• エッジ クラウド インフラストラクチャを簡単に管理

    • Internet of Things(IoT)の台頭に伴うテクノロジーの増加により、コンピューティング ネットワークのエッジで大量のデータが生成されています。このような急速なデータの増加をより適切に管理するために、企業はクラウド データ センターから処理を分散させるエッジ クラウド テクノロジーを導入し、代わりにエッジ デバイスによってデータを処理しています。エッジ クラウド コンピューティングは、エッジ デバイスから中央のデータ センターに大量のデータを転送する必要をなくすことで、レイテンシーを軽減し、信頼性を向上し、帯域幅を増加し、コストを削減できます。

      Dell Technologies Cloudは、企業がエッジ クラウド リソースをハイブリッド クラウド インフラストラクチャで管理することを可能にする一連のクラウド ソリューションを提供しています。Dell Technologiesでは、ITチームは運用を簡素化してクラウド投資を最大化するツール セットとインフラストラクチャを使用して、すべてのパブリック、プライベート、エッジ クラウド インフラストラクチャのワークロードを簡単に管理できます。

    •  

      クラウドのユース ケース:クラウド移行およびアプリケーション

      Dell Technologies Cloudは、データ センターのモダナイズ、ハイブリッド クラウド運用の統合、最新のクラウド アプリケーションの構築、クラウド ワークロードの拡張や移行を支援します。

    • エッジ クラウド テクノロジーの台頭

    • エッジデバイスの数とコンピューティング能力は増大しています。携帯電話やノートPCからコネクテッド カー、ゲーム システム、IoTデバイスまで、エッジ テクノロジーはより一層大量のデータを生成し、より多くの帯域幅を必要としています。この増大したデバイスとデータを、データが中央のデータ センターに送信されて処理されるような従来方式のクラウド テクノロジーによって管理しようとすることは、ますます不適切となっています。以下のような課題があります。

      • レイテンシーの増加:エッジ デバイスとデータ センターの間でデータをやり取りすると、レイテンシーが大幅に増加します。これは、ミリ秒の応答の遅れが危険となりうる自動運転車などのユースケースでは許容できません。
      • 信頼性の問題:レイテンシーと帯域幅の問題のため、企業はミッション クリティカルまたはタイム クリティカルなアプリケーションを信頼できない可能性があります。
      • コストの増加:大量のデータを高速で移動すると、コストが急速に増加する可能性があります。
      • 帯域幅の不足:単純に、エッジ リソースによって生成されるデータ ボリュームを処理するための帯域幅が不足している場合があります。
      • リスクの増加:エッジ デバイスとデータ センターの間で送信されるデータ量が増加すると、攻撃対象領域が広がります。

      エッジ デバイスによって生成されたデータをより効率的に管理するために、多くの企業は処理を分散し、処理の役割をエッジ デバイスに移すテクノロジーに移行しています。エッジ クラウド インフラストラクチャを使用することで、組織は特定のワークロードをどこで処理するのが最適かをより自由に判断できます。

      ITチームにとっての課題は、企業がより多くのクラウド サービスとテクノロジーを取り入れることによって、それらを管理するタスクが非常に複雑になるということです。各クラウド プラットフォームには、独自の管理フレームワークとプロセスがあります。一貫性のあるツール、運用、インフラストラクチャがなければ、複数のクラウド リソースを管理することによって簡単にコストと複雑さが増し、イノベーションが制限されてしまいます。

      エッジ クラウド テクノロジーなどのクラウド製品のメリットを適切に活用するためには、企業は、単一のハイブリッド プラットフォーム上でパブリック、プライベート、エッジ クラウド リソースを統合できるソリューションが必要です。Dell Technologiesならお客様を支援できます。


    • ハイブリッド クラウド導入およびエッジ クラウド導入へのシンプルな道筋

    • Dell Technologies Cloudは、Dell Technologiesの専門技術を活用する一連のクラウド インフラストラクチャ ソリューションです。管理とオーケストレーションのためのクラウド ソフトウェアを備えた堅牢なHCIプラットフォームを土台に構築されたDell Technologies Cloudは、プライベート クラウド、パブリック クラウド、エッジ クラウド ロケーションにかけて管理を簡単にする一貫した運用モデルによってハイブリッド クラウド コンピューティング体験を向上します。

