検索
  •  

    最も要求度の高いワークロードに、優れたパフォーマンスで応えます。今も、そしてこれからも。

    Principled Technologiesが実施したサードパーティ テストにより、PowerEdge MXは、HPE SynergyとCisco UCSの両ソリューションと比較して、仮想マシンの移行がより高速1で、アップタイムが長く2、vSAN Ready Nodeのパフォーマンスが優れている3ことが示されました。

    インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサー‎
    • 1、2、5 Dell EMCの委託によるPrincipled Technologiesレポート『Dell EMC™ PowerEdge™ MXソリューションでVMの移行時間を短縮』(2018年8月)。ネットワーキング容量を、同じように構成された次の3種類の環境間でVMware vSphere vMotionを使用して比較しました。Scalable SmartFabric搭載のMX740cサーバーを使用したDell EMC PowerEdge MX700シャーシ、HPE Synergy 480c Gen 10サーバーを搭載したHPE Synergy 12000フレーム、B200 M5サーバーを搭載したCisco UCS 5108シャーシ。実際の結果は状況によって異なります。レポートの全文

      3、4 Dell EMCの委託によるPrincipled Technologiesレポート『Ensure Greater Uptime and Boost VMware vSAN Cluster Performance with the Dell EMC PowerEdge MX Platform』(2018年10月)。vSAN Ready Nodeのパフォーマンスを、vSAN All Flash 4 VMware認定構成により同じように構成された次の3種類の環境で比較しました。Scalable SmartFabric搭載の4台のMX740cサーバーを使用したDell EMC PowerEdge MX、4台のHPE Synergy 480c Gen 10サーバーを使用したHPE Synergy 12000 Frame、4台のB200 M5サーバーを使用したCisco UCS 5108シャーシ。実際の結果は状況によって異なります。レポートの全文

      6 Dell EMCの委託によるPrincipled Technologiesレポート『Save IT Admin Time with the Dell EMC PowerEdge MX Platform and OpenManage Enterprise』(2019年1月)。PowerEdge MX740cコンピューティング スレッドを搭載したDell EMC PowerEdge MX7000シャーシを、Cisco UCS B200 M4サーバーとM5サーバーを搭載したCisco UCS 5108シャーシと比較しています。 実際の結果は状況によって異なります。レポートの全文