検索
  • Dell Technologies Cloudプラットフォーム

    業界最速のハイブリッド クラウドの導入1

    • VMware Cloud Foundation(VCF)SDDC Managerと完全に統合された初めてのハイパーコンバージド インフラストラクチャ システム

      Dell Technologies Cloudプラットフォーム(DTCP)は、VMware Cloud FoundationとVxRailの緊密な統合により、導入と管理が容易なターンキー エクスペリエンスを提供します。組織は、クラウド ネイティブ アプリケーションとレガシー アプリケーションの開発、テスト、実行を単一のプラットフォームで行うことができます。 


    • サブスクリプション型の価格設定により、迅速かつ簡単に導入可能

    • 仕組み

    プラットフォームの概要

    •  

      VMwareによってVMwareのために構築

      VxRailは、VMware Cloud Foundationとの緊密な統合を実現する唯一の共同開発によるHCIシステムであり、シンプルな導入と管理が可能です。自動化されたライフサイクル管理を提供するフル スタック統合により、既知の正常な状態から次の正常な状態に迅速かつ簡単に移すことができるため、ハイブリッド クラウド インフラストラクチャを常に最新の状態にすることができます。

      VMwareのワークロードとユース ケースは、お客様のニーズに最適なVxRailソリューションでサポートされます。統合ラック製品(ネットワーキング オプション)にアプライアンスを選択できるほか、サブスクリプション型の価格設定などの柔軟なコンサンプション サービスでは、ビジネスの目標や成長に合わせてコストを適切に調整できます。

    •  

      ハンズオン ラボ

      VMware Cloud Foundation on VxRailがクラウド対応データ センターでの運用を効率化する方法について簡単に説明します。

    •  

      テクニカル ライトボードのビデオ

      VMware SDDCとVMware Validated Design(VVD)for SDDCの概要、およびVxRailでの導入方法について説明します。

    DTCP CTO(受注仕様生産)

    • DTCP CTO(受注仕様生産)

      CTO(受注仕様生産)により、最大限の柔軟性と選択肢を提供します。VxRailには各種のコンピューティング、メモリー、ストレージ、ネットワーク、グラフィックス オプションが用意されており、幅広いアプリケーションやワークロードに対応できるため、導入をカスタマイズすることができます。

      ワークロードに最適化されたCAPEXソリューション、コンサンプション ベースのソリューション、as-a-Service型ソリューションのポートフォリオから選択でき、財務やテクノロジーに関する特定の目標を達成することができます。

    • 導入アーキテクチャの概要

      小規模な環境では、お客様はわずか4ノードから開始できる統合アーキテクチャを利用できます。このアーキテクチャでは、管理ドメインとユーザー ワークロード ドメインがともに共有管理ドメインで実行されます。

      大規模な環境では、お客様は、7ノード(専用の管理ドメインに4ノードと、最初の仮想インフラストラクチャ コンピューティング ワークロード ドメインに最小3ノード)から開始できる標準アーキテクチャの導入を選択できます。これは、お客様が専用のリソースとロール ベースのアクセス制御を利用して、さまざまなワークロード セットを分割したい場合に推奨されます。 

