検索
    • ネットワーク接続型ストレージ

    • NAS(ネットワーク接続型ストレージ)は、ローカル エリア ネットワークに接続された、IPベースのファイル共有デバイスです。NASは、IPネットワークを介してさまざまなクライアントとサーバーにデータを提供します。NASデバイスは、さまざまなファイル サービスのニーズに適合するために、独自のオペレーティング システムと、統合型のハードウェアおよびソフトウェア コンポーネントを使用します。

      NASストレージ(ネットワーク接続型ストレージ)は、複数のファイル サーバーを設置する必要性を排除することでサーバー統合を実現し、ファイル レベルのデータ アクセスと共有によってストレージの統合を実現します。NASは一般に、複数のプロトコルを使用してファイル サービスとストレージ機能を実施します。こうしたプロトコルには、データ転送用のTCP/IP、リモート ファイル サービス用のSMB(CIFS)とNFS、データ共有用のSMBとFTPなどがあります。

    • ネットワーク接続型ストレージは、誰がどのような理由で使用するのですか?

      さまざまな業種の企業が、NAS(ネットワーク接続型ストレージ)を使用して、次のことを行っています。

      • サーバーとストレージ インフラストラクチャを統合する。
      • 異機種混在のクライアントとサーバーの環境全体で、データ アクセスとファイル共有を効率化する。
      • 管理をシンプル化し、効率を高める。
      • 拡張性を向上させる。
      • データの保護とセキュリティを強化する。

      ネットワーク接続型ストレージの仕組み

      NASデバイスは、ネットワークに接続されたストレージ容量を持つオープン システムのコンピューター システムで、ネットワーク上の他のデバイスに、ファイル ベースのデータ ストレージ サービスを提供します。NASはCIFS(Common Internet File System)などの標準のファイル プロトコルを使用しているため、Microsoft Windows、Linux、UNIXなどのクライアントは、ファイル、ファイル システム、データベースにIPネットワーク経由でアクセスできます。

      ネットワーク接続型ストレージの利点

      ネットワーク接続型ストレージを利用することで、企業は次のことができるようになります。

      • 包括的なデータ アクセスとファイル共有を提供する。
      • ストレージの一元化により効率を高める。
      • UNIXとWindowsのクライアントをサポートする柔軟性を獲得できる。
      • 管理の合理化
      • 容量の拡張とパフォーマンスを向上させる。
      • 効率的なデータのレプリケーションとリカバリ オプションにより、可用性を高める。
      • ユーザー認証とファイル ロックにより、データをセキュリティ保護する。
    • 詳細情報