• プライベート クラウドとパブリック クラウド インフラストラクチャのいずれかの選択

    • ワークロードをクラウドに移行する場合、企業のITチームは、ワークロードをパブリック クラウドとプライベート クラウドのどちらのインフラストラクチャで実行するか、またはその両方を組み合わせて実行するかを選択できます。パブリック クラウドは、コストの削減、拡張性の向上、次世代テクノロジーへのアクセスなどを実現するのに適していますが、プライベート クラウドは、セキュリティの向上、レイテンシーの低減、データ ガバナンスとデータ局所性に対する制御の強化を可能にします。多くの企業では、マルチクラウド アーキテクチャでパブリック クラウドとプライベート クラウドの両方を使用していますが、さまざまなクラウド プラットフォームを管理することで、コストと複雑さが大幅に増大される可能性があります。

      プライベート クラウドのメリットとパブリック クラウドのメリットの双方を考え合わせると、ハイブリッド クラウドの導入も選択肢になります。ハイブリッド クラウドは、すべてのクラウド リソースを接続します。そこで使用されるテクノロジーは、管理をシンプルにして、クラウド バースティングやロード バランシングなどの機能のためにアプリケーションやデータのリソース間でのポータビリティーを実現しています。

      プライベート クラウドとパブリック クラウド インフラストラクチャの管理のバランスを取るためのハイブリッド クラウド プラットフォームを選択する際、現在では多くの企業がDell Technologiesが提供するテクノロジーを活用しています。

    • Dell Technologies Cloud Overview

      Dell Technologies Cloudの概要

      Dell Technologies Cloudは、すべての主要なパブリック クラウド、プライベート クラウド、ハイブリッド クラウドにわたって、単一ベンダーのエクスペリエンスを備えた一貫性のあるクラウド管理を実現します。

    • プライベート クラウドとパブリック クラウドの比較:メリット

    • 過去10年以上にわたるクラウドの進化に伴い、業界ではクラウド ソリューションの導入が急増してきました。現在、ITチームはワークロードを実行するための最適なリソースを必要とするとき、パブリック クラウド、プライベート クラウド、クラウド エッジ コンピューティング プラットフォームから選択することができます。

      プライベート クラウドのメリットとパブリック クラウド インフラストラクチャのメリットについては多くの説明が見つかります。パブリック クラウド サービスは、サード パーティーのベンダーによって提供されており、非常に柔軟性のあるリソースと、多種多様なクラウド テクノロジーが提供されています。パブリック クラウド サービスは、設備投資を必要とせず、SLAが異なる柔軟な価格設定オプションを提供します。ITチームは、オンプレミス機器の調達、設置、管理から解放され、パブリック クラウド ソリューションの柔軟性によって、組織は俊敏性を高め、イノベーションを加速させることができます。

      プライベート クラウドでは、組織での使用のみに特化され、他の顧客とは共有されないクラウド リソースが提供されます。インフラストラクチャの可視性が向上し、プライベート クラウドによって、クラウド セキュリティの厳格化、データ局所性に対する制御の簡素化、データ ガバナンスの強化、要求の厳しいワークロードに対する低レイテンシーのパフォーマンスを実現できます。プライベート クラウドには、IT部門による強化された監視とリソースが必要です。このため、組織はプライベート クラウドを導入する前に、オンプレミスとクラウド インフラストラクチャそれぞれのメリットを考慮する必要があります。

      ハイブリッド クラウド インフラストラクチャの登場によって、プライベート クラウドの導入とパブリック クラウドの導入のメリットの比較についての議論は事実上過去のものとなりました。ハイブリッド クラウド モデルを使用すると、企業はパブリック クラウドとプライベート クラウドの両方のリソースにアクセスできます。また、ビジネス ニーズとコスト面の要求に応じて、理論上は両者の間でワークロードを移動できます。

      しかし、ハイブリッド クラウドは、プライベート クラウドおよびパブリック クラウド インフラストラクチャと比較して管理エクスペリエンスが向上しているとされていますが、実際には、ほとんどのハイブリッド クラウド ソリューションには、完全なソリューションを提供するための経験、専門技術、実証済みのハードウェアとソフトウェアが不足しています。このため、ハイブリッド クラウドへの移行を模索している企業の多くが、Dell Technologiesが提供するテクノロジーを選択しています。


    • ハイブリッド クラウドの導入を管理するためのソリューション

    • VMware Cloud Foundation上に構築されたDell Technologies Cloudは、ハイブリッド クラウド環境の導入と運用が容易になるように設計された、一連のクラウド インフラストラクチャ ソリューションです。Dell Technologies Cloudは、VMwareソフトウェアとDell Technologiesインフラストラクチャの機能を組み合わせることで、一貫性のある運用モデルとシンプルな管理機能を実現し、企業がプライベート クラウドとパブリック クラウド テクノロジーのメリットを享受できるようにします。

      Dell Technologies Cloudには、次のものが含まれます。
      • 複数のクラウドでのアプリケーション ポートフォリオの実行、管理、自動化、セキュリティ保護を実現するターンキー プラットフォーム、VMware Cloud Foundation on VxRail。
      • VMware Cloud Foundationとの相互運用性を確保するために事前テストされた、最適な組み合わせのDell Technologiesインフラストラクチャ。これにより、企業はハイブリッド クラウド インフラストラクチャを構築し、従来のアプリケーションと要求の厳しい次世代のワークロードのニーズに対応することができます。
      • 完全に管理されたサブスクリプション ベースのサービスとしてのデータ センター ソリューション。これにより、堅牢なオンプレミスのIaaS機能をコア データ センターとエッジ ロケーションに導入できます。
      • 世界中の広範なクラウド プロバイダー エコシステムにおいて、AWS、Microsoft Azure、Google Cloud Platform、さらに4,200のクラウド プロバイダーを含むパートナー クラウドのサポート。


