• リファレンス アーキテクチャ

    • リファレンス アーキテクチャは、事前に設計されたインフラストラクチャ ソリューションで、運用実績のあるコンピューティング、ストレージ、ネットワーク、仮想化の各要素から構成されています。このテクノロジーでは、標準化と同時に統合化も図られているため、パフォーマンスと信頼性の向上および導入の合理化を実現できます。現在、多くの組織は、リファレンス アーキテクチャではなくコンバージド インフラストラクチャハイパー コンバージド インフラストラクチャを導入してシンプルさの向上を図り、より短期間でビジネス上の成果を得ようとしています。

    • リファレンス アーキテクチャを検討すべき理由

      アプリケーションを効率的に導入する必要がある企業は、多くの場合、リファレンス アーキテクチャを選択します。リファレンス アーキテクチャを使用せずにITインフラストラクチャを構築することもできますが、そのプロセスに多くの時間と専門知識を費やす必要があります。リファレンス アーキテクチャは、企業が抱える現在のニーズに対応するように作られた、最新のベスト プラクティスを組み込んだソリューションを企業に提供します。

      リファレンス アーキテクチャの仕組み

      リファレンス アーキテクチャは、エキスパート エンジニアによって文書化される前に、詳細なテストを通じた設計および検証が実施されます。リファレンス アーキテクチャが導入されるシチュエーションは多岐にわたるため、エキスパートは実際の経験に基づいて後続バージョンのリファレンス アーキテクチャを調整しています。そのため、企業は多くのバージョンのリファレンス アーキテクチャを通じて蓄積された英知がもたらすメリットを享受できます。

      リファレンス アーキテクチャは高度にパッケージ化されておらず、多くの場合、そのアプローチは記述的です。つまり、リファレンス アーキテクチャは柔軟性が高く、お客様は好みのITベンダーが提供するコンポーネントを含むソリューションを構築できます。

      リファレンス アーキテクチャのメリット

      ドゥ イット ユアセルフ(自分でできる)アプローチを使用した新しいデータ センター ソリューションの導入は、この上ない柔軟性を提供しますが、複雑かつ高コストになったり、時間がかかる可能性があります。リファレンス アーキテクチャにより、新しいハードウェアを導入するために必要な手順の多くを削減または排除できます。ユーザーは自分のニーズに合わせてソリューションをカスタマイズしたり、予測可能な導入、複雑さの軽減、タイム トゥ バリューの短縮というメリットを実現できます。

    • 詳細情報