検索
    • 管理機能に関する約束

      デルのクライアント マネジメントなら、クライアントの導入、設定、モニタリング、アップデートを自動化、統合、最適化できます。エンド ユーザーの生産性を維持しながら、ヘルプ デスクの対応の負荷を軽減するお手伝いをします。

      Dell Client Command Suiteは、VMware Workspace ONE、Microsoft SCCM、Ivantiなどの主要な管理コンソールと統合される強力なツールのセットで、PC管理を自動化し、効率化します。

    • Dell Client Command Suite

      Dell Client Command Suiteは、クライアントの導入、設定、モニタリング、アップデートを自動化/効率化することでITのワークロードを軽減する、IT管理ツールです。IT管理者は、対象となるデルのPCをファームウェアやBIOSのレベルで管理し、ITの管理性の基本事項にも対処できます。


    •  

      導入

      カスタム ドライバー パックにより、ご使用のデル製システムに適したドライバー セットを素早く簡単に入手。このようなプロセスにかかる時間が3日から3分に短縮、労力や当て推量も低減。

    •  

      構成

      機器を手動で操作する必要性をなくし、BIOS設定(BIOSパスワードやTPM設定など)のリモート自動カスタム設定で、ニーズに適合。SCCMとシームレスに連携し、LANDeskやKACEと自動統合。

    •  

      モニター

      ハードウェアをモニターして、インベントリや正常性(バッテリー寿命やハードドライブの故障など)を確認することで、問題に事前に対応。ハードウェアをリモートで設定、情報収集を一元化して整合性を保持。

    •  

      アップデート

      システム固有の最新のアップデート(ドライバー、ファームウェア、BIOS)を特定、探索、インストールすることで、アップデートをシームレスにエンド ユーザーへ提供しながら、すべてをスムーズに実行。

    • Dell Client Command Suiteのメリット

    •  

      効率性の向上

      ドライバー導入時の時間を節約

    •  

      生産性の向上

      PCやエンド ユーザーの動きが常にスムーズ

    •  

      ワークロードの軽減

      より戦略的な優先事項に振り向けられるようリソースを解放 

    •  

      時間の節約

      エラーが発生しやすい手動のタスクにかかる時間

    • デルはvPro Out of Bandの機能による1対多ソリューションを提供できる唯一のベンダーです。すべてのシステムにアクセスし、システムがオフラインになっていても、どこからでも一度にアップデートができます。vProなら100台のシステムのリモートBIOSを13秒で変更できます。

    • デルとインテル® vPro™によるシンプルなIT管理

    • デルとインテルが提供する独自のリモート管理機能を搭載したデル製システムなら、IT部門はシステムがオフラインの場合でも場所を問わず一度にアップデートすることが可能で、BIOS/セキュリティ設定にかかる時間をHPやLenovoと比べて最大99%短縮できます。

      デルはインテルとパートナーシップを組み、市場で唯一となるリモート プロビジョニング ツールを開発しました。このツールにより、IT部門はvProのセットアップ時間を数時間から数分に短縮し、vProとそのメリットを迅速かつ簡単に活用できるようになります。

    • Dell Client Command Suiteに含まれるツール

    •  

      インテル® vPro™

      すべてのシステムへ一度にアクセス

      インテル® vPro™で実現するこの独特な管理の統合により、リモート管理が高速かつ容易になります。どこからでも一度に、システムがオフラインでも更新できるデル製システムなら、BIOS/セキュリティ設定にかかる時間がHPやLenovo1と比べて99%短縮されます。

    •  

      システムの電源がオフでOSが機能していなくてもIT管理者はデバイスにリモートでアクセス可能

    •  

      帯域外システムをリモートから管理してサービス コストを削減

    •  

      1対多で管理することにより時間を短縮してリソースを低減

    • 電源オフやブルー スクリーンの帯域外システムに対して、Dell Client Command Suiteの1対多機能によりシステムがオフラインであってもDell Command | vPro™ Out of Bandコンソールがハードウェア管理を強化します。

