• Dell EMCソリューションによる、非構造化データのマイニング

    • 非構造化データの爆発的な増加に直面しているさまざまな規模の組織が、非構造化データを効果的かつコスト パフォーマンスに優れた方法に保存して、そうしたデータからインサイトとインテリジェンスを引き出す方法を模索しています。非構造化データは、基本的に、構造化データベースに格納されないデータであり、たとえば、電子メール、イメージ、ドキュメント、ビデオ、ソーシャル メディア コンテンツのほか、ログなどのアプリケーション関連データがこれに含まれます。

      非構造化データを管理できるソリューションを見つけることが現在の課題になっています。急増する非構造化データを処理する次世代アプリケーションには、通常、オールフラッシュ ストレージの高パフォーマンスが必要になりますが、組織では予算的な制約によって、設備と運用への投資が難しくなっています。

      Dell EMC Isilonにより、お客様の環境で管理する非構造化データの量に関係なく、簡単に拡張して利用できる優れたスケールアウト ファイル ストレージ ソリューションを実現できます。

    •  

      Dell EMCエンタープライズ データ ストレージ ソリューションのご紹介

      Dell EMCのフラッシュ ストレージ、クラウド ストレージ、およびデータ保護により、データ資本の価値を引き出し、データを最も貴重な資産に変えることができます。

    •  

      Dell EMC IsilonスケールアウトNAS(ネットワーク接続型ストレージ)

      大規模な拡張性を備えたDell EMC Isilon非構造化データ ストレージは、業界No.1のスケールアウト ネットワーク接続型ストレージ システムです。

    •  

      Dell EMC Unity XTオールフラッシュ ユニファイド ストレージ ソリューション

      Dell EMC Unity XTミッドレンジ ストレージは、ユニファイド ストレージのスピードと効率性を実現すべく新たに構築されており、マルチクラウド環境に対応可能です。

    •  

      次世代のワークロードに対応した、Dell EMCオブジェクト ストレージ ソリューション

      ソフトウェアデファインド モデルまたはターンキー アプライアンスとして導入可能なECSは、Dell EMCの代表的なオブジェクト ストレージ プラットフォームです。  

    • 非構造化データの課題

    • リレーショナル データベース内の構造化データに対してクエリーを実行したり、レポートを実行したりすることは簡単ですが、非構造化データから価値を抽出することは非常に困難です。テキスト データでのシンプルなコンテンツ検索では、興味深い情報がヒットする場合もありますが、従来の構造化コンテンツでの分析における深さや網羅性とは比較になりません。しかし非構造化データは、組織のデータ セット全体の約80%を占め、その量は毎年倍増しています。非構造化データの価値を活用して、競合との差別化を図るには、こうした独自のデータ セットで、高度かつ包括的な分析を行えるツールが必要です。

      解決策の1つは人工知能(AI)です。AIツールは、テキストの意味を分析する能力を非常に高めており、それらを正確に分類できるようになりました。しかも、数千から数百万のレコードを人間よりもはるかに短時間で精選できます。AIは、テキスト コンテンツの調子と感情を評価し、予測モデルを使用して、起こり得る結果を予測できます。 

      しかし、AIとディープ ラーニング(DL)の実行と管理には、多数の並列ファイルI/Oを処理できるストレージ ソリューションが必要です。従来のソリューションではこれに対応できません。コンピューター スレッドの同時処理が増加すると、ボトルネックが生じます。ストレージ性能が低下し、データ不足によってGPUとCPUがフル活用されなくなるからです。


    • 非構造化データの管理に適したDell EMC Isilon

    • 業界No.1のスケールアウト ネットワーク接続型ストレージ システム、Dell EMC Isilon分散型ファイル システム製品により、非構造化データを、非常に効果的かつコスト パフォーマンスに優れた方法で管理できます。Dell EMC Isilonでは、オールフラッシュ、ハイブリッド ストレージ、アーカイブNASの各プラットフォームを選択でき、増加する非構造化データ セットの規模に関係なく、ストレージ環境を拡張および管理できます。

      Dell EMC Isilon製品ファミリーは次の要素で構成されています。

      • Dell EMC Isilonオールフラッシュ:Isilon OneFSオペレーティング システムで稼働する、このオールフラッシュ スケールアウト ストレージ アーキテクチャは、膨大な量の非構造化データへのアクセスを高速化し、コスト削減と複雑さの軽減を可能にします。高密度設計によって、1つの4Uシャーシに4ノードを搭載しており、きわめて高いパフォーマンスと効率性を実現することで、最も要求の厳しい非構造化データ アプリケーションとワークロードに対応します。
      • Dell EMC Isilonハイブリッド:汎用性の高いシンプルなスケールアウト ストレージ アーキテクチャを採用したIsilonハイブリッド ストレージは優れた柔軟性を実現するとともに、大容量ストレージとハイパフォーマンス ストレージとしてのバランスを取っています。
      • Dell EMC Isilonアーカイブ:Dell EMCは、優れた効率性と拡張性を備えた2つのアーカイブ ソリューションを提供しています。1つは、プライマリー ストレージに匹敵するアクセス性、価値、使いやすさを実現する理想的なアクティブ アーカイブ ストレージ、もう1つは長期保存するデータを効率的に保護するディープ アーカイブ ストレージです。

