• ソフトウェアデファインド ストレージによるパフォーマンスの向上

    • Big DataやInternet of Thingsなどのトレンドの影響により次世代アプリケーションが増加する中、組織は俊敏性、耐障害性、拡張性、コスト パフォーマンスの大幅な向上を期待して、ソフトウェアデファインド ストレージ ソリューションに目を向けています。ストレージ アーキテクチャに対するこのアプローチでは、ソフトウェア レイヤーを使用して、業界標準のサーバー上にある物理データ ストレージ容量に対してプロビジョニング、オーケストレーション、管理を行います。ストレージ管理ソフトウェアをハードウェアから分離してソフトウェアデファインド ソリューションを使用することで、ハードウェアとソフトウェアを個別に取得できます。独自のプラットフォームにこだわる必要はありません。

      ソフトウェアデファインド ストレージを有効に稼働させる秘訣は、導入と管理が容易なソリューションを選択することです。これにより、複数のワークロードとさまざまなユース ケースに対応できるうえ、ITチームが、異なる種類のストレージ メディアを管理する複雑さから解放されます。優れたソフトウェアデファインド ストレージの選択肢を求める組織向けに、Dell EMCは業界をリードする製品を取り揃えています。

    •  

      次世代のワークロードに対応した、Dell EMCオブジェクト ストレージ ソリューション

      ソフトウェアデファインド モデルまたはターンキー アプライアンスとして導入可能なECSは、Dell EMCの代表的なオブジェクト ストレージ プラットフォームです。  

    • ソフトウェアデファインド ストレージの必要性

    • ストレージ メディアの進化によって、さまざまな選択肢ができましたが、それぞれに、特性、メリット、制限があります。しかし、こうした現行世代のストレージ ソリューションの多くは、次世代アプリケーションのニーズを満たす性能を十分には備えていません。たとえば、Big Data、ソーシャル、モバイルとクラウド コンピューティング、ロボティクス、3Dプリンティング、Internet of Thingsなどの新しいテクノロジーには、より高速なアクセス、柔軟性、拡張性、容量を実現するストレージ メディアが必要です。こうしたニーズに対応すべく新たなテクノロジーが登場しても、ITチームはプレッシャーを感じています。コスト削減と、既存のリソースによる効率化を行うだけでなく、新しいストレージ メディアのコスト パフォーマンスを高め、管理を容易にしなければならないからです。

      ソフトウェアデファインド ストレージ ソリューションは、前述の性能、柔軟性、拡張性、使いやすさ、コスト パフォーマンスの要件を満たすことができます。それを実現するために、このソリューションでは、管理サービス(コントロール プレーン)が、ストレージ メディアのインフラストラクチャ(データ プレーン)から分離されています。ストレージ定義システムでは、異なる種類のストレージ アレイで1つのストレージ プールを作成することで、管理者がポリシーを使用して仮想ストレージ アレイを作成できるようになります。従来のストレージ アレイとは異なり、ソフトウェアデファインド ストレージでは、新しいアレイを迅速かつ簡単に追加できます。また、ユーザーがストレージにすぐにアクセスできるように、セルフサービス ツールを提供できます。これにより、ITのサポートを数日から数週間も待つ必要がなくなります。


    • Dell EMCのソフトウェアデファインド ストレージ ソリューション

    • Dell EMCのソフトウェアデファインド ストレージ ソリューションにより、TCOの削減、IT運用の最適化、ITサービス導入の自動化を実現できます。Dell EMCソリューションでは、次のような、スケールアウト ファイル ストレージとオブジェクト ストレージ導入環境をご用意しています。

      • Dell EMC VxRail:ソフトウェアデファインド ストレージであり、TCOの削減とVMware環境の簡素化を目的として設計されたハイパーコンバージド システムです。VxRailは、HCIネットワーキングを変革し、VMwareクラウドの導入をシンプルにするほか、最も要求の厳しいワークロードとアプリケーションの多くに対応するなど、HCIのさまざまなユース ケースに適合しています。
      • Dell EMC IsilonSD Edge:さまざまなファイル ワークロードに対応した、ソフトウェアデファインド スケールアウト ネットワーク接続型ストレージ システムです。IsilonSD Edgeは、最大80%のストレージ使用率という優れた効率性を実現するとともに、単一のストレージ ソリューションで、複数のワークロードをサポートします。
      • Dell EMC ECS総所有コストを削減可能な、クラウド規模のグローバル分散オブジェクト ストレージ ソリューションです。ECSは、無限の拡張性とシンプルなインフラストラクチャを実現し、TCOをパブリック クラウド環境よりも48%削減できます。
      • UnityVSA:ソフトウェアデファインド ユニファイド ストレージ システムです。VMware ESXiシステムにvAppとしてインストールでき、HA機能など、Unityと完全に互換性のあるインスタンスを利用可能にします。UnityVSAは、Unityハードウェア システムと同じUI、フル スイートのスナップショット、レプリケーション ツールを提供し、最大50 TBのストレージに対応しています。
      • Unity Cloud Edition:Unityプラットフォームのソフトウェア デファインド バージョンです。AWS上のVMware Cloud Foundationサービスを使用してパブリック クラウド環境にインストールし、実行することができます。 

