検索
    • クラウドのユース ケース

      より優れた結果を出すソリューション

      Dell Technologies Cloudでは、データ センターのモダナイズ、ハイブリッド クラウドの運用の統合、最新アプリケーションの構築、ニーズに応じたクラウドの拡張、クラウドへのワークロードの移行を支援しています。

    • データ センターのモダナイズ

      データ センターのモダナイズ

      ご使用のパブリック クラウドと同様のデータ センターの俊敏性とCAPEXの削減を実現します。CAPEXとOPEXを組み合わせ事業に適したコスト構造を可能にするとともに、クラウド運用モデルをあらゆるアプリケーションに適用します。

      • Cloud-as-a-Serviceの購入、レンタル、または使用により、TCOを削減できます。
      • VMware Cloud Foundationによるライフサイクル管理の自動化を通じて運用を合理化できます。
      • あらゆるクラウド(プライベート、パブリック、エッジ)を活用できるプラットフォームで、将来を見据えた運用を実現します。

    •  

      ハイブリッド クラウド運用の統合

      煩雑になることなく、プライベート クラウド、パブリック クラウド、エッジ環境のメリットを得られます。複数のクラウドにわたって一貫性のあるインフラストラクチャと運用モデルを活用することで、クラウドの複雑さを排除し、制御することができます。

      • 必要に応じて別のクラウドに移行し、ベンダーによるロックインを回避します。
      • クラウド全体での容易なデータ移植性によって、常にデータを管理できます。
      • 必要な容量だけ消費できるターンキー型のクラウド アクセスで拡張に備えます。

    •  

      モダン アプリケーションでイノベーションを加速

      Dell Technologies Cloudはエンタープライズ アプリケーションに次なる進化をもたらします。

      • 同じインフラストラクチャで従来のアプリケーションとクラウド ネイティブ アプリケーションの両方をサポートします。
      • VMware管理者がそのままKubernetesの管理者になり、クラウド ネイティブのスキルのギャップに対応できます。
      • パブリック クラウドとプライベート クラウドを併用できるように設計されています。

    •  

      ニーズに応じてクラウドを拡張

      ハイブリッド クラウドを活用して必要に応じて拡張し、コストのかかる中断を回避できます。複雑さやコストを増すことなく、環境をシームレスに拡張してリソースと耐久性を増強できます。

      • ディザスター リカバリーとバックアップのためのクラウド リソースを提供し、混乱と停止を最小限に抑えます。
      • 必要な容量だけ消費できるターンキー型のクラウド アクセスでData Center-as-a-Serviceを導入できます。
      • 既存の使い慣れたツールとスキルを活用できます。

    •  

      任意のクラウドへのワークロードの移行

      使い慣れたツールを使用してクラウドにワークロードを移行し、運用の中断を回避できます。コストのかかるプラットフォームの変更や時間のかかる移行サイクルを必要とせず、従来のインフラストラクチャからクラウド運用モデルに移行できます。

      • 大規模なプラットフォームの変更を必要としないため、クラウド移行コストを削減できます。
      • アプリケーションとワークロードの移植性により、アプリケーションの手直しを軽減します。
      • 既存のツールとスキルを活用してクラウドへの移行を加速させることができます。

    •  

      適切な環境でワークロードを実行

      最適なクラウドにアプリケーションを導入できる柔軟性を備えています。パブリック、プライベート、エッジにまたがる単一の運用パラダイムに基づき、ビジネス ニーズに応じてワークロードの配置場所を決定できます。

      • クラウド支出を最適化し、コストを削減します 
      • 信頼性の高い安全なインフラストラクチャを使用します
      • 柔軟なクラウド ソリューションによりイノベーションを維持します