    • 名前 ユース ケース 仕様 容量
      Eシリーズ コスト パフォーマンスに優れたノード – 人工知能や機械学習を含む幅広いユース ケースを対象としたすべてNVMeオプションとGPU 
      • フォーム ファクター:1U1N
      • CPUコア数:4~56
      • RAM:64~3072 GB
      • ハイブリッド ストレージ:1.2~19.2 TB SAS
      • オール フラッシュ ストレージ:1.92~30.7 TB
      • SASまたは1.92~30.7 TBのSATA
      Gシリーズ 汎用 – 幅広いワークロードを対象とした、コンピューティング密度の高い2U/4ノード
      • フォーム ファクター:2U4N
      • CPUコア数:4~56
      • RAM:64~2048 GB
      • ハイブリッド ストレージ:1.2~12 TB SAS
      • オール フラッシュ ストレージ:1.92~19.2 TB
      • SASまたは1.92~19.2 TBのSATA
      Pシリーズ ハイ パフォーマンスに最適化 – 1/2/4ソケットで構成でき、データベースなどの高負荷ワークロードを対象とした、2U/1ノード プラットフォーム、すべてNVMeオプション付き
      • フォーム ファクター:2U1N
      • CPUコア数:4~112
      • RAM:64~3072 GB
      • ハイブリッド ストレージ:1.2~48 TB SAS
      • オール フラッシュ ストレージ:1.92~76.8 TB
      • SASまたは1.92~76.8 TBのSATA
      Sシリーズ 容量に最適化 – 仮想化されたMicrosoft SharePointやビッグ データなどの高負荷ワークロードを対象とした、ストレージ密度の高い2U/1ノード プラットフォーム
      • フォーム ファクター:2U1N
      • CPUコア数:4~56
      • RAM:64~3072 GB
      • ハイブリッド ストレージ:4~48 TB SAS
      • オール フラッシュ ストレージ:ハイブリッドのみ
      Vシリーズ VDIに最適化 - グラフィックスを多用するデスクトップ(ハイエンドの2D/3D視覚化)やワークロードを対象とした、GPUハードウェア搭載の2U/1ノード プラットフォーム
      • フォーム ファクター:2U1N
      • CPUコア数:8~56
      • RAM:128~3072 GB
      • ハイブリッド ストレージ:1.2~48 TB SAS
      • オール フラッシュ ストレージ:1.92~76.8 TB
      • SASまたは1.92~76.8 TBのSATA

    サブスクリプション型の価格設定のDTCP

    • サブスクリプション型の価格設定

      サブスクリプション型の価格設定では、導入のスピードとシンプルさを最大限に高めることができ、幅広いワークロードに対応する事前構成済みの6つのDTCPノード オプション(E560 VxRailノード)から選択できます。料金は、ノードあたり1日わずか$702です。

      すべてのオプションが1年間または3年間のサブスクリプション期間を通して提供されます。サブスクリプションには、ハードウェア、ソフトウェア、サービス(サポート、導入、アセット リカバリー)のコンポーネントがすべて含まれ、ノード単位で月額料金が発生します。購入後、お客様が選択したノード構成の事前構成済みおよびテスト済みのラックがサイトに配送され、設置されます。

    • 導入アーキテクチャの概要

      小規模な環境では、お客様はわずか4ノードから開始できる統合アーキテクチャを利用できます。このアーキテクチャでは、管理ドメインとユーザー ワークロード ドメインがともに共有管理ドメインで実行されます。

      大規模な環境では、お客様は、7ノード(専用の管理ドメインに4ノードと、最初の仮想インフラストラクチャ コンピューティング ワークロード ドメインに最小3ノード)から開始できる標準アーキテクチャの導入を選択できます。これは、お客様が専用のリソースとロール ベースのアクセス制御を利用して、さまざまなワークロード セットを分割したい場合に推奨されます。 

