• クラウド オブジェクト ストレージ

    • クラウド オブジェクト ストレージによるデータ増加の管理

    • ビジネス データ量が急増し続けている中、企業は、デジタル トランスフォーメーション、新しいビジネス モデル、デジタル化された製品とサービスをサポートする、膨大な非構造化データを保存、管理、分析するための最適なソリューションを探しています。パブリック クラウド ソリューションには大きな裏付けがありますが、複数のクラウドを管理する際のコストと複雑さによって、多くの組織がワークロードを元に戻すことになっています。デジタルの未来にうまくついていくために、ITチームがオンプレミス インフラストラクチャでの制御と管理の容易さを維持しながら、非構造化データをパブリック クラウド並みの規模で柔軟に収集、保存、保護、管理できるようにするストレージ ソリューションを組織は必要としています。

      Dell EMC Elastic Cloud Storage(ECS)は、従来のワークロードと次世代のワークロードの両方をサポートするように設計された、先進のオブジェクト ストレージ プラットフォームです。ソフトウェアデファインド モデルまたはターンキー アプライアンスとして導入されるECSは、比類のない拡張性、管理機能、耐障害性を備え、エンタープライズ ファイアウォールの内側にクラウド オブジェクト ストレージを提供します。

    • 装飾

      クラウド ストレージ サービス

      Dell Technologies Cloud Storage Servicesは、コスト パフォーマンスが高く、拡張性と耐障害性に優れたデータ ストレージを、ネイティブ パブリック クラウドと組み合わせます。

    • クラウドにおけるデータ保存に伴う課題

    • データの急増によって、あらゆる規模の企業にとって、新しい、より効率的なストレージ戦略を探している余裕はなくなっています。適切なストレージ ソリューションは、コスト パフォーマンスに優れた方法でデータを保存するだけでなく、モバイル、クラウド、情報ベースのアプリケーションで簡単に利用できるようにして、データにアクセスし分析して、価値のある知見を引き出し、競争上の優位性を獲得する必要があります。

      過去10年間にわたってDell Technologiesのクラウドサービスが進化を続ける中、多くの組織がデータ ストレージの要件を満たすクラウドにおけるストレージ ソリューションに注目してきました。しかし、こういったパブリック クラウド ソリューションを使用する企業は、必然的にデータ レジデンシー、コンプライアンス、レイテンシーのトレードオフを受け入れる必要があり、予想外のコストが追加されることもあります。また、ほとんどの企業が複数のクラウド インフラストラクチャを採用しているため、これらの異種のマルチクラウド ストレージ ソリューションを管理するタスクは、複雑で大きなコストがかかり、生産性とイノベーションが制限されるおそれがあります。

      企業は、デジタル トランスフォーメーションを進める一方で、ビジネス要件のニーズに応えるために、プライベート クラウド インフラストラクチャの信頼性と管理を備え、クラウド ソリューションの柔軟性と拡張性を提供するストレージ ソリューションを必要としています。Dell EMC ECSならお客様を支援できます。


    • Dell EMC ECS:先進のクラウド オブジェクト ストレージ テクノロジー

    • Dell EMC ECSは、先進のオブジェクト ストレージ プラットフォームです。ECSは 、グローバルで高い整合性を備えたフラットなスケールアウト アーキテクチャを採用しています。これにより、企業は、ほぼ60%の総所有コスト(TCO)を削減して、パブリック クラウドの規模をほとんど際限なく活用できます。また、ECSは、高度なデータ整合性、保護機能、セキュリティ機能を備え、オブジェクト、ファイル、HDFSなどに対する高度なマルチプロトコルもサポートしています。

      ECSを使用すると、組織は次のことを実現できます。

      • 容量要件を満たしながらオブジェクト ストレージを最適化し、データを保護し、クラウド オブジェクト ストレージとハイブリッド クラウド ストレージを簡単に管理できます。
      • 新たな知見を取得し、これまでよりも早くデータを見つけ、システムの正常性をより詳しく確認できます。
      • ECSの汎用性と拡張性を活用した次世代のソリューションを構築し、最新のアプリケーション開発を強化し、ディープ アーカイブからより多くの価値を引き出すことができます。

