• データ保護とバックアップのソリューション

    PowerProtectはクラウド データ保護における究極の選択肢です

    インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサー‎
    • 専用バックアップ アプライアンスのリーディング カンパニー1が提供する、コスト効率に優れたデータ バックアップと保護のためのソリューションを使えば、データがどこにあっても可用性を確保できます。

    • Gartner’s 2020 Magic Quadrant for Data Center Backup and Recovery Solutions recognizes Dell EMC Data Protection as a Leader.

      注目のレポート

      コンテナー向けデータ保護のトレンド

      コンテナーの採用のトレンドと、それがITデータ保護とディザスター リカバリー対応に及ぼす影響に関する最新のESG調査レポートをお読みください。

  • データ保護ポートフォリオ


    • データ保護とバックアップのソリューション

      私たちのデータ保護テクノロジーで、絶えず進化するITランドスケープの特定の課題に対応します。

    • cloud data

      クラウド

      従来のデータからクラウドネイティブまで最も広範な保護ワークロード エコシステムを持つ、革新的なマルチクラウド データ保護ソリューション。 

    • VMware backup

      VMware

      Dell EMCは、絶え間ないイノベーション、臨機応変なエンジニアリング、VMwareとの緊密な統合を通じて、組織が自信を持ってモダン データ保護戦略を計画できるよう選択肢を提供します。

    • cyber recovery

      Cyber Recovery

      導入が容易な管理/自動化ソフトウェアを使用して、重要なデータをサイバー攻撃やランサムウェアから保護し、疑わしいアクティビティーを特定し、データ リカバリーを実行しましょう。


    • データの保護とバックアップのためのアプライアンス

      業界をリードするデータ保護アプライアンスとソフトウェアデファインド ソリューションでエッジ、コア、クラウドにわたってデータを保護しましょう。2

    •  

      新登場

      PowerProtectアプライアンス

      効率性と俊敏性の向上を実現することでクラウド、VMware、サイバー リカバリーのデータ保護のニーズに対応する、バックアップ アプライアンスを提供するワン ストップ ショップを利用して、バックアップ/リカバリー ソリューションをシンプルにしましょう。


    • データ保護とバックアップのソフトウェア

      Dell EMC Data Protection Softwareは、次世代のデータ管理機能と包括的なデータ バックアップ機能を備え、あらゆる規模の組織のニーズを満たします。

    • powerprotect data manager

      PowerProtect Data Manager

      セルフ サービス型の保護、ガバナンスの一元化、SaaSベースのレポート作成およびモニタリング機能などの特長を持つ、ソフトウェア デファインド ソリューションです。

       

    • data protection suite

      Data Protection Suite

      実績のあるソフトウェア ソリューションを元に作られており、シンプルかつ包括的で柔軟性に優れたデータ保護を実現できるソフトウェア スイートです。

    •  

      2020 Gartner Magic Quadrant

      1999年以降、Magic Quadrantで常にリーダーに選出*

      デル・テクノロジーズは、Gartnerの2020 Magic Quadrant for Data Center Backup and Recovery Solutions2でリーダーに選出されています。

    • 2020 IT Brand Pulse Enterprise Backup Software & Appliances Market Leader: Dell EMC

      受賞および論評

      2020年のリーディング カンパニー:Dell EMC

      エンタープライズ バックアップ ソフトウェアとアプライアンス 

    • お客様事例:UNDER ARMOUR

      Under ArmourはDell EMC統合アプライアンスを活用して、クラウドベースのデータ保護とより迅速で信頼性の高いデータ バックアップを実現しています。その方法をご覧ください。

    • 重要リソース

      データ バックアップ システムと保護のトレンドに関する最新の調査結果やエキスパートの意見をご覧ください。

    •  

      Dell EMCグローバル データ保護インデックス

      クラウドと高度なテクノロジーの複雑さがデータ保護対応に及ぼす影響を理解するために、このグローバルな調査の詳細をご確認ください。

    •  

      Tech Talk:業界対談

      データ保護とストレージに関する今日の主な課題に対処する方法について、ITリーダーが説明します。

    •  

      専用バックアップ アプライアンス:市場実績

      IDCの報告によると、デル・テクノロジーズはPBBA市場におけるリーディング カンパニーです。

    •  

      お客様事例

      世界中のさまざまな企業がDell EMCのソリューションを利用してデータを保護しています。その詳細をご覧ください。

    •  

      データ保護に関するブログ

      データ保護に関するDell EMCのブログをフォローして、エキスパートの意見からインサイトを見つけましょう。

    •  

      投資保護

      Future-Proof Program

      Future-Proof Programは、さまざまな保証とサービスによってITライフサイクルを最適化できるように設計されています。このプログラムでは、成果の保証、投資の最大化、今後のITの運用支援によって、ライフサイクルの最初から最後までサポートを提供します。

    •  

      Dell Technologies Cloud

      すべてのクラウドのデータを保護

      デル・テクノロジーズは、シンプルで一貫性のあるアプローチにより、ビジネスの敏捷性、信頼性、制御性を新たなレベルに引き上げるお手伝いをします。お客様の組織に合わせてカスタマイズされたクラウド ソリューションを提供します。

    •  

      データ ストレージ ソリューション

      インサイトからイノベーションへと導くデータ ストレージ。

      エンタープライズ ストレージのNo.1プロバイダー4であるデル・テクノロジーズが提供するモダン ストレージを使用すれば、ITサービスの提供を64%高速化3 できます。

    • 1 IDCの『WW Purpose-Built Backup Appliance Systems Tracker, 1Q20』(売上)(2020年6月)に基づきます。

      2 Gartner、『Magic Quadrant for Data Center Backup and Recovery Solutions』、Santhosh Rao、Nik Simpson、Michael Hoeck(2020年7月20日)。 Gartnerは、この調査報告に記されたいずれのベンダー、製品、サービスも支持しておらず、最高評価またはその他の指定のベンダーのみを選択するようにテクノロジー ユーザーに勧めているわけでもありません。Gartnerの研究発表は、Gartnerの研究組織の見解によって記述されたものであり、事実の報告として解釈するべきものではありません。Gartnerは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。

      3 Dell EMC提供によるIDC InfoBrief『リースvs買い取り ストレージの導入形態を考察する』(2019年3月)に基づきます。レポートの全文:https://www.dellemc.com/ja-jp/collaterals/unauth/briefs-handouts/products/storage/dell_emc_lease_vs_buy_storage_infobrief.pdf 

      4 IDCによる『WW Quarterly Enterprise Storage Systems Tracker, 2020 Q1 Historical Release』(2020年6月9日)。ベンダー売上別ランキング。

      * 2017~2019年はDell EMCとして、2005~2016年はEMCとして、2004年はLegatoとして、2003年はLegato SystemsおよびEMCとして、2001年はLegato NetWorkerおよびEMC Data Manager(EDM)として、1999~2000年はLegatoおよびEMCとして、それぞれ選出されました。