    • ノード ストレージとメモリー

    •  
    • 名前 ワークロード 仕様 容量
      1G1s.small 汎用ワークロード向けのローエンド ノード
      • ハードウェア プラットフォーム:VxRail E560F
      • CPUタイプ:インテル6212U(24C、2.4 GHz)x 1
      • CPUあたりのコア数:24
      • ノードあたりのコア数:24
      • ノードあたりのvCPU数:48
      • RAM:256 GB
      • ノードあたりのRAM:vCPU:5.33
      • 800 GB MU SAS SSD
      • NIC:25 GBポート x 4
      • ハイブリッド ストレージ:なし
      • オール フラッシュ ストレージ:11.52(3 x 3.84)TB RI SATA SSD
      1M1s.small 管理ドメインおよび汎用ワークロード向け
      • ハードウェア プラットフォーム:VxRail E560F
      • CPUタイプ:インテル6248R(24C、3.0 GHz)x 1
      • CPUあたりのコア数:24
      • ノードあたりのコア数:24
      • ノードあたりのvCPU数:48 
      • RAM:576 GB
      • ノードあたりのRAM:vCPU:12
      • キャッシュ ドライブ:800 GB MU SAS SSD
      • NIC:25 GBポート x 4
      • ハイブリッド ストレージ:なし
      • オール フラッシュ ストレージ:15.36(4 x 3.84)TB RI SATA SSD
       1M1s.large 追加のストレージを必要とするワークロード(仮想化されたMicrosoft SharePointやビッグ データなど)向け
      • ハードウェア プラットフォーム:VxRail E560F
      • CPUタイプ:インテル5220R(24C、2.2 GHz)x 1
      • CPUあたりのコア数:24
      • ノードあたりのコア数:24
      • ノードあたりのvCPU数:48
      • RAM:576 GB
      • ノードあたりのRAM:vCPU:12
      • キャッシュ ドライブ:800 GB MU SAS SSD x 2
      • NIC:25 GBポート x 4
      • ハイブリッド ストレージ:なし
      • オール フラッシュ ストレージ:30.72(8 x 3.84)TB RI SATA SSD
      1M1d.medium データベースなどのハイ パフォーマンスを必要とする高負荷ワークロード向け
      • ハードウェア プラットフォーム:VxRail E560N
      • CPUタイプ:インテル6240R(24C、2.4 GHz)x 2
      • CPUあたりのコア数:24
      • ノードあたりのコア数:48(2 x 24)
      • ノードあたりのvCPU数:96
      • RAM:768 GB
      • ノードあたりのRAM:vCPU:8
      • キャッシュ ドライブ:1.6 TB MU NVMe x 2
      • NIC:25 GBポート x 4
      • ハイブリッド ストレージ:なし
      • オール フラッシュ ストレージ:23.04(6 x 3.84)TB RI DC NVMe
      1M1d.xlarge 追加のストレージを必要とするワークロード(仮想化されたMicrosoft SharePointやビッグ データなど)向け 
      • ハードウェア プラットフォーム:VxRail E560F
      • CPUタイプ:インテル5220R(24C、2.2 GHz)x 2
      • CPUあたりのコア数:24
      • ノードあたりのコア数:48(2 x 24)
      • ノードあたりのvCPU数:96
      • RAM:768 GB
      • ノードあたりのRAM:vCPU:8
      • キャッシュ ドライブ:1.6 TB MU NVMe x 2
      • NIC:25 GBポート x 4
      • ハイブリッド ストレージ:なし
      • オール フラッシュ ストレージ:61.44(8 x 7.68)TB RI SAS SSD 
      1X1d.xlarge 大容量のメモリー/ストレージを必要とするワークロード(AI/MLやHPCなど)向け
      • ハードウェア プラットフォーム:VxRail E560F
      • CPUタイプ:インテル5220R(24C、2.2 GHz)
      • CPUあたりのコア数:24
      • ノードあたりのコア数:48(2 x 24)
      • ノードあたりのvCPU数:96
      • RAM:1536 GB
      • ノードあたりのRAM:vCPU:16
      • キャッシュ ドライブ:1.6 TB MU NVMe x 2
      • NIC:25 GBポート x 4
      • ハイブリッド ストレージ:なし
      • オール フラッシュ ストレージ:61.44(8 x 7.68)TB RI SAS SS
    • クラウド ネイティブ

      本番稼働対応のKubernetesプラットフォーム

    • DTCPは現在、最新版のVMware Cloud Foundation(バージョン4.0)を搭載して出荷されています。このバージョンには、VMware Tanzu™ Kubernetes GridとvSphere 7の統合が含まれています。

      これにより、既存の仮想化環境でコンテナーとKubernetesに対するサポートが提供されます。開発者とオペレーターは、スタック全体での独自の統合に加え、管理と更新が容易なプラットフォームを通じて、モダン アプリケーションを迅速にサポートすることができます。

