• クラウド データ バックアップ

    • Dell EMCでクラウド データ バックアップをシンプルに

    • 組織がますますクラウドを活用してパフォーマンスと効率性を向上している現在、クラウド データ バックアップはあらゆるITチームにとって非常に重要な優先事項です。組織は、クラウド内のデータを喪失、破損、盗難、侵害から保護する必要があります。ただし、クラウド コンピューティングの複雑さのために、管理とコストの面で大きな課題が生じます。

      Dell EMCのデータ保護ソリューションは、クラウド データ バックアップに対するお客様のアプローチを変革します。クラウド内のデータ資産を保護するコストと複雑さを軽減できるクラウド ディザスター リカバリー、長期保存、クラウド内バックアップ、ハイブリッド クラウド バックアップを提供します。

    • 装飾

      Dell EMCのデータ保護の詳細

      Dell EMCの業界をリードするデータ保護ソリューションでデータのビジネス バリューを保護できます。

    • クラウド データ バックアップを阻む障害

    • 効果的かつコスト パフォーマンスに優れたクラウド データ バックアップを実現するためには、複数の重大な課題に対応する必要があります。

      • バックアップの速度:ワイド エリア ネットワーク接続に依存するクラウド データ バックアップは、多くの場合、帯域幅、レイテンシー、信頼性の点で限界があります。長期的なクラウド データ バックアップのソリューションには、バックアップを加速してバックアップ時間を最小限にする方法を見つけることが不可欠です。
      • バックアップの複雑性:クラウド データ バックアップには、プライベート、パブリック、ハイブリッド クラウド環境からのデータのバックアップが含まれます。また、オンプレミス ストレージのデータとバックアップを統合する必要もあります。ITチームによるさらなる管理負担を回避するためには、バックアップの複雑性を最小限に抑えることが重要です。
      • コンプライアンスのニーズ:データの制御とIT資産の所有権をクラウド サービス プロバイダーと共有しなければならないため、クラウドに移行する多くの組織にとって、コンプライアンスは主要な懸念です。クラウド データ バックアップ、サービス プロバイダー、組織が規制の枠組みに確実に準拠することは不可欠ですが、コスト効率の高い方法でコンプライアンス要件を管理することも重要です。
      • 拡張性:多くの組織が管理する必要があるデータのボリュームは飛躍的に増加し続けており、増大する需要に合わせて簡単に拡張できるクラウド データ バックアップのソリューションが必要とされています。
      • コスト:組織がクラウドにより多くのデータを移行し、クラウド環境が複雑になり続けている現在、クラウドデータ バックアップのストレージ コストはたちまち制御不能になる可能性があります。クラウド データ バックアップのすべてのソリューションが、ストレージ フットプリントを最小限に抑え、ITチームがより少ないリソースでより多くのデータを保護する方法を提供する必要があります。

    • Dell EMCのクラウド データ バックアップ ソリューション

    • あらゆる規模のビジネスに向けたデータ保護ソリューションのグローバル リーダーであるDell EMCは、クラウド データ バックアップに向けて、エンタープライズ バックアップのソフトウェア、ハードウェア、ソリューション、サービスの完全なポートフォリオを提供しています。Dell EMCのテクノロジーは、クラウドのデータ保護を管理する際のコスト、複雑性、管理の負担を最小限にするソリューションによって、クラウド データ バックアップの課題を解決します。

      Dell EMCのクラウド データ バックアップ テクノロジーには、以下の用途に適したソリューションが含まれています。

      • クラウド バックアップ:クラウド コンピューティングを今すぐ活用する場合も、近い将来に活用する場合も、Dell EMCのクラウド バックアップは、低コストな重複排除型パブリック クラウド オブジェクト ストレージをすべてのバックアップ コピーに使用可能にするクラウド対応データ保護ソリューションを提供します。
      • クラウド ディザスター リカバリー: Dell EMC Cloud Disaster Recoveryは、オンサイト ロケーション、クラウド ロケーション、仮想環境をリカバリーするための、よりシンプルかつ高速で、コスト パフォーマンスに優れた方法を提供します。
      • 長期保存: Dell EMC Cloud Tierは、重複排除済みのデータをクラウドにネイティブに階層化し、保護ストレージのフットプリントを削減することで、長期保存のコスト効率を向上します。
      • VMwareクラウド保護: Dell EMCでは、単一のソリューションを使用して、VMware Cloud on AWSなどのハイブリッド クラウド ワークロードを保護できます。

    • Dell EMCによるクラウド データ バックアップのメリット

    • Dell EMCを使用して、クラウド データ バックアップ管理のあらゆる課題を解決できます。

      Dell EMC Data Protection Suiteは、複数の方法でクラウド データ バックアップのコストを最小限に抑えます。高速なハイブリッド クラウドバックアップによってWANコストを最小限に抑え、長時間のバックアップがアプリケーション パフォーマンスに影響することで発生する生産性の低下を軽減できます。

      また、Dell EMCは、クラウド データ バックアップに必要なハードウェアも削減できます。さらに、コンプライアンスのコストも削減できます。ポリシー駆動型のバックアップ管理により、コンプライアンスの管理と実践のタスクをシンプルにできるためです。高度な重複排除テクノロジーにより、組織はストレージフット プリントを最小限に抑え、バックアップ データをクラウドに保存するコストを削減できます。