    • ECSクラウド オブジェクト ストレージの特長

    • Dell EMC ECSソリューションの特長は次のとおりです。

      • 1つの最新ストレージ プラットフォーム上で、非構造化オブジェクトおよびファイル ワークロードに対して包括的なプロトコルをサポートします。
      • どこからでもコンテンツにアクセスできる1つのグローバル ネームスペースで、グローバルに分散したストレージ インフラストラクチャを簡単に管理するツール群があります。
      • 柔軟性に優れたソフトウェアデファインド アーキテクチャにより、完全に抽象化され、単一障害点なしで個別に拡張できるレイヤーで、制限のない拡張性を実現します。
      • GDPR準拠および保護モードをサポートするセキュリティおよびコンプライアンス機能は、法的証拠保全とSEC 17 a-4(f)に対応しています。
      • ソフトウェアのみのソリューション、完全に統合されたターンキー アプライアンスのバンドル ソフトウェアとして、さらにDell EMC PowerEdgeサーバーでも利用できます。

    • Dell Technologiesが提供する追加のクラウド ソリューション

    • トップクラスのクラウド インフラストラクチャ プロバイダーとして、Dell Technologiesは、パブリック、プライベート、エッジのクラウド リソースを統合する効果的なハイブリッド クラウド戦略を構築するための包括的なソリューションを提供します。Dell Technologiesによる最新のクラウド インフラストラクチャにより、企業はIT管理を簡素化して、より迅速に結果を得て競争力を向上できます。

      Dell Technologies Cloudソリューションには以下が含まれます。

      • Dell Technologies Cloud:すべてのクラウド リソースの管理を容易にする、一貫した運用モデルを提供する、クラウド ソリューション スイートです。
      • クラウド対応のインフラストラクチャ:適切なSLAにより適切なクラウド内でワークロードを保存および保護するためのクラウド ソリューション群であり、運用にただちに価値を付加できます。
      • クラウドのデータ保護:これによってお客様はデータ センターを変革し、クラウド インフラストラクチャ全体の運用効率、耐障害性、拡張性を大きく高められます。

    • FAQ:クラウド オブジェクト ストレージとは?

    • クラウド ストレージとは何ですか?

      クラウド ストレージは、ビジネス データを格納するためのテクノロジーで、インターネットを介してデータをリモート ストレージ システムに送信することもあります。ここに、保存、管理、バックアップされ、さらにインターネット経由でユーザーがアクセスできるようになっています。クラウド ストレージでは、データはサード パーティーによって管理されている分散ストレージ サーバーや自社のデータ センター内のサーバー、あるいはその両方に格納されている場合があります。

      クラウド オブジェクト ストレージとは何ですか?

      クラウド オブジェクト ストレージは、非構造化データをクラウドに保存するためのテクノロジーです。オブジェクト ストレージは、データを階層型システムのファイルとしてではなく、オブジェクトとして管理します。オブジェクトには、データ、メタデータ、固有のグローバル識別子が含まれています。これにより、分散システムでデータを検出できます。オブジェクトは、世界中の任意の場所にある複数のデータ センターに格納することができます。

      クラウド オブジェクト ストレージのメリットは何ですか?

      オブジェクト ストレージは、大規模な拡張性があり、共通のAPIを介して簡単にアクセスできます。また、物理ハードウェアの複数のインスタンスにわたるネームスペースを使用することもできます。そのため、オブジェクト ストレージはクラウド インフラストラクチャに最適であり、データ管理者は、フラットなアドレス空間を選択して、複雑で旧式のファイル システムを放棄できます。クラウド オブジェクト ストレージによって、適切なストレージ システムへのデータの自動ルーティングが可能になり、コンテンツのライフサイクルが指定され、アクティブ データとアーカイブ データの両方が、適切な保護レベルで1つの階層に保持されます。さらに、オブジェクト ストレージは、市販のサーバー ハードウェア上においても最大効率で実行できるように設計されています。

    • 装飾

      Dell Technologies Cloud向け検証済の構成

      Dell Technologies Cloud向け検証済の構成により、要求の厳しいワークロードに対応するクラウド機能を提供することにより、パフォーマンスを向上させてタイムトゥバリューを短縮し、クラウドへの投資を保護します。

    • 装飾

      Dell Technologies Cloud Platform

      Dell Technologies Cloud Platform(DTCP)は、VMware Cloud Foundationを完全統合することで、業界最速のハイブリッド クラウドの導入を可能にします。

    • 装飾

      Dell Technologies Cloud

      業界最速のハイブリッド クラウド導入であるDell Technologies Cloudにより、クラウド運用の簡素化、合理化、自動化を実現できます。