      • モダン アプリケーションの開発と展開用に標準化されたプラットフォームを導入できます
      • VMwareの管理者がKubernetesの管理者になることができ、クラウド ネイティブ スキルのギャップを解消することができます

    •  

      類似のパブリック クラウド ソリューションに比べてコストを47%削減3

      VCFとの緊密な統合によって共同設計された唯一のHCIシステムであるVxRailを使用することで、TCOを削減し、運用を効率化することができます。

    • ユース ケース

      DTCPでのVDIワークロードの実行

      VMware Horizon 7 on DTCPは、VDIワークロードを実行可能な真のハイブリッド クラウド プラットフォームです。VDIとアプリケーションの提供、保護、管理に対する合理的なアプローチにより、ユーザーは任意のデバイスでどこにいても仕事をすることができるようになりました。さらに、既存のスキルと専門知識を利用して、Horizon 7環境をパブリック パートナー クラウド(VMC on AWSなど)に拡張することもできます。

      • 1

        注文

        事前構成済みの3つのノードから選択し、構成アンケートに入力して注文します。

      • 2

        導入

        わずか14日で事前テスト済みのラックがオンサイトに配送され、設置されます。

      • 3

        サポート サービス

        一元化された窓口があらゆる問題に対応します。


    • 重要リソース

      Dell Technologies Cloudプラットフォームに関する詳細情報

    •  

      VCF on VxRailホワイト ペーパー

      VMware Cloud FoundationとVxRailの緊密な統合、およびVMware PKSインフラストラクチャとの関係について説明します。

    •  

      VCF on VxRailデータ シート

      VMware Cloud Foundation on VxRailの統合と運用に関する重要な詳細情報をご確認ください。

    •  

      VCF on VxRailソリューション概要

      VMware Cloud Foundation on VxRailを使用してシームレスなユーザー エクスペリエンスを実現する機能とメリット。

    •  

      Dell Technologies CloudのTCO分析

      関連する移行、管理、およびオーバーヘッドのコストを削減し、マルチクラウド運用時のTCOを大幅に削減しましょう。

    •  

      VCF on VxRailのインタラクティブ デモ

      デモでは、VMware Cloud Foundation on VxRailがクラウド対応データ センターでの運用を効率化する方法について簡単に説明します。

  • Dell Technologiesのアドバイザーがサポートします。

    • 1 DTCPのサブスクリプション型の価格設定で一部のノードに適用されます。詳細についてはセールス担当者にお問い合わせください。発注前にお客様のサイトの調査と構成ワークブックの作成を完了する必要があります。24ノードを超える注文、VMware NSX構成、vRealize(vRA、vRO)コンポーネント、その他の一部の機能を除きます。製品の提供状況、祝日、その他の要因によって、導入時間に影響が出る場合があります。米国のみ。

      2 期間:3年、最小初期構成(1M1s.small x 4 + 1G1s.sm x 3)、平均月次コスト:$2104(米ドル)に基づきます。DTCPのサブスクリプション型の価格設定は、構成に含まれるノードの数とタイプによって異なる場合があります。価格の詳細については、アカウント マネージャーにお問い合わせください。

      3 Dell EMC協賛のIDCホワイト ペーパー『Benefits of the Consistent Hybrid Cloud: A Total Cost of Ownership Analysis of the Dell Technologies Cloud』(2019年4月)。結果は、Dell Technologies Cloudで一般的なクラウド環境ワークロードを5年間にわたって導入した場合の米国でのコストに基づくものです(大手ネイティブ パブリック クラウド サービス プロバイダーとの比較)。実際の結果は状況によって異なります。

      Dell Technologies Cloudプラットフォームは全世界で利用できます。サブスクリプション型の価格設定のDell Technologies Cloudプラットフォーム(事前構成済みの6つのノード オプションを含む)は、現在、米国でのみ利用可能です。