• はじめてのお客様

    • はじめてのお客様: EMCへようこそ

      スタートアップ チェックリスト

      次の簡単なステップを完了すると、Dell EMC環境を適切に管理するために必要なツールやリソースをご利用になれます。

      ステップ1—オンライン サポートに登録する

      Dell EMCオンライン サポートは、MyService360TMやモダン サポート エクスペリエンスへのゲートウェイとして、お客様が技術的な問題やEMC従来製品に関連した問題を迅速かつプロアクティブに解決できるように、高度なオンライン サービス ツールと機能へのアクセスを提供します。オンライン サポートはグローバル テクニカル サポート プロフェッショナルへのアクセスに加え、専門知識や情報の宝庫であるリポジトリへの24時間365日のオンライン アクセスも提供します。リソースには、製品固有の情報、ソフトウェア ライセンスのアクティベーション、サービス リクエストの作成および管理、セルフ ヘルプ ツール、ダウンロード、ライブ チャットによるテクニカル サポートなどがあります。

      登録の完了後、当社のモバイル アプリケーションをダウンロードすると、外出先でもサポートが受けられるようになります。

      ステップ2—オンライン サポート エクスペリエンスをカスタマイズする

      アカウント設定と環境設定を構成することで、Dell EMCオンライン サポート エクスペリエンスがさらに強化されます。製品更新通知をサブスクライブして、環境を最新の状態に維持し、重要な問題を通知するアドバイザリ アラートを受信することで、潜在的なインパクトを回避します。また、製品名を指定して、カスタム製品とサイト グループを定義し、製品の登録とライセンス管理、サービス リクエストの作成と管理、サイト管理などのタスクを合理化します。

      ステップ3—セキュア リモート サービスに接続する

      MyService360を最適な環境で利用するには、セキュア リモート サービス(ESRS v3)経由で接続します。これにより、データをリアルタイムに操作できるようになります。ESRS v3は、お客様の従来のEMC製品/ソリューションとDell EMCサポート間を双方向でリモート接続し、24時間365日リモートでの監視および修復を可能にします。ESRS v3は、プロアクティブで安全性が高く、またバーチャルでシンプルな無料サービスです。ESRS v3に接続し、プロアクティブ サービスの利用を開始するには、Dell EMCオンライン サポート内のESRS v3製品ページにアクセスし、ESRS v3をダウンロードして、ご使用の環境内にインストールして構成します。ご質問がある場合は、ESRSサポート コミュニティ フォーラムにアクセスするか、サービス リクエストを開くか、または担当のサービス マネージャにお問い合わせください。

      ステップ4—Dell EMCコミュニティ ネットワークに登録する

      対話型のサポート コミュニティを利用して、他のEMCユーザーやエキスパートと交流することができます。「Connect with Support」コミュニティをフォローしてください。お客様の成功の促進に重点を置いたサポートのリソースと機能の最新情報をいつでもチェックできます。

      ステップ5—サポートを理解する

      Dell EMCは、サポートの選択肢(ProSupport Plus、ProSupport、およびベーシック)を提供しています。お客様がお選びになったサポート サービスを理解することで、利用可能な機能を最大限に活用できるようになります。

    • 保守サービス エリア

      EMCサービスエリアは、設置場所のある地区におけるEMCのサービス拠点から半径100キロメートル以内の地域となります。EMCのサービス拠点とはEMCジャパン本社、支社及び支店の所在地を指します。

      EMCが、別途明示的に同意した場合を除き、EMCサービスエリア外において、プレミアム サポート、4時間のミッション クリティカルなオンサイト対応は提供されません。プレミアム サポート、4時間のミッション クリティカルなオンサイト対応以外のエンハンス、翌営業日オンサイト対応およびベーシック サポートは提供されます。

      ただし、EMCサービス エリア外であっても保守パーツの手配が可能であり、かつ、EMCの保守委託ベンダーによるサポート実施が可能な地域はプレミアム サポート、4時間のミッション クリティカルなオンサイト対応の対象エリアになります。

      EMCの保守委託ベンダーによるサポート エリアを除く、EMCによる100km サービス エリア市区町村の一覧は以下からアクセスしてください。

      エリア一覧へのリンク

      ご注意:

      · 対象市区町村が「エリア内」と表示されていても、山間、離島は対象外となります。

      · 広島支店エリアは、対象Dell EMC製品によりサービス内容に制限がありますので保守サービス担当または営業担当までお問合せください。

      EMCが別途明示的に同意した場合の保守提供条件はこちら

      EMCサービス エリア外におけるプレミアム サポート、4時間のミッション クリティカルなオンサイト対応のサービス レベル変更に関する条件書

    • << 保守サービス エリア

      EMCが別途明示的に同意した場合の保守提供条件

      EMCサービス エリア外でのプレミアム サポート、4時間のミッション クリティカルなオンサイト対応の提供をEMCが認めた場合の保守提供条件(サービス レベル目標の個別条件)は以下の通りです。

