• ハイブリッド クラウド ソリューションでクラウド ワークロードを最適化

    • 今日のクラウド コンピューティング サービスの豊かな多様性により、ITチームは複数のプラットフォームを導入してさまざまなクラウド ワークロードに対応できるようになりました。特定のワークロードのニーズに合わせてクラウド サービスのリソースを調整することにより、ITチームはアプリケーション パフォーマンスを向上させて消費コストを削減し、ベンダーの囲い込みを回避することが可能です。ただし、このようなマルチクラウド インフラストラクチャの管理は、複雑で混乱を招いてコストを大幅に増加させ、イノベーションを加速させるためのクラウドへの投資の能力を制限する可能性があります。

      こうした問題を解決するのが、ITチームによるパブリック、プライベート、エッジ クラウド リソースにわたるクラウド ワークロードの管理を容易にする、共通の管理プレーンを備えたハイブリッド クラウド インフラストラクチャです。Dell Technologiesは、業界をリードするハイブリッド クラウド テクノロジーを求めている企業に包括的なソリューションを提供します。

    •  

      クラウドのユース ケース:クラウド移行およびアプリケーション

      Dell Technologies Cloudは、データ センターのモダナイズ、ハイブリッド クラウド運用の統合、最新のクラウド アプリケーションの構築、クラウド ワークロードの拡張や移行を支援します。

    • パブリック クラウド ワークロードの管理に伴う課題

    • この10年間のクラウドの進化に伴って、多種多様な新しいクラウド ソリューションが登場し、ITチームはさまざまなオプションでクラウド ワークロードを管理できるようになりました。クラウド ベンダーは通常、機能、パフォーマンス、価格が大きく異なる幅広いサービス機能を提供しています。複数のクラウド ソリューションを導入することにより、ITチームはアプリケーションやビジネスのニーズに最適なクラウド サービスでクラウド ワークロードを実行できます。その結果、企業はコスト パフォーマンスを最適化したり、可用性を向上させたり、よりきめ細かくデータ プライバシーとコンプライアンスを管理したり、クラウド ワークロードが実行されている各場所の制御を強化したりできます。

      多くのパブリックおよびプライベート クラウド リソースにわたるクラウド ワークロードの管理には、残念ながらデメリットがあります。クラウド プラットフォームの管理ツールと運用ツールはそれぞれ異なるため、プラットフォーム間のワークロードの移行は複雑になる可能性があります。一貫性のないSLAがIT管理者の管理上の負担を増やすうえ、プラットフォーム全体で一貫性のないセキュリティ体制が組織のリスクを大幅に増大させる可能性があります。

      ITチームがマルチクラウド アーキテクチャのメリットを享受し続けるには、クラウド ワークロードとアプリケーションのモビリティーを向上させると同時に、一貫性のある管理と運用のエクスペリエンスを実現できるソリューションが必要です。このような点でDell Technologies Cloudは多大な価値をもたらします。


    • Dell Technologies Cloudによるクラウド ワークロードの管理

    • Dell Technologies Cloudは、パブリック、プライベート、エッジ クラウド リソースのすべてで一貫性のある管理のエクスペリエンスを実現することにより、運用をシンプルにしてクラウドの経済性を向上させます。Dell Technologiesが設計したソリューションであるDell Technologies Cloudは、パブリック クラウドのシンプルさ、柔軟性、経済性とプライベート クラウド インフラストラクチャのセキュリティ、制御、信頼性を提供します。

      エンドツーエンドのクラウド ソリューション スイートとしてのDell Technologies Cloudには、以下が含まれています。
      • ハイブリッド クラウドを管理するためのターンキー プラットフォームであるVMware Cloud Foundation on VxRail。このDell Technologies Cloudのデジタル ネイティブ インフラストラクチャの基盤は、複数のクラウドにわたるアプリケーションとクラウド ワークロードを実行、管理、自動化、保護するためのツールを提供します。
      • 完全管理型のサブスクリプションベースのサービスとしてのデータ センター ソリューションであるVMware Cloud on Dell Technologies。このサービスとしてのクラウドソリューションは、データ センターとエッジ ロケーションで堅牢なオンプレミスのサービスとしてのインフラストラクチャ機能を提供します。
      • 広範な導入のガイダンスを含む事前テスト済みのインフラストラクチャであるDell Technologies Cloud Validated Designs。VMware Cloud Foundationと相互運用可能なDell Technologiesの最適な組み合わせのストレージ、コンピューティング、ネットワーキング リソースを提供するこのソリューションは、組織がコンピューティングとストレージを個別に拡張してクラウド ワークロードのさまざまなニーズに対応できる、規範的なビルディング ブロックを備えたハイブリッド クラウド インフラストラクチャを提供します。
      すべての主要なクラウドのサポート。Dell Technologies Cloudにより、企業はAWS、Microsoft Azure、Google Cloud Platformのようなハイパースケーラーとその他4,200のクラウド プロバイダーを含む、世界で最も広範なクラウド プロバイダー エコシステムにハイブリッド クラウド環境を拡張できます。