    • 非構造化データを対象にするAIとDLを再定義

    • Dell EMC Isilonは、きわめて高いパフォーマンスと大規模な並列処理を実現し、大量のデータを最も必要とする分析アルゴリズムに対応します。これにより、非構造化データからインテリジェンスを引き出すことができます。Isilon製品ファミリーは次のようなメリットをもたらします。

      • 分析の迅速化:Isilonのオールフラッシュによるパフォーマンスと大規模な並列処理が、一貫性のあるレスポンスを備えた数百の同時データ接続を実現して、I/Oのボトルネックを排除し、学習サイクルを高速化します。これにより、短時間で分析を行い、イノベーションを推進できます。
      • 容易な拡張:Isilonにより、数十テラバイトから68 PBにまでシームレスに拡張でき、最大80%のストレージ使用率を実現できます。また、データ センター設置面積を75%削減可能です。
      • 管理の簡素化:Isilonの高度な機能によって、コンプライアンス、セキュリティ、保護、データをシンプルに管理できます。

    • Dell EMC非構造化データ ソリューションのサポート

    • ストレージ ソリューションと企業ITを取り巻く状況は急速に変化しています。ITチームは、Dell EMC Isilonなどの新しいテクノロジーを導入する一方で、引き続き既存のサーバー、ストレージ、ネットワーキングを管理しなければならないプレッシャーを感じています。しかも、予算は年々厳しくなっています。

      Dell EMCのエンタープライズクラスのサポートにより、日常的なサポート業務と重要なサポート業務のどちらも肩代わりすることで、ITチームの負荷を軽減できます。Dell EMC ProSupport Enterprise Suiteでは、Dell EMCのエキスパート チームに問い合わせることができるため、IT業務の複雑さが緩和されます。これにより、戦略的な優先業務に専念できます。

      ProSupport Enterprise Suiteは次のようなメリットをもたらします。

      • 重要なシステムを最適化し、ITのパフォーマンスと安定性を向上させることができます。また、業務負荷の軽減により、スタッフがビジネス革新に専念できるようになります。
      • 専門知識を備えたサポート エンジニアに24時間365日問い合わせることができ、システム停止を最小限に抑えられます。サポートでは、ビジネスに影響が及ばないように、問題の迅速な診断と、個別のガイダンスが提供されます。
      • プロアクティブで予防的なテクノロジーによって、ハードウェアとソフトウェアを順調に稼働させることで、ITチームが問題を未然に防止できます。

    • FAQ:非構造化データとは?

    • 非構造化データとは何ですか?

      基本的に、非構造化データとはデータベース内に含まれないデータを指します。非構造化データには、テキスト、電子メール、ソーシャル メディアの投稿、プレゼンテーション、画像、ビデオ ファイル、アプリケーションのログなどがあります。

      非構造化データにはどのような価値がありますか?

      非構造化データは、組織のデータ セット全体の約80%を占めているため、それらには、組織、その顧客、パートナー、市場に関する膨大な量のインサイトとインテリジェンスが含まれていると考えられています。

      非構造化データの課題とは何ですか?

      本質的に、非構造化データを分析して有用なインテリジェンスを抽出することは非常に困難です。また、非構造化データは毎年倍増しているため、それらを保存および管理するコストも急速に増加する可能性があります。

      オールフラッシュ ストレージが非構造化データの管理に最適なのはなぜですか?

      非構造化データの分析に最適な人工知能(AI)ツールには、オールフラッシュ ストレージ環境でなければ実現できない非常に優れたパフォーマンスが必要です。高速かつパフォーマンスの高いストレージ ソリューションがなければ、AIと分析のジョブですぐにボトルネックが生じます。これによってイノベーションが遅延し、他のシステムを十分に活用できなくなる可能性があります。

    •  

      DataIQデータ管理ソフトウェア

      DataIQを使用すると、組織全体にわたる大量の非構造化データを数秒で収集、整理、管理できます。

    •  

      オブジェクト ストレージ:メリットとユース ケース

      オブジェクト ストレージは本質的に、大規模に拡張できるストレージ アーキテクチャであるため、クラウド アプリケーションに適しています。