• コネクテッド ワークスペース

    • 10年以上にわたるコネクテッド ワークスペースの経験があるパートナー

    • デル・テクノロジーズは10年以上にわたって、グローバル チームの10万人を超えるテレワーカー向けに、コネクテッド ワークスペースの設計、構築、改良を行ってきました。当社は、その過程で多くのことを学び、その教訓を包括的な在宅勤務ソリューションに注ぎ込んでお客様にお届けします。そのような経験を積んだパートナーが大きな違いを生む方法には、次のようなものがあります。
      未来の働き方と最新のセキュリティの脅威一歩先を行く。 
      • 最先端のリモート ワークフォース ソリューションを最大限に活用する方法について学ぶ。
      • 幅広い革新的な製品とサービスを利用する。
      • コネクテッド ワークスペースに対するお客様の組織のニーズと目標を正確に対応する。
      • ワーク スタイルを特定して、ユーザー エクスペリエンスをカスタマイズする。
      • 安全性に優れたハイ パフォーマンスのデジタル ワークプレースで、生産性とチームワークを最大限に活用する。
      • フレキシブル ファイナンスやas-a-Serviceソリューションを活用して、お客様のコネクテッド ワークスペースのトランスフォーメーションの実現を早めます。
      • 当社の計画、導入、サポートの専門家を参加させることで、お客様のチームを大幅に強化する。
      • 実装、採用、ROIを迅速化する。
      • お客様独自のデータと企業インテリジェンスを引き出して、競争優位性を高める。

    • 装飾

      テレワーク

      テレワークおよびコラボレーション ソリューションにより、社員は在宅勤務でプロジェクトを軌道に乗せることができます。

    • コネクテッド ワークスペースを確認するには新しいイントラネットが必要

    • 部門別に構成:イントラネットを部門別に構成している組織は多いのではないでしょうか。ユーザーが最新版の組織図を覚えられず、各チームの担当を把握していない場合は、必要なコンテンツとツールを見つけるのに苦労します。コネクテッド ワークスペースで人が自然に物事をやり遂げる、理にかなったやり方でイントラネットを編成する方法について説明します。
      モバイル非対応。ある時期のイントラネットにアクセスできるのはオンサイトまたはVPN経由でのみであったため、業務時間外やモバイル デバイスではモバイル ワーカーは重要なコンテンツにアクセスできませんでした。生産性の阻害要因について説明します。24時間365日のモバイル アクセス機能は、コネクテッド ワークスペースには絶対に必要不可欠です。
      混乱している。イントラネットが10年以上経過している場合、その組織モデルは、おそらく老婦人の屋根裏部屋のようになっているでしょう。ほこりの被った古い無関係なコンテンツばかりが大量に存在していると、ユーザーの不満は高まります。コラボレーション用の独自の指定領域をチームに与え、最終ドキュメントをライブラリーに移すことで、コネクテッド ワークスペース内での組織のインテリジェンスの創出、収集、再利用が容易になります。
      イントラネット。M&A活動によって、コンテンツが複数のSharePoint環境に分散されてしまうことがよくあり、それぞれの環境に独自のメンテナンス要件があります。それは、お客様とそのユーザーの時間とリソースをまったく無駄にすることですが、統合することは、To Doリストで永久に優先度を下げておきたいような、あまり快適ではない作業の1つです。それは、最新のイントラネットを使用してコネクテッド ワークスペースをDell Technologies Servicesでトランスフォームすれば、消えてなくなる作業でもあります。
      Intranets Part dUX。複数のイントラネットによって生産性および組織のインテリジェンスの価値が損なわれるもう1つの要因は、それぞれの環境に独自のユーザー インターフェイスとコンテンツの提示方法があることです。共有グラフィック スタイルでコンテンツを一か所に集約することにより、ユーザーはプロジェクトについて考えることに集中できるようになり、デザインの違いに煩わされることなくコンテンツの違いが簡単にわかるようになります。
      検索が機能しない。過度な共有、タグなし、非構造化、古い情報などのコンテンツがあると、ユーザーは関連性の高い検索結果を得ることができなくなります。そのうちに、イントラネットの検索機能が「機能していない」と判断して、使うのを止めることになります。それでは検索機能として不適切です。いつかは、コンテンツの分析、再編成、矛盾のないタグ付けが必要になる時期が来ます。そのときに、コネクテッド ワークスペースのイントラネットのトランスフォーメーションの一環として、それを行うのがDell Technologies Servicesのエキスパートです。


    • コネクテッド ワークスペースの背後にあるワークフォース イノベーション

    • デル・テクノロジーズは、コアからクラウドまで、お客様が必要とするすべてのテレワーク ソリューションの単一の窓口です。
      Dell Technologies Cloud。リモート ワークフォース サービスのコスト効率の高い導入と管理。
      Dell EMC VxRail。共通のインターフェイスを使用して、マルチクラウド運用をシンプル化します。
      仮想デスクトップ インフラストラクチャ。効率化されたセキュアなハイ パフォーマンスを実現します。
      ユニファイド ワークスペース。クラウドベースの包括的な導入、セキュリティ、サポートを提供します。
      Dell EMC SD-WAN。クラス最高のパフォーマンスを提供する、コンパクトなオールインワン ソリューション。
      Microsoft Office 365。この変革を起こす環境のあらゆる側面をサポートするサービス。

    • 装飾

      柔軟な支払いソリューション

      デル・テクノロジーズの支払いソリューションでは、最新のITソリューションを1か所で入手して健全なキャッシュ フローを維持できるオプションを複数ご用意しています。

    • 装飾

      VDI(仮想デスクトップ インフラストラクチャ)

      Dell EMC VDIの「エッジからコア、クラウドまで」のVDIソリューションは従業員を支援し、安全かつハイパフォーマンスなコンピューティング エクスペリエンスを提供します。

    • 装飾

      PC as a Service

      デルのPC as a Service(PCaaS)をご利用いただくと、ハードウェア、ソフトウェア、ライフサイクル サービス、ファイナンスを1つの包括的なソリューションに統合し、PCのライフサイクル管理をシンプルにすることができます。