• USEK builds cultural data lake to preserve heritage

      Cultural archives find secure home in university library’s data lake thanks to digitization project powered by EMC 


    • Customer

      Holy Spirit University of Kaslik (USEK)

    • Industry

      Education

    • Offerings

      EMC Isilon, EMC XtremIO, EMC VNX5200, EMC RecoverPoint, EMC ViPR SRM, EMC Data Domain, EMC NetWorker, EMC Professional Services

    • Key Challenges

      Preserving cultural heritage through digitization

      Minimizing storage sprawl

      Enabling future projects with scalable infrastructure

    • Outcomes

      Staff access files in seconds

      Library ensures unique documents are secure

      University significantly reduces storage footprint

  • USEK、文化財データ レイクを構築して遺産を保存

    EMCの協賛よるデジタル化プロジェクトにより、文化アーカイブを大学図書館のデータ レイクに安全に保管 


  • お客様

    USEK(Holy Spirit University of Kaslik)

  • 業界

    教育

  • 製品

    EMC Isilon、EMC XtremIO、EMC VNX5200、EMC RecoverPoint、EMC ViPR SRM、EMC Data Domain、EMC NetWorker、EMCプロフェッショナル サービス

  • 主な課題

    デジタル化による文化遺産の保存

    ストレージの無秩序な増加を最小限に抑制

    将来のプロジェクトのための拡張性の高いインフラストラクチャ

  • 成果

    スタッフが秒単位でファイルにアクセス

    図書館が貴重なドキュメントの安全性を確保

    大学がストレージ占有領域を大幅に削減

    •  
  • Our Approach

    EMC Heritage Trust enables digital vision

    With the challenge of digitizing, storing, and protecting its existing 100 terabytes of archive data, USEK started evaluating its options. “Everyone we talked to agreed EMC was the best,” says Ziad Eid, IT Director at USEK. His colleague Randa Al Chidiac, Executive Director of the USEK library, continues: “It was clear from the beginning that EMC was interested in what we do. It suggested we join the EMC Heritage Trust project. At the time, we couldn’t believe a commercial organization would offer such an initiative.”

    The EMC Heritage Trust provides grants to local institutions striving to preserve artifacts under their care. Funding delivered through the initiative enabled USEK to store its digitized collection using EMC Isilon technology, migrating data from servers across the university as well as thousands of external hard disks.

    “EMC really wanted to understand our storage challenges,” says Al Chidiac. “The team made several visits to the library and saw how we worked. Its approach struck a chord with us. It wasn’t just a sales pitch for a product: it passed on the message to all of us that EMC was genuinely interested in helping us preserve the heritage of Lebanon.”

    Isilon technology will ensure that the library can accommodate expected growth of around 300 terabytes of data over the next five years. Working closely with EMC, USEK has also embarked on other projects, including building a robust disaster recovery system and delivering the benefits of a virtual desktop infrastructure to students. And, in addition to offering digitization services to other institutions in the region, USEK hopes to make its unique and rare collections available worldwide, and eventually publish materials online to provide a revenue stream for the university. This will help it continue its mission of securing the cultural heritage of Lebanon.

    •  
    • “We heard about how the Vatican Library chose EMC to support it in digitizing its entire catalogue of historic manuscripts. We thought that if the Vatican felt safe in EMC’s hands, then we would feel safe too. We are 100 percent confident that EMC understands the importance of the cultural heritage in this region that it’s our mission to preserve.”

      Randa Al Chidiac, Executive Director, Holy Spirit University of Kaslik (USEK) Library

    •  
    • “Before, we had islands of storage. Data was scattered across the organization and often difficult to access, plus we didn’t have robust backup processes. Since migrating to EMC, I’ve heard a lot of great comments from end users—students, employees, staff. Everybody’s happy.”

      Ziad Eid, IT Director, Holy Spirit University of Kaslik (USEK)

  • Outcomes

    Rare documents are stored safely

    Security of its archives was always a major concern for USEK. “Now, we know exactly where our material is located and we know who has access to it. With our EMC storage infrastructure, we’re confident that all our collections are safe and securely accessible,” says Al Chidiac.

    Huge capacity enables future projects

    The transformation USEK is seeing is only the start of its journey. Al Chidiac says, “We’re working with other institutions to digitize their archives, and soon we’ll start adding audiovisual and 3D data. With our EMC infrastructure, we have the capacity to accommodate all the things we want to do.”  

    Simple to manage, easy to access

    Information is now quicker to store, easier to locate, and faster to retrieve. Working with physical hard drives and servers spread across the university, it could take as long as half a day to access a specific file. “Now, we can do it in one click,” says Al Chidiac.

