• Dell Technologiesのパートナーになる理由

    パブリック、プライベート、ハイブリッド クラウド サービスに対する需要の高まりに対応

    •  

      強化

      • 調達と設置
      • 運用とモニタリング
      • 専用クラウドと共有クラウド
    •  

      拡張

      • 移行とリプラットフォーム
      • バックアップとデータ保護
      • データ センターの拡張とハイブリッド
    •  

      拡大

      • コンプライアンスとセキュリティ
      • クラウド戦略と管理
      • アプリケーションとソフトウェア
    • Dell Technologies Cloud向けの幅広い柔軟な支払いオプションをご覧ください

    • Dell Technologies On Demandにより、パートナーは、Dell Technologies Cloudソリューションの利用方法と提供方法に関して、豊富な選択肢を得て柔軟性と予測可能性を向上させることができます。

    • パートナーシップの強化

      Dell Technologiesパートナー プログラムの各種リソースをご利用ください。

    •  
       

      Dell Technologiesパートナー トレーニング

      エキスパートによるトレーニングと支援資料を利用することで、各種Dell Technologies Cloudソリューションのプロモーションと販売を行うためのあらゆる機会を最大限に活用できます。

    • マルチクラウド環境でマネージド サービスを提供するメリット

      お客様はマネージド サービス プロバイダーのサポートを通じて、複雑さを軽減し、クラウドのメリットを短期間で実現できます。その方法をご確認ください。

    • デマンド ジェネレーション センターで需要を喚起する

      今日のマルチクラウド環境の複雑さを解消する方法をお客様に説明するのに役立つリソースとツールをご利用ください。


    •  

      VMware Cloud DirectorTM on Dell Technologies Cloud Platform

      クラウド サービス プロバイダーにとって最も重要な機能を内蔵しているこのソリューションは、セルフサービス モデルで複数のお客様のクラウド インスタンスをホスティングする必要があるパートナーに最適です。

      • 導入に関する詳細なガイダンスとドキュメントにより、新しいサービスを迅速に市場に投入する
      • Day 0 + 2の自動化により、サービス レベルを向上させて管理をシンプルにする
      • CSP市場の知識を持つデル・テクノロジーズのスペシャリストを活用してビジネスの成功を促進する


    •  

      販売パートナー向けCloud Partner Connect

      デル・テクノロジーズが提供するパブリック、プライベート、ハイブリッド クラウド サービスに対する需要が高まっています。クラウド サービス プロバイダーとの間で収益性の高いビジネスを構築して、高まる需要に対応しましょう。

      • クラウド サービスとハイブリッドITを利用して製品ラインを拡大しつつ、アカウントの制御を維持する
      • クラウド サービス市場に参入する(設備投資は必要なく、XaaSに関する幅広い知識を身につける必要もない)
      • デル認定クラウド サービス プロバイダーのデリバリーに関する専門知識を活用する

    • Dell Technologies Cloudパートナーのさまざまなメリット

    •  

      Dell Technologiesのパートナーに申し込む

      パートナーになることのメリットをご確認ください。

    •  

      パートナー ポータルにログインすれば、さらに多くのリソースが利用可能

      Dell Technologiesパートナー プログラムで提供されているすべてのリソースにアクセスできます。

    •  

      既存のDell Technologiesのパートナーの場合:ポータルへのアクセスをリクエストしてください

      Dell Technologiesパートナー ポータルへアクセスすることが、ビジネス発展の近道です。

    •  

      パートナー サポート

      サポート サイトにアクセスすると、パートナー エクスペリエンス センターに問い合わせができます。