• 時間や場所を問わないワークフォース サービス

    • ユーザーは、時間を問わず自宅、倉庫、リモート オフィス、または顧客サイトから仕事をするためにログインする可能性があります。また、オフィスの廊下の少し先で仕事をすることもあります。そして、すべての社員がある時点でテレワーカーになり、ネットワークに接続された仮想ワークスペースを必要とするようになるかもしれません。

      今日のモバイル ワーカーと同じように、これまで移動することが少なかった社員もワークフォース サービスに高い期待を抱いています。多くのユーザーは、依然として応答性に優れたネットワーク接続、信頼性の高いセキュリティ、およびデータ、ファイル、アプリケーションへの瞬時のアクセスを期待しており、今では場所、時間、デバイスを問わずそうした環境が必要とされています。デル・テクノロジーズと連携すれば、包括的なテクノロジーやサービスにアクセスし、エンドポイントからコア インフラストラクチャまで、IT運用のすべてのレイヤーのニーズを的確に満たすことができます。さらに、デル・テクノロジーズには、10万人を超えるテレワーカーにワークフォース サービスを提供してきた貴重な経験を持つパートナーがいます。当社が場所や時間を問わずお客様をサポートします。

    •  

      テレワーク

      テレワークおよびコラボレーション ソリューションにより、社員は在宅勤務でプロジェクトを軌道に乗せることができます。

    •  

      PC as a Service

      デルのPC as a Service(PCaaS)をご利用いただくと、ハードウェア、ソフトウェア、ライフサイクル サービス、ファイナンスを1つの包括的なソリューションに統合し、PCのライフサイクル管理をシンプルにすることができます。

    •  

      Unified Workspace - ワークフォース トランスフォーメーション

      Dell Technologiesユニファイド ワークスペースにより、企業はデバイスをクラウドから導入、保護、管理、サポートできます。

    • クラウドからワークフォース サービスを維持するうえでの障壁を克服

    • クラウドへの移行を「イエスかノーか」で進める必要はありません。デル・テクノロジーズは、既存の機能を基盤とするハイブリッド クラウド ソリューション内にクラウドを配置します。
      インフラストラクチャを置き換えるための予算は不要。CAPEXとOPEXを一体化することにより、データ センターを予算に合わせて段階的にモダナイズできます。
      プラットフォーム変更の難関を乗り越える。クラウドへのワークフォース サービスの移行を加速させ、使い慣れたテクノロジーで中断を減らすことにより、難関を完全に回避できます。
      従来の環境が足かせとなった状態。Dell Technologies Cloudで必要に応じて環境をシームレスに拡張し、規模と価値を直接需要に結び付けることができます。
      複数のクラウドの複雑さ。自動化された包括的な統合型のマルチクラウド ソリューションであるVMware Cloud Foundation on Dell EMC VxRailにより、管理と運用を簡素化できます。




    • VDIとワークフォース サービスを速やかに統合

    • 仮想デスクトップ インフラストラクチャ(VDI)とVDIによるワークフォース サービスの変革の可能性について検討していたものの、多額のコストと広範な計画が必要であることから方向性を変えたのであれば、考え直すべきときです。Dell EMC Ready Architectures for VDIは、お客様の組織がセキュリティ、パフォーマンス、および生産性の面ですぐに多くのメリットを得られるよう、検証を行ったうえで最適化されています。お客様は、幅広いテクノロジー、ソリューション、およびサービスの中から最適なものを選択し、ご利用の環境のあらゆる部分のニーズに的確に対応するとともに、高度なワークフォース サービスを提供する能力を向上させることができます。たとえば、迅速な導入が最優先事項である場合は、Dell EMC Quickstart Bundles for VDIをご確認ください。このバンドルは、Dell EMC VxRailとVMware Horizonを組み合わせ、受賞歴のある導入およびサポート サービスと連携させます。これは、次に示すVDIのすべてのメリットをお客様に提供する方法の1つにすぎません。
      • すべてのレイヤーのリソースを合理化し、あらゆる場所から一元的に管理できます。
      • 新たに加わったテレワーカーに直接ジャストインタイムでデバイスを導入して簡単に拡張できます。
      • ユーザーが必要な処理能力と接続のすべてにアクセスできるようにすることが可能になります。
      • テレワーカーにコミュニケーションとコラボレーションのためのツールを提供できます。
      • データ センター内に保存されるデータとファイルに固有のセキュリティのメリットを得られます。
      • Wyseシン クライアント、VxRail、vSAN Ready Nodeなどの最先端のテクノロジーでワークフォース サービスを変革できます。


    • ワークフォース サービスの傾向と戦術:セキュリティ搭載版

    • 傾向:約3分の1のグローバル企業のリーダーは、自社の組織に社員と顧客のデータの保護を任せていません。そして半数近くが、今後5年以内に自社の組織の信頼性を証明するのが困難になると考えています。これらは、『Dell Technologies Workplace Security Report 2019』に示されている調査結果のごく一部にすぎません。戦術:個人的にこのような認識を持たないようにしてください。その代わりに、セキュリティの強化を中心とするテクノロジー トランスフォーメーションの計画を提示するときに、予算の面でどの程度反対されるのかを示すものであると考えてください。

      傾向:まず、喜ばしいことに、まもなくZ世代が全世界の社員の20%を占めるようになります。インターネットが存在する世界しか知らず、生まれたときからクラウドベースのアプリケーションを搭載したスマートフォンがあった最初の世代であるため、このようなテクノロジーに精通したユーザーの流入は、IT部門のサポート ワークロードの面で好ましいことであるように思われます。ただし、当社の調査によると、Z世代の46%は自身のサイバーセキュリティのスキルについて「不十分」から「まあまあ」であると評価しています。戦術:ネットワークへのアクセスを許可する前に、新入社員にサイバーセキュリティに関する教育を行う必要があります。また、新入社員の目を通して現在のセキュリティ ツールとセキュリティ プロトコルを見直す必要もあります。何を学ぶのかがワークフォース サービスの将来を左右する可能性があります。

    •  

      Connected Workplaceとテレワークの構築

      デル・テクノロジーズのコラボレーション ソリューションにより、企業はDigital Connected Workplaceを構築してサポートできます。

    •  

      在宅勤務サービス

      デルの在宅勤務ソリューションで、自宅から社員の生産性とコラボレーションを向上させましょう。

    •  

      仕事を瞬時に、スマートに - ワークフォース ソリューション

      New Dell Latitudeファミリーは、起動、充電、接続を高速化し、作業の生産性を向上させる設計となっています。