      Dell EMC装置のリモート機能による自動通報、またリモートサポートツールおよび・またはESRSによるDell EMCからのリモートアクセスが可能なことが必須です。

      ソフトウェアのアップグレード、ログ取得、調査等リモートで可能な作業に対してオンサイトをご要望される場合は 別途有償となります。

      特別な入館条件や事前登録が必要な場合は対応できない場合があります。

      障害によるパーツ交換が必要になった場合、翌営業日目標のパーツ手配になります。もしパーツ手配締切時間に手配が間に合わなかった場合は、翌翌営業日でのパーツ配送となります。ただし、重大度1の障害の場合、交換パーツが必要とDell EMCが判断してからベストエフォートでの対応となります。

      パーツ交換のオンサイト技術者は、項4.のパーツ手配と同じ対応時間目標となります。 なお、オンサイトは公共交通機関を利用した移動となります。

      交通事情や航空便の欠航等により、技術者のオンサイトやパーツ配送が遅れる場合があります。

      障害についての報告が必要となる場合、重大度1の障害時のみの対応となります。 また、パーツ交換作業後の 作業報告書を除き、お客様を訪問しての障害報告は別途有償となります。

      EMCジャパンWebサイトに掲載している保守約款(「保守約款」)で定める、必要な専門知識および能力を持った サポート担当者を配置して頂き、 Dell EMCサポートとの窓口担当者となって頂きます。

      その他、保守約款に定める内容に従います。

      補足:上記項1、2、6、8、9については通常のプレミアム サポート, 4時間のミッション クリティカルなオンサイト対応にも適用されます。

      EMCサービス エリア外におけるプレミアム サポート、4時間のミッション クリティカルなオンサイト対応のサービス レベル変更に関する条件書

    • << 製品の保証、保守、サービス内容(製品案内)

      【概要】

      「DellEMCパーツ保持サービス」

      【留意事項】

      · EMCの保守サービスでは、DellEMC製品に発生した不具合をEMCの交換品で保守対応した場合に交換されたパーツはEMCの所有物となりますので、同パーツは、お客様より返却して頂きます。

      · 重要情報の漏洩リスクを最小限にするためには、交換されたディスクもお客様の所有物とする「パーツ保持サービス」を保守サービスとセットでご契約ください。

      · なお、マイナンバーが含まれる電子データを取り扱うシステムでは「パーツ保持サービス」のご利用を推奨します。

      【参考関連情報】

      ディスクドライブ取扱に関しては「Media Sanitization of Data Storage Devices」を参照ください。

      Revision Number: 1.00の日本語翻訳を参考に掲載します。

    • << 製品の保証、保守、サービス内容(製品案内)

      保守付加価値サービス

      今まで個別有償サービスとしてご提供していました、保守サービス契約の対象外各種サービス、関連するサービス、また保守運用に掛かるサービス等お客様からのご要望に、よりスムーズに応えるために保守付加価値サービスとしてパッケージ サービスをご用意しました。保守付加価値サービスのご購入により、定期、不定期に発生するこれら作業の費用を事前に予算化することができます。

      保守付加価値サービスは、現在、EMCジャパンが保守サービスを提供している保証期間中のDell EMCシステムをご利用のお客様とEMCジャパンと保守サービス契約を締結されているお客様のみご購入が可能となっています。

      保守定例会サービス

      Dell EMC カスタマー サービス担当者による保守定例会を実施するサービスです。最大毎月1回の定例会サービスが年単位でご購入できます。

      <障害報告書作成サービス

      データ アクセス不可やデータ ロストのような重要なビジネス機能を実行できない深刻な問題ではない、例えば重大度2および3の障害時の、障害対応と履歴を要約した報告書の作成とメールによる提出を行うサービスです。

      障害オンサイト報告サービス

      データ アクセス不可やデータ ロストのような重要なビジネス機能を実行できない深刻な問題ではない、例えば重大度2および3の障害時の、障害対応と履歴を要約した報告書の作成とオンサイトでの説明を行うサービスです。

      業務確認立会サービス

      OEアップグレード作業対応に伴うお客様業務確認にDell EMCエンジニアが立会うサービスです

      OEリモート アップグレード サービス

      Dell EMCエンジニアがリモートでOEソフトウェアのアップグレード作業を行うサービスです。

      OEオンサイト アップグレード サービス

      Dell EMCエンジニアがオンサイトしてOEソフトウェアのアップグレード作業を行うサービスです。

      保守付加価値サービス カタログ