    • ワークロード モビリティーの強化。効率性の向上。移行の加速。

    • Dell Technologies Cloudでクラウド ワークロードを管理することにより、ITチームは以下を行えるようになります。
      イノベーションを加速させる。Dell Technologies Cloudにより、ITチームは柔軟なクラウド容量にアクセスして迅速にスケール アップとスケール ダウンを行うとともに、適切なクラウド リソースを使用してより効率的にクラウド ワークロードを実行し、俊敏性を高めることができます。
      管理を合理化する。Dell Technologies Cloudは、パブリック、プライベート、エッジ クラウド リソースをはるかに簡単に管理できるようにする、共通のツール セットと一貫性のあるインフラストラクチャを提供します。
      コストを削減する。パブリック、プライベート、エッジ クラウド リソースを最適に組み合わせた柔軟な価格設定モデルを使用することにより、ITチームはコストを最適化して費用の予測可能性を高めることができます。
      簡単に移行する。事前テストおよび設計済みのインフラストラクチャにより、ITチームはコストとTCOを最小限に抑えつつ迅速に稼働を開始できます。
      パフォーマンスを向上させる。Dell Technologies Cloudは、ITスキルセットをクラウド リソースと連携させ、使い慣れたツールと運用モデルを提供することにより、生産性の向上とアウテージの軽減をサポートします。
      セキュリティを強化する。Dell Technologies Cloudにより、企業はパブリック クラウドとプライベート クラウドにわたる単一のセキュリティ フレームワークを使用してリスクを軽減し、クラウド リソースの保護を強化できます。


    • Dell Technologiesが提供する追加のクラウド ソリューション

    • Dell Technologiesは、Dell Technologies Cloudとともに次のようなクラウド ソリューションを提供しています。
      • この部分を呼び出したくないため、新しいページを参照してください。Dell Technologiesのクラウド対応のインフラストラクチャ ソリューションは、適切なクラウドと適切なSLAでワークロードを保存して保護するための機能を提供します。ソリューションには、過負荷のプライマリー ストレージを解放したり、低コストのDRサイトを構築したり、クラウドベースのサービスでデータを保護したり、データ暗号化とキー管理をシンプルにしたり、クラウド内のデータ ストレージを階層化したりするためのテクノロジーが含まれます。
      データ保護ソリューション。Dell Technologiesのクラウド向けのデータ保護とバックアップ ソリューションにより、企業はデータ センターを変革し、クラウド インフラストラクチャ全体の運用効率、耐久性、拡張性を向上させることができます。パブリック クラウドの保護、クラウドでの長期保存、クラウドのディザスター リカバリー、ハイブリッド クラウドの保護、クラウドネイティブの保護のためのソリューションが含まれます。


    • FAQ:クラウド ワークロードとは

    • クラウド ワークロードについて教えてください。
      クラウド ワークロードは、クラウド リソースで実行できる特定のアプリケーション、サービス、機能、一定量の作業です。仮想マシン、データベース、コンテナー、Hadoopノード、アプリケーションはすべて、クラウド ワークロードとみなされます。

      クラウド ワークロードの管理にはどのような課題がありますか?
      クラウド サービスが成熟するのに伴って、企業は複数のクラウド ソリューションを導入して特定のワークロードのニーズに対応してきました。特定のクラウド リソースでは、特定のクラウド ワークロードをより効率的に処理してパフォーマンスを向上させ、コストを削減することができますが、さまざまなクラウド プラットフォームを管理するタスクは、非常に面倒で時間がかかり、コストと複雑さを大幅に増大させる可能性があります。Dell Technologies Cloudなどのハイブリッド クラウド ソリューションは、複数のクラウド リソースを管理するタスクを大幅にシンプルにする共通のツール セットと、一貫性のある運用とインフラストラクチャを備えたテクノロジーを提供することでお客様をサポートできます。

    •  

      Dell Technologies Cloud Validated Designs

      Dell Technologies Cloud Validated Designsは、要求の厳しいワークロードに対応するクラウド機能を提供することにより、パフォーマンスを向上させてタイム トゥ バリューを短縮し、クラウドへの投資を保護します。

    •  

      Dell Technologies Cloud Platform

      Dell Technologies Cloud Platform(DTCP)は、VMware Cloud Foundationを完全統合することで、業界最速のハイブリッド クラウドの導入を可能にします。

    •  

      Dell Technologies Data Center as a Service

      Dell Technologies Data Center as a Service(DCaaS)は、パブリック クラウドのスピードと柔軟性に、プライベート クラウドのセキュリティと制御のしやすさを合わせて提供します。