    •  

      インテル® vPro™に対するリモート プロビジョニング

      Dell Client Command Suiteなら、システム数に関わらず1分足らずでインテル® vPro™をアクティブ化*

      vPro™システムには帯域外というアドバンテージがあるのに、実際に動作させているIT管理者が少ないのは、プロビジョニングにあまりにも時間を取られるためです。

      デルはインテルとパートナーシップを組み、Dell Command | Integration Suite for System Center 5.0を構築しました。リモート プロビジョニング機能によりvProのセットアップ時間が数時間から数分に短縮されるため、vProとその便利な機能を迅速かつ簡単に実行できます。

      お客様がすでに使用している(デル以外のシステムを含む)vPro™対応システムで動作するので、組織全体をグレードアップできます。ここにも、デルの法人向けPCが世界一の管理性を誇る理由があります。

    • デルとVMware Workspace ONEでユーザー ファーストを実現

      クライアントでの導入と管理をモダナイズし、ユーザーがデバイスを問わずアプリケーションにスムーズにアクセスできるようにしながら、IT部門の負担と複雑さを軽減しましょう。

    •  

      レポートを取得してバッテリーの稼働状態を監視し、故障する前に交換しておくプロアクティブな対応により、ユーザー ダウンタイムを回避できます。

    •  

      システムのセキュリティと操作性に欠かせないBIOSのアップデートを必要とするシステムを素早く特定できます。

    •  

      BIOSパスワードをリモートから管理、変更してセキュリティを確保できます。 

    •  

      セキュリティ強化のため、TPMのハードウェア レベルの改ざん防止機能を有効化できます(無効にしておくことも可能)。

    • デルとVMware Workspace ONEは、統合エンドポイント管理ソリューションとプロビジョニング ソリューションによって、ITの革新、エンド ユーザーの生産性、ビジネスの成功を維持するためのターンキー ソリューションを提供しています。

      Workspace ONEのクラウド管理は、モバイル、Windows 10、Macのデバイスにまたがって機能するように設計されており、Dell Client Command Suiteなどのデルの管理ツールと統合されています。

      Workspace ONEの管理対象システムは、デルの工場出荷時にプロビジョニングが可能で、すぐに使用できる状態でPCをエンド ユーザーに直接提供できるため、導入プロセスを短縮できます。

    • VMwareは2018年、GartnerのMagic Quadrant for Unified Endpoint Managementにおいてリーダーに選出され、実行能力とビジョンの完全性の分野で最上位に位置づけられました。 

    • デルによるVMware Workspace ONEのプロビジョニングで、すぐに作業を開始

      PCをスマートフォンのように導入

      システムの構成と導入、さらにはデバイスへのイメージのインストールのためにエンド ユーザーを数か月どころか、数週間待たせることもありません。Workspace ONEライセンスがあれば、アプリケーションと設定をデルが事前に構成したうえでエンド ユーザーに直接出荷するようシステムを注文できるため、届いたその日から生産性が確保されます。

    • 仕組み

    •  

      有効なWorkspace ONEライセンスがあれば、無料のデル構成サービスにより、エンタープライズ対応のデル製クライアントが工場からエンド ユーザーに直送されます。

    •  

      デル製システムは工場から従業員に直接届けられます。シングル サイン オンを入力して認証されると、Workspace ONEエージェントはお客様のクラウド テナントと通信します。テナント側でシステム(サービス タグ)を認識すると、該当するアプリケーション、ポリシー、セキュリティその他をシステムに直接ダウンロードします。

    •  

      セルフ サービスによる導入

    •  

      デバイス セキュリティのプロビジョニング

    •  

      ITタッチポイント/ワークロードの削減

    •  

      現在のイメージ管理プロセスからの大幅なコスト削減**

    •  

      工場からユーザーへのターンキー直送

    •  

      手間要らずのプロビジョニングによるITコスト/ワークロードの最小化、最高のユーザー エクスペリエンスの実現