検索
  • スケジュール設定されたサーバの更新によって時間とコストを削減する方法

    サーバを使い始めて3~5年経過しているなら、そろそろ更新する時期に来ています。

    調査会社IDCによると、インフラストラクチャを定期的な更新サイクルでアップグレードすることのメリットは、リスクをはるかに上回ります。実際、ITに変化がないことは、経済的な損失のリスク要因となります。1

    相対的なサーバ パフォーマンスは時間とともに低下するため、予期しないダウンタイム、新しいアプリケーションの実行時の障害、セキュリティの懸念事項、管理コストの上昇などを引き起こします。しかし、新世代のサーバでは、データ スピードの高速化を実現できます。さらに、最新のサーバを使うことにより、ITスタッフはメンテナンスに費やす貴重な時間を減らし、ビジネスを促進するイノベーションの開発により多くの時間をかけることができます。

    IDCはスケジュール設定されたアップグレードを推奨

    スケジュール設定されたアップグレードでは、他のプロジェクトと整合性が取れた十分な計画と予算が可能になります。財務計画を調整して、スケジュール設定された更新に合わせることができます。これにより、ハイ パフォーマンスを実現し、多額の予算を保証期間の更新や過剰なメンテナンスに費やすのを防げます。

    更新のタイミングを最適にするには、サーバのライフサイクルとワークロードを一致させるようにします。IT部門は通常、ミッション クリティカルなアプリケーションを3~4年の周期で更新します。しかし、一般的なアプリケーションを4~5年の周期でアップグレードすることによっても、ビジネス上の大きなメリットを得ることができます。最適なパフォーマンスを維持するために、サーバは同じ間隔で更新する必要があります。

    定期的なアップグレードのスケジュールを守ることにより、IT組織はアップタイムのSLAを遵守し、データ スピードを高速化し、運用コストを抑えることができます。

    IT組織は、周期的にインフラストラクチャをアップグレードすることで、毎年何百万ドルもの設備投資と運用コストを節約できます。

    IDC

    定期的なITアップグレードは収益を底上げする。

    IDC:適切なタイミングでサーバ インフラストラクチャをアップグレードしなかった組織は、ピーク パフォーマンスの最大39%を失う可能性があります。また、アプリケーション管理コストが最大40%、サーバ管理コストが148%増えることになります。