• ワークフォース ポータル

    • ワークフォース ポータル テクノロジー – オプションを理解する

    • 最適なワークフォース ポータル ソリューションを選択するにはまず、オプションとそのオプションに含まれるオプションを理解しておく必要があります。検討すべき点が数多くあるため、多くの場合、最初にパートナーを選択するのが理にかなっています。デル・テクノロジーズは、デジタル ワークプレース向けの革新的なオプションを幅広く提供するとともに、無数のプロジェクトに携わってきた経験に基づいて提供される、ソリューションのライフサイクルのあらゆる側面をカバーする受賞歴のある一連のサービスでそれらすべてをサポートします。

    • 装飾

      テレワーク

      テレワークおよびコラボレーション ソリューションにより、社員は在宅勤務でプロジェクトを軌道に乗せることができます。

    • VDIワークフォース ポータルの準備が完了

    • Dell EMC ReadyアーキテクチャとQuickstart Bundles for VDIにより、ワークフォース ポータル内ですぐに変革をもたらす仮想デスクトップ インフラストラクチャの機能を利用できるようになります。これらの検証および最適化済みのソリューションを活用すれば、これまでになく迅速にVDIのセキュリティ、パフォーマンス、生産性における多くのメリットを得られるようになります。一連の包括的なリモート デスクトップ テクノロジー、ソリューション、およびサービスにアクセスできるようになれば、仮想ワークスペースをカスタマイズしてすべてのユーザーのパフォーマンスを向上させ、驚くほど作業を効率化することが可能になります。迅速に導入する必要がある場合は、Dell EMC Quickstart Bundles for VDIによってDell EMC VxRailとVMware Horizonが組み合わせられます。また、さらに時間を短縮する必要がある場合は、受賞歴のある導入およびサポート サービスを利用してVDIを立ち上げることで、あらゆるメリットを迅速に得られるようになります。

      • 合理化。あらゆる場所からワークフォース ポータルを一元的に管理できます。
      • 容易に拡張可能。新しいユーザーに直接デバイスを出荷し、リモートでログインまで完了させることができます。
      • 連携。コミュニケーションとコラボレーションのためのツールでテレワーカーを連携させることができます。
      • 強力モバイル ワーカーは必要とするパフォーマンスをすべて得られます。
      • 本質的に安全。データとファイルがデータ センターから離れることはありません。
      • 最先端。Wyseシン クライアント、VxRail、vSAN Ready Node、およびその他多くの主要なテクノロジー。

    • ユーザーをワークフォース ポータルに追加するためのチェックリスト

    • デル・テクノロジーズには、すべての要件を満たすワークフォース ポータル ソリューションがあります。

      • デバイス:会社所有のノートPCかユーザー所有のノートPCか。
      • 周辺機器:業務でヘッドセットやプリンターなどは必要か。
      • ソフトウェア:必要なアプリケーションは何か。
      • エンドポイント セキュリティ:どのようにしてデバイスの監視と検証を行うか。
      • データ セキュリティ:ネットワークにアクセスするか。ローカル暗号化は可能か。
      • ユーザー帯域幅:ユーザーはコネクテッド ワークスペースで十分な帯域幅を確保しているか。
      • ハブ帯域幅:ハブに複数の新規ユーザーをサポートできる十分な帯域幅はあるか。
      • インフラストラクチャ容量:VPNおよびVDI/RDS/DaaSプラットフォームでさらなる需要に対応できるか。
      • サポート:リモート サポートを提供するためのトレーニングを受けた人材はいるか。

    • ユニファイド ワークフォース ポータルで効率性を最大限に高める

    • 完全統合型の包括的なDell Technologiesユニファイド ワークスペースは、最高レベルのセキュリティを備えたクラウドですべてのエンドポイント デバイスのリモート管理およびサポートを可能にする、業界初のワークフォース ポータル ソリューションです。

      • 手間いらずの導入。VMware Workspace ONEを使用して工場でシステムをプロビジョニングしてからテレワーカーに直接配送するため、セットアップの時間を約2時間節約できます。
      • セキュリティのレイヤー。Dell SafeBIOS:OSの下にあるレイヤーを保護します。Trusted Access:デバイス、ユーザー、ネットワーク、アプリケーションを常に監視および検証します。Dell SafeData:エンドポイントを暗号化します。Dell SafeGuard and Response:脅威を包括的に管理します。
      • 統合エンドポイント管理(UEM)。ほぼすべてのシステム、OS、またはアプリケーションのリモート デバイスおよびアカウント管理機能を提供します。
      • よりスマートなサポート。ProSupport Plus with SupportAssistが、デバイス、アプリケーション、およびユーザーのインサイトを集約して問題の解決を迅速化します。
      • PC as a Service。ハードウェアとソフトウェアをバンドルして、PCのライフサイクル全体のコストを管理します。

    • クラウド向けのワークフォース ポータルを構築可能

    • 以前であれば、クラウドへの移行を適切に進めるためには総力を挙げて取り組む必要がありました。言い換えれば、多額の費用、膨大な計画、そして運用を中断する強い意志が不可欠でした。しかし今では、デル・テクノロジーズのハイブリッド クラウド ソリューションにより、既存のインフラストラクチャにクラウド機能を段階的に追加し、ビジネスの成長に合わせて移行を進めることが可能です。また、使い慣れたテクノロジーをそのまま使用するため、以前の投資から利益を得ながら、最小限の中断でクラウドにワークフォース ポータルを移行できます。

      デル・テクノロジーズのハイブリッド クラウド ソリューションの中核をなすのは、VMware Cloud Foundation on Dell EMC VxRailです。これは、共通のインターフェイスで管理と運用をシンプルにする、統合および自動化された包括的なマルチクラウド ソリューションです。つまり、非互換性や複数のクラウドの管理の複雑さに頭を悩ませることなく、常にニーズ最適なクラウドを柔軟に追加することが可能になります。そして何と言っても、時間をかけてCAPEXとOPEXを一体化することにより、コストのかからない継続的なプロジェクトに本質的に大きな変革をもたらすことができます。このようにワークフォース ポータルを構築してクラウドに移行できるソリューションを今すぐご活用ください。

    • 装飾

      Connected Workplaceとテレワークの構築

      デル・テクノロジーズのコラボレーション ソリューションにより、企業はDigital Connected Workplaceを構築してサポートできます。

    • 装飾

      在宅勤務サービス

      デルの在宅勤務ソリューションで、自宅から社員の生産性とコラボレーションを向上させましょう。

    • 装飾

      テレワーク社員向けソリューション

      New Dell Latitudeファミリーは、起動、充電、接続を高速化し、作業の生産性を向上させる設計となっています。