• EUC(エンド ユーザー コンピューティング)の紹介

    • エンド ユーザー コンピューティングとは、ユーザーが複数のデバイスを使用して、いつでもどこからでも、アプリケーションおよびデータにアクセスできるようにするための方法です。EUC向けの安全なアクセスのために、通常組織は何らかの形式のVDIを導入します。エンド ユーザー コンピューティングでは、こうしたユーザーとデバイスが、コンピューティング環境にシームレスに統合されます。このためEUC戦略では、モビリティーとBYOD(Bring-Your-Own-Device)を可能にします。

      効果的なEUC/VDIインフラストラクチャは通常、仮想化ソフトウェア用のサーバー、デスクトップ イメージ向けのフラッシュ ストレージ、データ用のNASストレージ、ネットワーキングで構成されます。

    •  

      仕事を瞬時に、スマートに - ワークフォース ソリューション

      New Dell Latitudeファミリーは、起動、充電、接続を高速化し、作業の生産性を向上させる設計となっています。

    • エンド ユーザー コンピューティングとは?

    • 効果的なエンド ユーザー コンピューティング戦略は、規模にかかわらずエンタープライズに有効です。今日のナレッジ ワーカーは、モバイル性が高く、複数のデバイスがあるさまざまな環境で作業することを選択しています。さらに、知識が豊富なユーザーは、自分のモバイル デバイスを使って、クラウド経由でサービスに即座にアクセスすることが普通になっています。IT組織は、エンド ユーザーが求める主要なアプリケーションとデータを処理するために、高パフォーマンスのITインフラストラクチャを提供する必要があります。また、知的財産権に影響を与えるリスクを排除して、そのデータのセキュリティを保護する方法が必要です。


    • エンド ユーザー コンピューティングを考慮する理由

    • エンド ユーザー コンピューティングは、必要なときに必要なデバイスから必要なアプリケーションに、モバイル ワークフォース アクセスを提供できるよう実装することが必要です。オールフラッシュ ストレージコンバージド インフラストラクチャにより、EUCの実装が迅速かつシンプルになるため、基盤となるインフラストラクチャの維持と構成ではなく、シームレスなアクセスの提供に集中することができるようになります。


    • エンド ユーザー コンピューティングのメリット

    • 今日の大企業では、モビリティーとBYODをエンド ユーザーに提供する必要があります。これを実現するのがEUCです。IT組織にとっては、データ センター内のデスクトップとデータを一元化してセキュリティ保護し、ユーザー エクスペリエンスを管理しやすくなるというメリットがあります。エンド ユーザーにとっては、いつでもどこでも複数のデバイスから作業できるというメリットがあります。

    •  

      Unified Workspace - ワークフォース トランスフォーメーション

      Dell Technologiesユニファイド ワークスペースにより、企業はデバイスをクラウドから導入、保護、管理、サポートできます。

    •  

      Connected Workplaceとテレワークの構築

      デル・テクノロジーズのコラボレーション ソリューションにより、企業はDigital Connected Workplaceを構築してサポートできます。

    •  

      在宅型社員 - 仕事を瞬時にスマートに

      VPN対応のAll-in-Oneデスクトップにより、テレワーカーは同僚と連携したり、簡単にファイルにアクセスしたり、ファイルを共有したりできます。