      IT管理者がバックアップを簡単に管理できることで、クラウド データ バックアップの複雑性と管理上の負担を軽減するだけでなく、毎日バックアップを構成および監視するために必要なスタッフ リソースのコストも削減できます。


    • クラウド データ バックアップに向けたDell EMCのテクノロジー

    • クラウド データ バックアップをサポートするDell EMC製品には以下があります。

      • Dell EMC Data Domainは、業界をリードする、拡張性と信頼性の高いクラウド対応のバックアップ アプライアンスです。Dell EMCのクラウド データ バックアップのソリューションの土台となり、クラウド内での、およびクラウドへのディザスター リカバリー、長期保存、アプリケーションのバックアップを可能にします。
      • Dell EMC PowerProtectは、従来のデータ保護から包括的なデータ管理へのトランスフォーメーションを次のステップへと進めます。PowerProtect Softwareを使用すれば、保護ポリシーの設定、バックアップ/リカバリー、重複排除、物理ワークロードと仮想ワークロードの階層化が可能です。IT部門がガバナンスとコンプライアンスを維持し、データの所有者と管理者はネイティブのインターフェイスから直接重要なワークロードを保護できます。PowerProtectは、分散型の環境の分析とトラブルシューティングをあらゆる場所から簡単に行うためのSaaSのレポート作成および監視機能を提供します。
      • Dell EMC Data Domain Cloud Tierは、長期保存に向けて、パブリック、プライベート、ハイブリッド クラウド環境にデータをネイティブに階層化します。高度な重複排除によってストレージ フットプリントを最小限に抑え、クラウド データ バックアップ ストレージのコストを大幅に削減できます。
      • Dell EMC Cloud Disaster Recoveryは、バックアップしたVMをオンプレミス環境からパブリック クラウドにコピーすることを容易にし、ディザスター リカバリー テスト、ディザスター リカバリー フェールオーバー/フェールバックのオーケストレーションと自動化をシンプルにします。
      • Dell EMC Cloud Snapshot Managerは、複数のクラウドにわたるワークロードの保護の検出、オーケストレーション、自動化を支援するSaaSソリューションです。

    • クラウド データ バックアップに関するFAQ

    • クラウド データ バックアップとは何ですか?

      クラウド データ バックアップは、オンプレミスおよび/またはクラウドに保存されたデータをクラウド内のオフサイト サーバーにコピーするデータ保護戦略です。 

      クラウド データ バックアップのユースケースにはどのようなものがありますか?

      クラウド データ バックアップのユースケースは以下のとおりです。

      • 通常はオペレーション リカバリーのための短期バックアップとして、オンプレミス データをパブリック クラウドのオブジェクト ストレージにバックアップする。
      • 長期保存およびコンプライアンス要件に向けてバックアップする。

      クラウド データ バックアップのメリットは何ですか?

      クラウド データ バックアップのメリットになり得るものは以下のとおりです。

      • 使用量に基づいた価格設定によるコスト削減
      • 拡張性の向上
      • 管理の簡素化
      • インフラストラクチャのニーズとコストの削減

      クラウド データ バックアップのデメリットは何ですか?

      クラウド データ バックアップのデメリットとなり得るもの(適切なバックアップ ソリューションによって克服できる場合があります)は以下のとおりです。

      • 帯域幅とレイテンシーによっては、バックアップの速度が遅くなる。
      • クラウドに保存するデータのボリュームが増加するにつれて、コストが上がる。
      • データがオフプレミスになると制御が難しくなる。
      • 組織はバックアップ データの制御をクラウド サービス プロバイダーと共有しなければならないため、コンプライアンスの実践が困難になる。

      アーカイブとクラウド データ バックアップの違いは何ですか?

      クラウド データ バックアップは、データの喪失、破損、盗難、侵害が発生した場合に、元のデータを復元するために使用できるデータのコピーです。データ アーカイブは、コンプライアンス、履歴記録などの目的のために、一連のデータを長期保存することを指します。

      Dell EMC製品はOracleやSAPなどの情報システムをクラウドにバックアップできますか?

      はい。Dell EMCでは、Oracleバックアップ、SAPバックアップ、またその他のビジネスクリティカルなテクノロジー システムをバックアップできるソリューションを提供しています。

    • 装飾

      Dell EMC PowerProtect DDシリーズによるデータのバックアップとリカバリー

      バックアップ、アーカイブ、ディザスター リカバリーに拡張性のある高速のクラウド対応データ保護ストレージを活用できます。

    • 装飾

      Dell EMC PowerProtectアプライアンスの詳細

      PowerProtectアプライアンスは、中規模組織とエンタープライズ組織にデータ バックアップ、リカバリー、レプリケーションを提供します。

    • 装飾

      Dell EMC Integrated Data Protection Applianceによるデータのバックアップ

      Dell EMC Integrated Data Protection Appliance(IDPA)は、データ バックアップ、レプリケーション、リカバリーの包括的な機能を1台で提供します。