課題

国家にふさわしいアーキテクチャ

レバノン最古の大学であるUSEK(Holy Spirit University of Kaslik)では、2004年以来デジタル保存をミッションにしてきました。その中心となっているのは、大学の図書館が運営するCenter for Reprography and Digitizationです。レバノンが経験してきた社会的政治的大変動を考えると、このセンターはレバノンの遺産をデジタル フォーマットで保存するという重要な作業において、中心的な役割を果たしているのです。そのコレクションには、詩人Gibran Khalil Gibranの作品のアーカイブもあり、何千ものドキュメントを含むアーカイブのハイライトの1つにもなっています。

USEKでは、デジタル化したコレクションを格納し、アーカイブ データを統合した上で、研究者がファイルに安全かつ電子的にアクセスできるようにして、研究に役立てたいと考えています。それには、管理が容易な拡張性に優れたインフラストラクチャが必要なのです。

  •  

EMCのアプローチ

EMC Heritage Trustが実現するデジタル ビジョン

既存の100テラバイトにおよぶアーカイブ データのデジタル化、保存、保護という課題に挑戦するに当たって、USEKは選択肢の評価から開始しました。「相談した誰もが、EMCが最適だと言いました」と、USEKのITディレクターであるZiad Eid氏は述べます。同僚であり、USEK図書館の担当エグゼクティブ ディレクターのRanda Al Chidiac氏も、こう述べます。「EMCが私たちのプロジェクトに関心があることは、最初から明らかでした。EMC Heritage Trustプロジェクトへの参加を勧められました。営利企業がこのようなイニシアティブを提供しているとは、最初は信じられませんでした」。

EMC Heritage Trustプロジェクトでは、保護している工芸品の保存に尽力している地域団体に助成金を提供しています。イニシアティブによる財政支援のおかげで、USEKはデジタル化したコレクションをEMC Isilonテクノロジーを使用して保存し、大学中のサーバと何千という外部ハード ディスクからデータを移行することができました。

「EMCは私たちのストレージの課題を本当に理解しようとしてくれしました」と、Al Chidiac氏は述べます。「図書館に担当部門が何度か来館して、状況を見てくれました。その様子にグッと来ました。単に製品を売るためのセールス トークだけではありませんでした。レバノンの遺産保存という私たちの仕事を手伝おうというEMCの真摯なメッセージが伝わってきました」。

Isilonテクノロジーにより、図書館は今後5年間で約300テラバイトにまで増加する見込みのデータを保管することができます。USEKは、EMCとの緊密な連携により、堅牢なディザスタリカバリ システムの構築や学生への仮想デスクトップ インフラストラクチャのメリットの提供など、その他のプロジェクトにも着手してきました。この地域の他の組織に対するデジタル化サービスの提供に加えて、USEKはそのユニークで珍しいコレクションを世界中から使用できるようにし、最終的には資料をオンライン公開して大学の収益源にしたいと考えています。それは、レバノンの文化遺産を保護するというミッションの継続にも役立ちます。

「バチカン図書館が歴史的な写本の全カタログをデジタル化するにあたり、そのサポートにEMCを選択した経緯を耳にしました。バチカンが安心して任せられると思ったほどですから、私たちもEMCに安心して任せられると考えました。私たちが保存を計画しているこの地域の文化遺産の重要性を、EMCが理解してくれていることに疑いの余地はありません」。

USEK(Holy Spirit University of Kaslik)図書館、エグゼクティブ ディレクター、Randa Al Chidiac氏
Twitterでつぶやく

「以前は、ストレージが孤立化していました。組織ごとにデータが分散しており、アクセスが困難なこともありました。堅牢なバックアップ プロセスもありませんでした。EMCへの移行後、学生、従業員、スタッフなどエンド ユーザーの多くから、素晴しいというコメントが数多く寄せられています。誰もが満足しています」

USEK(Holy Spirit University of Kaslik)、ITディレクター、Ziad Eid氏
Twitterでつぶやく

成果

貴重なドキュメントを安全に保管

USEKにとって、アーカイブのセキュリティが常に大きな懸念事項でした。「今では、資料がどこに存在しているかも、誰がアクセスしたかも明白です。EMCストレージ インフラストラクチャがあれば、すべてのコレクションが保存され、安全なアクセスも可能です」と、Al Chidiac氏は述べています。

将来のプロジェクトのための大規模容量

USEKが経験している変革は、まだ始まったばかりです。「他の機関と協力して、そちらのアーカイブのデジタル化にも取り組んでおり、まもなくオーディオビジュアル データと3Dデータの追加も開始します。EMCのインフラストラクチャのおかげで、必要なものを全部保管できるだけの容量があります」と、Al Chidiac氏は述べています。  

シンプルな管理と容易なアクセス

今や情報の迅速な保存、容易な検索、高速な読み出しが可能です。大学全体に分散した物理ハード ディスク ドライブとサーバを使っていたころは、特定のファイルにアクセスするために半日近くかかることもありました。「今はクリック1回で可能です」と、Al Chidiac氏は述べています。