    • Dell EMCソフトウェアデファインド ストレージのメリット

    • Dell EMCソフトウェアデファインド ストレージ オプションのそれぞれに、独自の強みと利点があります。これらのソリューションにより、次のようなメリットを得られます。

      • より効率的にストレージを管理:ソフトウェアデファインド ストレージによって、ワークロードとストレージ間のスマートな通信と、動的なストレージ プロビジョニングが可能になるほか、ストレージを組織のニーズに適合させることができます。
      • 管理と効率性が向上:ソフトウェアデファインド ストレージを使用すると、インフラストラクチャを最適化して、急速に変化するビジネス要件に対応できるようになります。
      • 臨機応変な消費を実現:ソフトウェアデファインド ストレージでは、従来のモデルと新しいモデルの両方を使用してITを消費できます。これにより、クラウド、モバイル、ソーシャル、分析のプラットフォームそれぞれで、インフラストラクチャ全体の俊敏性を向上させることができます。
      • リアルタイムでの拡張:ソフトウェアデファインド ストレージを利用すれば、現在のビジネス要件に基づいて、最適な容量を提供できます。また、ITチームが階層型ストレージをオンデマンドでプロビジョニングできます。 

    • ソフトウェアデファインド ストレージ ソリューションを将来も有効に

    • Dell EMCのFuture-Proof Loyalty Programを利用すると、最大限の投資活用を確信して、ソフトウェアデファインド ストレージ ソリューションの導入を推進できます。このお客様向けプログラムは、Dell EMCテクノロジーへの投資を、世界レベルの機能とプログラムによって保護することを目的としています。これにより、お客様は、ライフサイクル全体で、ストレージ、データ保護、ハイパーコンバージド製品の価値を得られます。

      Future-Proof Loyalty Programのメリットは次のとおりです。

      • ハードウェア投資保護:既存または競合他社のシステムを下取りに出し、Dell EMCの次世代のストレージ、データ保護、HCIの各製品に適用できるクレジットを受け取ることができます。
      • 3年間の製品満足保証:ストレージ、データ保護、ハイパーコンバージド製品の動作が保証されます(業界の標準はわずか30日間)。
      • 安心して進められるデータ移行。
      • データ保護の重複排除保証:データ保護アプライアンスで、最大55倍のデータ削減を実現できます。 
      • ストレージのデータ削減保証。

      Future-Proof Loyalty Programは、NVMeフラッシュ ストレージネットワーク ストレージの各製品と、ソフトウェアデファインド オプションを含むすべてのDell EMCストレージ製品で利用できます。


    • FAQ:ソフトウェアデファインド ストレージとは?

    • ソフトウェアデファインド ストレージとは?

      ソフトウェアデファインド ストレージとは、ストレージ ソフトウェアをストレージ ハードウェア コンポーネントから分離してデータ ストレージを管理する方法を指します。この方法では、ソフトウェア レイヤーを使用して、データ ストレージを、業界標準のサーバーでプロビジョニング、調整、管理します。こうすることで、より多くの選択肢と柔軟性を得られるとともに、次世代のワークロードに必要な速度と俊敏性を実現できます。ソフトウェアデファインド ソリューションでは、異なる種類のハードウェア リソースのプールをストレージとして利用可能です。これにより、ハードウェアとメディアを混在させることができます。

      ソフトウェアデファインド ストレージ ソリューションにはどのようなメリットがありますか?

      ソフトウェアデファインド ストレージの主な2つのメリットは、コストと効率性にあります。ソフトウェアデファインド ソリューションでは、新しいストレージ メディアの購入が必要になる前に、既存のハードウェアをすべて使用して最適に活用できます。また、新しいストレージ アレイを迅速かつ簡単に追加することも、ユーザーがセルフサービス ツールを使用して、より簡単にストレージにアクセスすることもできます。最終的に、ソフトウェアデファインド ストレージを使用すると、IT管理者はデータが保存されているハードウェアではなく、データそのものの管理に専念できるようになります。


    •  

      Dell EMCエンタープライズ データ ストレージ ソリューションのご紹介

      Dell EMCのフラッシュ ストレージ、クラウド ストレージ、およびデータ保護により、データ資本の価値を引き出し、データを最も貴重な資産に変えることができます。

    •  

      次世代のワークロードに対応した、Dell EMCオブジェクト ストレージ ソリューション

      ソフトウェアデファインド モデルまたはターンキー アプライアンスとして導入可能なECSは、Dell EMCの代表的なオブジェクト ストレージ プラットフォームです。  

    •  

      Dell EMC Unity XTオールフラッシュ ユニファイド ストレージ ソリューション

      Dell EMC Unity XTミッドレンジ ストレージは、ユニファイド ストレージのスピードと効率性を実現すべく新たに構築されており、マルチクラウド環境に対応可能です。