    • VMware Cloud Foundation on VxRail

    • Dell Technologies Cloudの中核となるプラットフォームでは、拡張性の高いハイパーコンバージド インフラストラクチャ プラットフォームであるDell Technologies VxRailと、完全なソフトウェアデファインド サービスのセットであるVMware Cloud Foundation(VCF)が組み合わされています。これにより、プライベート環境またはパブリック環境で従来のエンタープライズ アプリケーションまたはコンテナー化されたエンタープライズ アプリケーションを実行およびオーケストレーションします。Dell Technologiesのクラウド プラットフォームには、次の特長があります。
      シームレスなエクスペリエンス:VMware SDDC ManagerとVxRail Managerとの緊密な統合により、ユーザーは、単一コンソールからクラスターとワークロードを導入および管理することができます。
      ライフサイクル管理の自動化:VCFとVxRailとの緊密な統合により、ITチームは既知の良好な状態から次の状態への迅速かつ安全なアップデートとパッチ適用が可能になりました。
      本質的なセキュリティ:VCF on VxRailは、スタックのあらゆるレベルでデータを保護し、組織全体のセキュリティとネットワーキングのポリシーを統合します。
      単一のサポート モデル:Dell Technologiesとの単一ベンダーによるサポート関係により、すべてのハードウェアとソフトウェアのサポート サービスを簡素化および合理化することができます。


    • Dell Technologiesが提供する追加のクラウド ソリューション

    • Dell Technologiesは、Dell Technologies Cloudとともに、次の追加のクラウドソリューションを提供しています。
      • Dell Technologiesは、適切なSLAにより、適切なクラウド ワークロードを保存および保護するための幅広いソリューションを提供します。過負荷になっているプライマリー ストレージの緩和から、低コストのDRサイトの構築や独自のクラウド ベースのサービスによるデータの保護まで、Dell Technologiesが提供するクラウド対応のインフラストラクチャによって、ITチームはデータ優先の考え方を採用し、現在のIT運用をモダナイズすることができます。
      クラウド向けのデータ保護。Dell Technologiesのクラウド、マルチクラウド、ハイブリッド クラウド向けのデータ保護ソリューションにより、お客様はデータ センターを変革し、運用効率、耐障害性、拡張性を向上させることができます。ソリューションには、パブリック クラウドの保護、クラウドのディザスター リカバリー、長期保存、ハイブリッド クラウドの統合、クラウド ネイティブ プロテクションが含まれます。


    • FAQ:プライベート クラウドのメリットとパブリック クラウドのメリット

    • パブリック クラウドについて教えてください。
      パブリック クラウドは、サード パーティーのプロバイダーによって管理され、インターネット経由で提供される仮想化コンピューティング リソース(サーバー、ストレージ、アプリケーション、ネットワーキングなど)を提供します。

      プライベート クラウドについて教えてください。
      プライベート クラウドは、パブリック クラウドと同じタイプの柔軟な仮想化リソースを提供しますが、サービスは1つの組織専用です。プライベート クラウドはオン プレミスに常駐しているか、オフサイトで運用されている可能性があります。

      プライベート クラウドのメリットとパブリック クラウドのメリットは何ですか?
      パブリック クラウド サービスは、ほぼ無制限の拡張性、高い信頼性、コンピューティング リソースのコスト削減を実現します。パブリック クラウド サービスにより、ITチームは、オンプレミスでITインフラストラクチャの導入、管理、アップグレードを行う必要はなくなります。一方、プライベート クラウドは、インフラストラクチャに対する制御の強化、セキュリティとデータ ガバナンスの強化、データの局所性に関する懸念の容易な管理を実現します。プライベート クラウドでは、ITチームからの管理リソースを増やす必要があります。

      ハイブリッド クラウドについて教えてください。
      ハイブリッド クラウドは、パブリック インフラストラクチャとプライベート インフラストラクチャの両方を使用するソリューションであり、ITチームがすべてのクラウドにわたるワークロードのオーケストレーションを簡単に行えるようにするテクノロジーでもあります。ハイブリッド クラウドは、パブリック、プライベート、エッジのすべてのクラウド プラットフォームに共通のツール セットを提供します。これにより、クラウド リソースの管理タスクが大幅に簡素化されます。

    • Cloud Solutions Overview - Cloud Workloads

      Dell Technologies Cloud

      業界最速のハイブリッド クラウド導入であるDell Technologies Cloudにより、クラウド運用の簡素化、合理化、自動化を実現できます。

    • Cloud Use Cases – Cloud Migration & Apps

      クラウドのユース ケース:クラウド移行およびアプリケーション

      Dell Technologies Cloudは、データ センターのモダナイズ、ハイブリッド クラウド運用の統合、最新のクラウド アプリケーションの構築、クラウド ワークロードの拡張や移行を支援します。

    • Dell Technologies Cloud Resources

      Dell Technologies Cloud関連のリソース

      Dell Technologies Cloudに関連するリソースをご紹介します。