• オブジェクト ストレージ

    • 階層化されたディレクトリ構造を使用するファイル ストレージとは対照的に、データをオブジェクトとして管理するストレージ アーキテクチャです。1つのオブジェクトには、データ、メタデータ、一意のグローバル識別子が含まれます。元々備わっている大規模な拡張性、共通APIを介したアクセス性、物理ハードウェアのマルチ インスタンスにまたがるネームスペースの使用などの特長により、オブジェクト ストレージはクラウド アプリケーションに適しています。

    • オブジェクト ストレージを使用するユーザーとその理由

      アプリケーション開発者は、共通APIを使用したプログラミングにより、モバイル アプリケーションを含むあらゆる種類のクラウド ベース(最新式)アプリケーションを記述します。これらのモダン アプリケーションは、従来のファイルやブロック ストレージではなく、オブジェクト ストレージを使用します。IT管理者は、オブジェクト ストレージを使用して、次の用途のために非構造化データをコスト効率よく保存します。地理的に分散したグローバル コンテンツ リポジトリ、コールド アーカイブ、IoT(モノのインターネット)ストレージ、分析。オブジェクト ストレージは、IoTデータ、グラフィック ファイル、センサー データなどの非構造化データを効率的に格納するために使用されます。

      オブジェクト ストレージの仕組み

      フォルダやサブフォルダをもつディレクトリ ツリーが存在しないという点において、オブジェクト ストレージはファイル ストレージと異なっています。1つのオブジェクトには、データ、メタデータ、グローバルに一意の識別番号が含まれます。オブジェクト ストレージを使用する場合、ディレクトリやマウント ポイントは存在しません。 リコールを簡単にするために、識別番号の格納にインデックスが使用されます。アプリケーションおよびエンド ユーザーはファイルの場所を認識する必要がなく、一意のIDを提示するだけでシステムがデータを取得します。さらに、オブジェクト ストレージ システムには、ノード数や地理的位置に関係なく、単一のフラットなグローバル ネームスペースを使用するという特徴もあります。これにより、場所による制限を受けず、データ配置を管理するためのファイル システムも必要ありません。複数のノードおよびサイトが1つの論理ストレージ システムとして表示されます。データのレプリケーションや地理的分散は、専用のレプリケーションおよびバックアップ インフラストラクチャを使用するのではなく、オブジェクトごとにポリシー主導で実行されます。

      オブジェクト ストレージのメリット

      クラウド ストレージで優れたコスト効率を実現する上で重要なのが、低コストのストレージ システムで開始することです。従来型のNASストレージ アレイやSANストレージ アレイを作動させる旧来のファイル システムは複雑かつ制限を伴うため、ストレージ管理の複雑化、人為的な容量上限による拡張性の制限、独自の高コストなハードウェアによるベンダー固定化が原因となって、クラウド ストレージがもつコスト削減の可能性が容易に相殺されてしまう場合があります。オブジェクト ストレージの方がクラウド インフラストラクチャにはるかに適しています。複雑で管理が困難な旧式のファイル システムを使用する代わりに、オブジェクト ストレージ システムは単一のフラットなアドレス空間を活用するため、適切なストレージ システムへのデータの自動ルーティングが可能です。また、コンテンツのライフサイクルを指定し、アクティブ データとアーカイブ データの両方を単一階層内で適切な保護レベルで保持することができます。これにより、オブジェクト ストレージは、データが持つ価値とデータの格納に要するコストを調整することで、より高い価値を提供することができます。その際、データを適切な階層に手動で移動するための過度な管理オーバーヘッドは不要です。その一方で、オン デマンドで容量を提供するクラウド ストレージの機能をサポートする無限の拡張性を提供します。 

      オブジェクト ストレージのその他のメリット

      • オブジェクト ストレージは、市販のサーバー ハードウェア上においてもピーク時の効率性で実行できるように設計されています。
      • オブジェクト ストレージでは、場所や時間に関係なく、あらゆるデバイスからHTTP経由でストレージに簡単にアクセスできます。
      • 通常、クラウド ストレージはインターネット経由でSaaS(サービスとしてのストレージ)アプリケーションとして提供されるため、HTTPをプライマリ プロトコルとして使用してオブジェクト ストレージ プールにアクセスすることで、クラウド ストレージ プロバイダーがオブジェクト ストレージ システムをサービスに統合するプロセスを大幅に簡素化できます。
    • 詳細情報