      Dell Technologies Cloudには以下が含まれます。
       
      • VMware Cloud Foundation on VxRail:すべてのクラウド環境で従来型またはコンテナー化されたアプリケーションを実行するためのソフトウェアデファインド サービスまたはクラウド管理ツールを提供するターンキー プラットフォームです。Dell Technologiesのハイパーコンバージド インフラストラクチャ プラットフォームは拡張性に優れており、最も要求の厳しいワークロードとアプリケーションをサポートできます。
      • 検証済の構成:詳細な導入ガイド付きの事前テスト済みインフラストラクチャとして提供される、一連の、最適な組み合わせのDell Technologiesソリューションです。検証済の構成により、ITチームはストレージとコンピューティングを独立して拡張可能なハイブリッド クラウド インフラストラクチャを構築することで、レガシー アプリケーションと要求の厳しいワークロードのさまざまな需要に応えることができます。
      • Data Center as a Service(DCaaS):完全に管理されたサブスクリプションベースのソリューションです。このソリューションは、パブリック クラウドのスピードと柔軟性と、プライベート クラウド インフラストラクチャのセキュリティと制御性を兼ね備え、コア データ センターとエッジ クラウド ロケーションで堅牢なオンプレミスのIaaS機能を提供します。
      • すべての主要なクラウド パートナーのサポート:Amazon Web Services、Microsoft Azure、Google Cloud Platformをはじめとする、4,200社以上のクラウド プロバイダーをサポートしています。

    • Dell Technologies Cloudによって実現できること

    • 業界をリードするクラウド企業であるDell Technologiesは、企業に以下を可能にするソリューションを提供します。

      • 共通のツール セットと一貫したインフラストラクチャによって、パブリック、プライベート、エッジ クラウド リソースの管理を簡素化する。
      • 管理者がクラウド プラットフォーム間でワークロードを移動する際にエラーを減らし、効率を向上するための使いやすいツールとモデルを提供することで、クラウド移行を円滑化する。
      • 適切なクラウドの適切なリソースに、適切なタイミングでアクセスできるようにすることで、市場投入時間を短縮する。
      • クラウド全体でフレキシブル コンサンプション(柔軟な消費)および支払いオプションを利用することで、費用を最小限に抑えて予測可能なコストを実現し、コストを削減する。
      • パブリック、プライベート、エッジ クラウドに対応する単一のセキュリティ フレームワークによってクラウド セキュリティを向上させる。

    • Dell Technologiesが提供する追加のクラウド ソリューション

    • Dell Technologiesは、イノベーションを解放し、複雑さを軽減するためのクラウド ソリューションをほかにも提供しています。

      • クラウド対応のインフラストラクチャ:ワークロードを適切なクラウドに、適切なSLAで保存して保護できる機能により、企業がクラウドに対してデータ ファーストのアプローチを取れるようにします。低コストのディザスター リカバリー サイトの構築から、独自のクラウド ベースのサービスを使用したデータの保護まで、クラウド対応のインフラストラクチャによって、企業はクラウドへの投資からより多くの価値を引き出すことができます。
      • データ保護:クラウド、ハイブリッド クラウド、マルチクラウド アーキテクチャに対応していて、企業はデータ センターを刷新し、クラウド インフラストラクチャ全体で運用効率、拡張性、耐久性を向上できます。ソリューションには、パブリック クラウドの保護、クラウド ディザスター リカバリー、長期保存、ハイブリッド クラウドの統合が含まれます。

    • FAQ:エッジ クラウドとは?

    • エッジクラウドについて教えてください。
      エッジ クラウド アーキテクチャは、中央のデータ センターの処理能力をネットワークのエッジにあるクライアントまたはデバイスに移します。エッジ デバイスに処理のために未処理のデータをデータ センターに送信するように要求するのではなく、エッジ クラウド アーキテクチャは、携帯電話、ノートPC、IoTデバイス、ゲーム機器、自動運転車などのエッジ デバイス側にデータ処理の役割を担わせるようにします。効果的なエッジ クラウドにより、ネットワークのエッジにある何百万ものデバイスが、通常は非常に大規模なデータ センターでのみ実行される処理タスクを実行できます。

      エッジ クラウド コンピューティングのメリットは何ですか?
      データ センターからエッジ ロケーションに処理タスクを分散させることで、エッジ クラウド コンピューティングは、エッジ デバイスにおけるレイテンシーの軽減を可能にします。これは、データ処理の遅れが命の危険につながる自動運転車のような用途では特に重要です。また、エッジ クラウド コンピューティングは、長距離の転送が必要なデータの量を最小限に抑えることで、コストの削減にも役立ちます。さらに、帯域幅の要件を軽減し、エッジ アプリケーションの信頼性を向上できます。

    •  

      Dell Technologies Cloud

      業界最速のハイブリッド クラウド導入であるDell Technologies Cloudにより、クラウド運用の簡素化、合理化、自動化を実現できます。

    •  

      Dell Technologies Cloudの概要

      Dell Technologies Cloudは、すべての主要なパブリック クラウド、プライベート クラウド、ハイブリッド クラウドにわたって、単一ベンダーのエクスペリエンスを備えた一貫性のあるクラウド管理を実現します。

    •  

      Dell Technologies Cloud Platform

      Dell Technologies Cloud Platform(DTCP)は、VMware Cloud Foundationを完全統合することで、業界最速のハイブリッド クラウドの導入を可能にします。