• Chitale Dairy X Dell Technologies

    牛からクラウドへ、農場から冷蔵庫へ。

    • 会社:Chitale Dairy
    • 業種:農業および畜産
    • 本社:インド、ビワディ

    インド最大の乳製品企業は、テクノロジーを活用して、酪農家が乳牛の健康管理と生産性を向上できるようにしており、これによって新たな経済機会が生み出され、コミュニティーの変革に貢献しています。


    クラウドがインドの酪農家にもたらす大きな力

    インドのビワディ周辺の酪農業は、地域特有の問題に直面しています。地元の小規模生産者から集荷し、製品を無事に運べる保証はありませんので、牛乳の生産量が落ちてしまうことがあります。Chitale Dairyは毎年、直営の酪農場や周辺農家が生産した約6000万リットル(1600万ガロン)の牛乳を販売しています。

    IoTセンサーを利用した乳牛の習慣および健康状態の監視から、高速かつ高可用性のネットワークを活用した牛乳生産の自動化と改善に至るまで、Chitaleはインドの乳製品業界のトップを走っています。農家、企業、コミュニティー、関係者すべてにとって良い状況が生まれています。そう、牛にとってさえも。


    牛も幸福、農家も幸福。

    ライフサイクル管理はクラウドに移行しています。Chitale Dairyにとって、デジタル トランスフォーメーションは、酪農家が最も大切な家畜の健康を向上させるとともに、10倍の生産量を実現するのに役立っています。これには、Big Data分析、農家のTo-Doリストの自動化、コンピューターによる飼育管理が活用されています。この種のトランスフォーメーションは、ほんの1世代前にはほぼ不可能なことでしたが、これにより、酪農家のチャンスを広げるのに役立つテクノロジーのクリエイティブで革新的な利用が可能になりました。牛の行動をリアル タイムにモニタリング、対応、および予測できることで、Chitale Dairyがどのように大きな成果をあげているか、舞台裏を見てみましょう。

    「VMwareをテクノロジーとして導入して以来、本当に助かっています。この拡張性がなければ、私たちが今日まで成し遂げてきたことは不可能だったでしょう。手動プロセスからコンピューターによるプロセスに変えることで、私たちは、コンピューターを使用して牛を全面的に管理できるようになっています」

    CEO/CTO、Vishwas Chitale氏


    最新の酪農、環境に優しいコミュニティー。

    Chitale Dairyは、50,000人の酪農家と200,000頭の乳牛をサポートする、酪農生産クラウド仮想化を推進しています。このマイクロ ドキュメンタリーでは、動物たちを健康に育てることがどれだけインドの健康に貢献しているか、そしてVMwareがこのトランスフォーメーションの推進にどれだけ役立っているかをご紹介します。Chitale Dairyの仮想化およびクラウド テクノロジーの革新的な使い方をのぞいてみましょう。そして、インド最大の乳製品供給者が、コミュニティーと全国の酪農家にとっての新たなチャンスをどのように生み出しているのかを見てみましょう。Chitaleの動物の健康と拡張性のある生産性への集中的な取り組みは、地域経済を活性化させ、高品質な乳製品を生み出しています。

  • 他のお客様の事例を見る
    •  

      サーバにより進化したエンターテイメント

      楽しさがあっという間にストレスに変わってしまうゲームを、どうしたらもっと楽しいものにできるでしょうか? Topgolfでは、スマート ゴルフ ボールとDell EMCサーバを利用して、誰もが楽しめるエンターテイメントを作り出しています。

    •  

      Big Dataを医療に活用

      マサチューセッツの、業界をリードするこの医療機関では、データ レイクを活用して医学研究を推進しています。