• Kubernetesに対応した環境への移行に最適なインフラストラクチャ

      企業は、イノベーションと開発者の生産性を通じて競争優位性を獲得するために、レガシー アプリケーションを管理しながら、コンテナーの導入と管理のためにKubernetesを採用しています。VMware Tanzu on VxRailは、お客様がKubernetesへの移行のどの段階にあるかに関係なく、ビジネス ニーズを満たす複数のインフラストラクチャ オプションを提供します。

    • Tanzu on VxRailを活用することで、クラウド ネイティブ戦略が容易に

      • Kubernetesインフラストラクチャの提供を迅速化することで、開発者の生産性をサポート
      • クラウド ネイティブなアプリケーションの開発にかかる時間を短縮
      • 標準のVxRailインフラストラクチャ上でTanzuを使用してvSphereを導入することによって、参入障壁を引き下げ 
      • Kubernetesの導入環境全体で一貫したインフラストラクチャ運用モデル
      • 完全統合型の自動化されたインフラストラクチャで、進化し続けるKubernetesテクノロジーを継続的に自信を持って予測可能な方法で活用


    • Tanzu on VxRail - クラウド スピードのKubernetes

    • VMware Tanzu on VxRailポートフォリオを活用することで、統合されたVxRailインフラストラクチャの導入、プロビジョニング、拡張が自動化され、開発者向けインフラストラクチャを迅速に提供し、Tanzuの採用を加速することができます。

    • お客様の運用モデルとKubernetesの専門技術レベルに合わせて最適なインフラストラクチャを選択してください。

    •  

      Dell Technologies Cloud Platform – VMware Cloud FoundationとTanzu on VxRail

       

      • ターンキー ハイブリッド クラウドの自動導入
      • 統合されたフル スタックのライフサイクル管理
      • SDNおよびビルトイン セキュリティ、Kubernetesに対応(NSX-T)
      • リモート クラスターのサポートによりDTCPをエッジまで拡張

       

      詳しくはこちら >

    •  

      vSphereとTanzu on VxRail

       
      • 標準のVxRailの迅速な導入
      • ネットワーキング アーキテクチャの柔軟性
      • 従来のアプリケーションとクラウド ネイティブ アプリケーションを同じインフラストラクチャでサポート
      • 既存の運用モデルの維持
      • vSphere HCI Meshのサポートによりクラスター間でストレージ リソースを共有

       

      詳しくはこちら >

    •  

      VxRail向けTanzuアーキテクチャ

       

      • リソースの自動割り当てに対応した開発者向けの環境
      • 特定用途向けに設計された、テストおよび検証済みのPaaS/CaaSプラットフォーム
      • 本質的なセキュリティ機能を備えた、高可用性リファレンス アーキテクチャ構成
      • Tanzu Application ServiceまたはTanzu Kubernetes Grid Integratedによる抽象化レイヤーの選択肢により、ソフトウェアのイノベーションを加速

       

       

      詳しくはこちら >

    • Pks on vxrail saves money with modernization of power grid

      注目事例

      電力企業の運用コストを325万ドル削減

      米国の上位電力企業は、投資の早期回収を進め、送電網をモダナイズするために、デル・テクノロジーズのクラウドネイティブ ソリューションを活用。運用コストを大幅に削減しています。

    • Kubernetes containers on vxrail and vmware

      注目のホワイトペーパー

      VxRailを使用して、従来のVMとクラウドネイティブなKubernetesコンテナー アプリケーションの両方を実行。

      Dell EMC VxRailとVMwareが可能にする、多様なソリューションを使用したコンテナーのホスティングと、それに伴う自動化のレベルと運用可視性の向上の手法について説明しています。