズ統括本部の各担当者に話を聞いた。

    •  

      ワークフォース トランスフォーメーション

      1人10万円の予算で、社員の満足度と生産性を最大限に高めるPCの選び方

      Windows 7のサポート切れが目前に迫ってきた。残りあと数か月、2020年1月14日に「延長サポート」が期限を迎える。Windows 7を使い続けることのリスクで大きいのは、何といってもセキュリティだ。サポート期間が終了すれば、新たなパッチやアップデートが提供されず、最新のセキュリティ環境が維持できなくなる。

    •  

      ワークフォース トランスフォーメーション

      なぜ残業が減らないのか? フィールドワーカーの働き方改革が進まない理由 - 外回りや現場業務の生産性

      「働き方改革」への取り組みが、ここ数年多くの日本企業で進められている。しかし、このような改革から取り残されている職種もある。それがフィールドワーカーだ。フィールドワーカーとは、営業担当者をはじめ、医療・建設現場、設備点検・保守担当、工場、店舗、飲食サービスなど、オフィス外の環境で働く職種を指す。

    •  

      ワークフォース トランスフォーメーション

      最新鋭「操船シミュレータ」を支えるワークステーションの仕組み - 事例で見るビジネスVR/ARの活用

      ここ数年でデジタル映像技術は長足の進歩を遂げた。アミューズメントパークやエンターテインメント施設などでも、VR/ARコンテンツを用いたゲームやアトラクションが続々と登場している。さらに、こうした動きは、企業のビジネスや観光分野にも波及しつつある。製品の組み立てや設備保守に3DCGを利用したり、歴史的な遺構や建物などをバーチャルで復元したりといった取り組みが進んでいる。おそらく今後もいろいろな分野で、最新の映像技術を駆使したサービスが生まれてくるだろう。

    •  

      ワークフォース トランスフォーメーション

      シンクライアントは使えない? 働き方改革におけるVDI成功に必要な3つの条件:シンクライアント最前線

      働き方改革を背景に、あらゆる場所に分散した端末のセキュリティを確保する方法としてシンクライアントに注目が集まる。しかし「シンクライアントは使えない」とFAT端末に戻るケースも散見される。その原因と解決策とは。

    •  

      ワークフォース トランスフォーメーション

      生体認証、Web会議、管理性――働き方改革でシンクライアントに必須の条件

      シンクライアントにもセキュリティ上の弱点がある。ビデオ会議と相性が悪い、生体認証の活用が難しいといった制約で導入に踏み切れない企業もあるだろう。これをまとめて解決できるモバイル型シンクライアントが注目を集める。

    •  

      ワークフォース トランスフォーメーション

      クリエイティブ業務の働き方改革 クリエイターたちがMacBookではなくモバイルワークステーションを選ぶ理由

      既に多くの企業が取り入れ始めている、モバイルデバイスを活用した働き方改革。モバイルデバイスをインターネットに接続し、クラウドサービスなどを活用すれば、どこでもオフィスと同様の環境で作業できるようになる。

    •  

      ワークフォース トランスフォーメーション

      アンチウイルスソフトでは防げても6割 残りの4割を防御するには

      数年前、あるセキュリティベンダーの幹部が「アンチウイルスソフトはもう死んだ」と語り、業界内外に大きな波紋を広げた。

    •  

      ワークフォース トランスフォーメーション

      モバイルワークに潜む落とし穴 PCが「故障した!」「盗られた!」「なくなった!」にどう備えるか

      モバイルワークはもはや当たり前になりつつある。それに伴い、重要なデータを外出先で扱う機会が増えている。外出先でも、オフィスにいる時と同等の仕事ができるようにと、社内システムにリモートアクセスできる環境を整えたり、クラウドサービス経由でファイルを共有している企業も多いだろう。こうした状況にあわせて、多くの企業では入口・出口対策、エンドポイントセキュリティをはじめ、セキュリティ対策を強化している。

    •  

      ワークフォース トランスフォーメーション

      なぜ、欧米ではワークステーションによる業務革新が進むのか

      業務用PCを凌ぐパワーを持ち、信頼性・堅牢性が非常に高いワークステーション。欧米を中心に、このワークステーションの人気が高まっている。ワークステーションといえば、設計エンジニアやデザイナーなどクリエイティブな業務のための端末というイメージが強いが、用途も利用のすそ野も広がりを見せ、その市場規模はワールドワイドで堅調な成長を続けている。

    •  

      ワークフォース トランスフォーメーション

      世界に誇る「バルクの大島」の設計業務を支えるワークステーション活用法

      梱包されていない穀物、鉱石、セメントなどを輸送する「バルクキャリア(ばら積み貨物船)」の建造で世界屈指の実績を誇る大島造船所。1973年に創業を開始した、長崎県西海市に本社を置く企業だ。技術・品質の進化と船型の多様化を追求し続ける同社は、年間約40隻のバルクキャリアを建造・販売し、累計建造数は800隻を超える。自他ともに認める「世界のバルクの供給基地」である。

       

    •  

      ワークフォース トランスフォーメーション

      PCの標準化で保守時間を4分の1に激減 捻出した時間で研究開発と戦略的IT活用の加速へ

      世界的な「光」関連の電子部品・機器メーカーとして知られる浜松ホトニクス。同社では、PCの調達・保守・運用管理の工数削減を目指し、全社で利用するPCの「標準化」を推進している。いくつかの製品を検討した結果、主力デバイスとして選ばれたのが、デル製PCである。これにより、PCの保守作業が激減し、コア業務に多くの時間と人材を割ける体制を構築。研究開発と戦略的IT活用を加速させつつある。

    •  

      ワークフォース トランスフォーメーション

      「残念な働き方改革」から卒業するには「楽しい働き方」のカギは、モバイルPC×周辺機器のエコシステムにあり!

      働き方改革の一環として、モバイルワークを積極的に取り入れるケースが増えている。モバイルPCの活用はビジネスに機動力をもたらすが、その一方で弱点もある。それは画面サイズに制約があることだ。

    •  

      ワークフォース トランスフォーメーション

      無意識の効率化を実現。テレワークの生産性を高めるPCとモニターとは

      働き方改革が叫ばれる昨今、日本でも「テレワーク」を導入する企業が増えている。自宅やサテライトオフィスなど、通常のオフィス以外の場所で働くことを認め、生産性を向上させることが狙いだ。そこで不可欠となるのが、ノートPCをはじめとするツールである。最近では、ノートPCやモニターなどにUSB Type-C(以下「USB-C」)を搭載したデバイスが増えつつある。

    •  

      ワークフォース トランスフォーメーション

      専門領域の働き方改革。その具体的な解決策 エンジニアやクリエイターの働き方改革に、モバイルWSが注目される理由

      政府の強力な後押しのもと、多くの日本企業で進められている働き方改革。少子高齢化に伴う労働力人口減少への対応はもちろんのこと、海外の競合に打ち勝つための生産性向上、さらには従業員一人ひとりの”働きがい”を高める上でも、この取り組みは避けて通れないといえるだろう。

  • Dell Technologiesのアドバイザーがサポートします。