• サーバのアップグレード時期であることを示す5つの理由

    調査会社のIDCによれば、サーバ インフラストラクチャを定期的にアップグレードすることで、パフォーマンス、統合、管理の効率、信頼性が相対的に向上します。IT組織は資本や運用コストにおいて年間に数百万ドルを節約できます。1

    サーバのパフォーマンスは年々相対的に低下し、同時にコストは上昇

    平均すると、サーバのパフォーマンスは毎年14%低下します。5年目には、パフォーマンスは新品のときの40%にしかなりません。パフォーマンスの低下と故障率の増加により、予期しないダウンタイムは毎年20%増加します。また同時にメンテナンス コストも上昇し、古くなったシステムへの追加投資が必要になります。

    最新機能により資産管理機能が向上

    ビジネスが急速に拡大してくると、最新の管理ツールを活用する方が、ワークロードの追跡やパフォーマンス分析を適切に実行できます。アップグレードされたサーバには最新のファームウェアやパッチの更新が反映され、デバイスを安全に維持し、企業や政府が求める基準を遵守することができます。

    最適化されたシステムによりパフォーマンスが向上

    最新型のサーバによって機能が向上し、仮想マシンの密度が高まり、仮想マシンの規模も大きくなります。そのため、ハイエンドのビジネス アプリケーションを仮想環境に移行して実行することができます。より強力なシステムを活用し、またそのシステムの数を減らすことで、エネルギーや冷却のコスト、データセンターの必要面積、保守時間、ライセンス費用も削減することができます。

    予測診断によって信頼性が向上

    使用期間がサーバの最適な寿命を超えると機械部品やソフトウェアが古くなり、予期しないダウンタイムがしばしば発生します。新しいシステムには、非互換性の問題や障害の兆候を警告する予測機能が備わっています。自動通知機能やプロアクティブなサポート機能によって信頼性が向上し、アップタイムのSLA(Service Level Agreement)を満たすことができます。

    まもなく満了するサービス保証期間

    平均的なサーバのライフサイクルに従って、サービス契約は通常は3~5年後に満了となりますが、故障の頻度が高くなれば人件費も増加し、また交換用の部品は高価で見つけ出すのが難しくなります。総じて、多くの場合はレガシー システムのサービス契約を延長するよりも新しいサーバを購入する方が経済的です。